マニック・ストリート・プリーチャーズ / リワインド・ザ・フィルム

はてなブックマークに追加
マニック・ストリート・プリーチャーズ / リワインド・ザ・フィルム
CD
ミニ・レビュー
マニックス11枚目のアルバム。本作はエレキ・ギターがほとんどなし。ストリングスやホーン・セクションも含めたアコースティックなムードが全編を占めている。とはいえ、ケルティックなムードからソウルフルな曲調まで、楽曲の振り幅は広いし彼らならではの綺麗なメロディはやはり健在。
ガイドコメント
デビュー20周年(2012年)を経て、新たなフェーズへと突入したマニックスの2013年発表のアルバム。2枚分の制作を同時に行なったうちの1枚で、シネマティックなリード曲「リワインド・ザ・フィルム」をはじめ、内省的な仕上がりとなっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    27位 (2013/9/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    19位 (2013/9/23)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    13位 (2013/9/23)
収録曲
01THIS SULLEN WELSH HEART
02SHOW ME THE WONDER
03REWIND THE FILM
04BUILDER OF ROUTINES
054 LONELY ROADS
06(I MISS THE) TOKYO SKYLINE
07ANTHEM FOR A LOST CAUSE
08AS HOLY AS THE SOIL (THAT BURIES YOUR SKIN)
093 WAYS TO SEE DESPAIR
10RUNNING OUT OF FANTASY
11MANORBIER
1230-YEAR WAR
13DEATH OF A DIGITAL GHOST
(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マニック・ストリート・プリーチャーズ
    英・ウェールズ・ブラックウッド出身のロック・バンド。愛称は“マニックス”。メンバーはジェームス・ディーン・ブラッドフィールド(vo,g)、ニッキー・ワイアー(b,vo)、ショーン・ムーア(ds,tp)。1988年に結成、政治的、哲学的な詞世……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015