寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]

はてなブックマークに追加
寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]
CD
  • 原題:
    RHAOSODY IN BLUE
  • ジャンル:
    ジャズ&フュージョン
  • レーベル:
    ワン・ヴォイス
  • 規格品番:
    VACV-1035
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]をHMV.co.jpで購入する寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]を楽天ブックスで購入する寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]を山野楽器で購入する寺井尚子 / ラプソディ・イン・ブルー [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
5月にオープンする名古屋の新名所となる巨大ホテル“名古屋マリオット・アソシア・ホテル”のCM曲に寺井尚子が演奏する「ラプソディ・イン・ブルー」が決定。ゴージャスなサウンドが魅力。
トラックリスト
01RHAPSODY IN BLUE
02THINKING OF YOU
03出会い
04PURE MOMENT
演奏
寺井尚子(VN)(1)(4)奥山勝,(2)(3)野力奏一(P,SYN)(1)(4)池田達也,(2)(3)坂井紅介(B)(1)(4)藤井摂,(2)(3)日野元彦(DS)
  • 寺井尚子
    1967年生まれ、神奈川県出身のジャズ・ヴァイオリン奏者。4歳でヴァイオリンを始め、6歳でNHK教育テレビ(現・Eテレ)の『ヴァイオリンのおけいこ』に出演。88年にプロ・ミュージシャンとしての活動を開始。98年に初のリーダー作『シンキング・……
  • 野力奏一(NORIKI)
    1957年10月20日京都生まれ。1957年10月20日京都生まれ。ピアニスト。作編曲家。57年生まれ。74年京都ベラミ・オールスターズに参加。80年本多俊之(as)バーニング・ウェイブ、82年山下達郎ツアーに参加。83年初リーダー作『NO……
  • 坂井紅介
    1953年5月5日東京都生まれ。中央大学卒業。ジャズ・ベーシスト。73年、小宅珠実(fl)グループで活動を始め、山口真文(ts)、大友義雄(as)グループに参加。その後、日野皓正(tp)、佐藤允彦(p)、山下洋輔(p)、スピック&スパン、エ……
  • 日野元彦
    1946年1月3日東京生まれ。99年5月13日死去。原田寛治に師事、さまざまなバンドを経て、67年に兄・日野皓正のクインテットに参加。78年から3年間は米国で活動、ジョアン・ブラッキーン、ジョー・ヘンダーソンらのバンドで演奏した。70年代以……
  • 池田達也
  • 奥山勝
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』
[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る
[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』
[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015