マイケル・フランクス / ランデヴー・イン・リオ

はてなブックマークに追加
マイケル・フランクス / ランデヴー・イン・リオ
CD
ミニ・レビュー
北米人のボサ・ノヴァ好きを自身の“作風”の域にまで高めてきたのがこの人。3年ぶりとなるこのアルバムでも、凡百のボサ企画とは一線を画した、繊細かつ精緻なプロダクションを聴かせている。自叙伝的とおぼしき(3)には、クール・ジャズへの傾倒ものぞく。
ガイドコメント
1976年に『アート・オブ・ティー』でメジャー・デビューをして以来、“キング・オブ・AOR”として人気を誇る彼の30周年を記念したアルバム。ソフト&メロウなサウンドと変ることのないナイーブな歌声を聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    5位 (2006/6/26)  ⇒  5位 (7/3)  ⇒  6位 (7/10)  ⇒  10位 (7/17)  ⇒  14位 (7/24)  ⇒  15位 (7/31)  ⇒  17位 (8/7)  ⇒  16位 (8/14)
収録曲
01UNDER THE SUN
02RENDEZVOUS IN RIO
03THE COOL SCHOOL
04SAMBA DO SOHO
05THE CRITICS ARE NEVER KIND
06SCATSVILLE
07THE CHEMISTRY OF LOVE
08HEARING "TAKE FIVE"
09THE QUESTION IS WHY
10SONGBIRDS
11ANTONIO'S SONG (ACOUSTIC)
(11)ボーナストラック
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • マイケル・フランクス
    1944年米国カリフォルニア州生まれ。デヴィッド・サンボーンやジョー・サンプルなど、フュージョン/ジャズ・アーティストと親交が深い。作品にジャズやボサ・ノヴァなどの要素を吸収しつつ、都会的でおしゃれなポップ感覚の歌と演奏を聴かせるシンガー・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015