マイケル・フランクス / ランデヴー・イン・リオ

はてなブックマークに追加
マイケル・フランクス / ランデヴー・イン・リオ
CD
ミニ・レビュー
北米人のボサ・ノヴァ好きを自身の“作風”の域にまで高めてきたのがこの人。3年ぶりとなるこのアルバムでも、凡百のボサ企画とは一線を画した、繊細かつ精緻なプロダクションを聴かせている。自叙伝的とおぼしき(3)には、クール・ジャズへの傾倒ものぞく。
ガイドコメント
1976年に『アート・オブ・ティー』でメジャー・デビューをして以来、“キング・オブ・AOR”として人気を誇る彼の30周年を記念したアルバム。ソフト&メロウなサウンドと変ることのないナイーブな歌声を聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    5位 (2006/6/26)  ⇒  5位 (7/3)  ⇒  6位 (7/10)  ⇒  10位 (7/17)  ⇒  14位 (7/24)  ⇒  15位 (7/31)  ⇒  17位 (8/7)  ⇒  16位 (8/14)
収録曲
01UNDER THE SUN
02RENDEZVOUS IN RIO
03THE COOL SCHOOL
04SAMBA DO SOHO
05THE CRITICS ARE NEVER KIND
06SCATSVILLE
07THE CHEMISTRY OF LOVE
08HEARING "TAKE FIVE"
09THE QUESTION IS WHY
10SONGBIRDS
11ANTONIO'S SONG (ACOUSTIC)
(11)ボーナストラック
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • マイケル・フランクス
    1944年米国カリフォルニア州生まれ。デヴィッド・サンボーンやジョー・サンプルなど、フュージョン/ジャズ・アーティストと親交が深い。作品にジャズやボサ・ノヴァなどの要素を吸収しつつ、都会的でおしゃれなポップ感覚の歌と演奏を聴かせるシンガー・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015