テデスキ・トラックス・バンド / レヴェレイター

はてなブックマークに追加
テデスキ・トラックス・バンド / レヴェレイター
CD
ミニ・レビュー
新世代を代表する名ギタリスト、デレク・トラックスと、妻でシンガー&ギタリストのスーザン・テデスキによる新バンドのデビュー作。これぞ21世紀のデラニー&ボニーと称したくなる、米南部のルーツ・ロックを鮮やかに蘇らせたテデスキのエモーショナルな歌声とトラックスの演奏は、聴くほどに滋味を増す。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    23位 (2011/6/6)  ⇒  30位 (6/13)  ⇒  37位 (6/27)  ⇒  7位 (2012/2/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    14位 (2011/6/6)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    5位 (2011/6/6)  ⇒  5位 (6/13)  ⇒  3位 (2012/2/6)
収録曲
01COME SEE ABOUT ME
02DON'T LET ME SLIDE
03MIDNIGHT IN HARLEM
04BOUND FOR GLORY
05SIMPLE THINGS
06UNTIL YOU REMEMBER
07BALL AND CHAIN
08THESE WALLS
09LEARN HOW TO LOVE
10SHRIMP AND GRITS
11LOVE HAS SOMETHING ELSE TO SAY
12SHELTER
13EASY WAY OUT
(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • テデスキ・トラックス・バンド
    米・フロリダ州ジャクソンヴィルを拠点とするブルース・ロック・グループ。デレク・トラックスとスーザン・テデスキの夫婦を中心に2010年に結成。以前はソウル・シチュー・リバイバルなどとして活動し、トラックスとテデスキ双方のバンドが休止となった2……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015