湘南乃風 / Riders High

はてなブックマークに追加
湘南乃風 / Riders High
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RIDERS HIGH
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    134 RECORDINGS
  • 規格品番:
    TFCC-86204
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    湘南乃風 / Riders HighをAmazon.co.jpで購入する湘南乃風 / Riders Highを@TOWER.JPで購入する湘南乃風 / Riders HighをHMV.co.jpで購入する湘南乃風 / Riders Highを楽天ブックスで購入する湘南乃風 / Riders HighをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
人気の4人組MCユニット、湘南乃風の3rdアルバム。ロング・ヒットとなった5thシングル「純愛歌」をはじめ、不器用だけど直球なソウル・テイストあふれるレゲエ・ナンバーが聴ける。今回もジャケットは習字ロゴだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  10位 (9/4)  ⇒  25位 (9/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  13位 (9/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  6位 (9/4)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  5位 (9/4)  ⇒  10位 (9/11)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  8位 (9/4)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2006/8/28)  ⇒  3位 (9/4)  ⇒  9位 (9/11)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/8/28)  ⇒  5位 (9/4)  ⇒  6位 (9/11)  ⇒  15位 (9/18)  ⇒  13位 (9/25)  ⇒  15位 (10/9)
収録曲
01Intro
力強いシンセサイザーの音に、刀を抜く時の金属音などを効果的に盛り込んだ、アルバム『Riders High』のイントロダクション。前作から2年という月日の長さを忘れさせてくれるような、期待を煽るナンバーだ。
02Riders High
3rdアルバムのタイトル曲は、彼らの十八番であるラガ・フレイヴァーがたっぷりと感じられるダンスホール・チューン。力強いレゲエ・サウンドが、これでもかと波打つように迫っていく、躍動感にあふれている。
03OH YEAH
電子音を多用したアレンジが、弾けるようなサウンド・イメージを想起させる、ノリノリのレゲエ・ポップ・チューン。4人全員がMCを務めるという彼ら独特のスタイルがぴったりとハマっていて、その躍動感に自然と身体が動き出す。
04いつも誰かのせいにしてばっかりだった俺
冒頭で流れる波の音に消え入りそうな、かすかなヴォーカルが入ったかと思えば、一瞬の間を置いてゴキゲンなメロディが流れ出す、というノリの良いレゲエ・チューン。ただ前向きなだけではなく、ホロリとさせるリアルな歌詞に共感できる楽曲だ。
05純恋歌
タイトル通り、ど真ん中のラブ・ソング。男の真っ直ぐな気持ちそのままの歌詞と、あえて歌い上げずに感情をぶつけるヴォーカルが好印象。アコースティック楽器を多用したナチュラルな音作りも、感動をいっそう深いものに。
06サンクチュアリ
“ろくでなしたちのパラダイス”であるダンスホールへの熱い思いを、ゆったりとしたメロディに乗せて歌うレゲエ・チューン。“マジ変えてやるぜ ジャパレゲ行くぜ 世界へ”と、不器用ながらもストレートな詞に彼らの心意気を感じる。
07JUMP AROUND
4人のMCの魅力が全開した、ホットなダンス・チューン。全体的にはデジタルなサウンドだが、リリックや声に和のテイストがあり、アッパーな曲調と合わせて“祭り”を感じさせる。踊ってたっぷり汗をかきたい人にオススメ。
08晴れ波とSong
真夏の太陽が降り注ぐ一番暑い夏の海を思い出させるラウドなナンバー。“High High High ハイテンションで”の詞よろしくハイテンションな曲だが、“全力で遊べ 全力で働け 天国で笑うため”とさりげなくメッセージを込めているのが彼ららしい。
09Happy Today (feat.MINMI)
子供向けのマーチのような、遊び心がふんだんに盛り込まれたイントロが楽しい。ヴォーカルにフィーチャーしたMINMIのパートは親近感のあるメロディで、繰り返される“Happy today”のフレーズに幸せな気分になること請け合いのナンバーだ。
10犬の唄
孤独な現代の若者たちと都会の野良犬をダブらせ、その強さや美しさを称えるレゲエ・チューン。叫ぶようなヴォーカルが、格差社会といわれる時代に生きる我々の心の奥を直撃する。すべての人へ向けた最高の応援歌。
11ワンルーム
ゆったりとしたギター・サウンドが心地よく響くメロウ・チューン。“大きな男になれ”といった優しさあふれる歌詞に綴られるメッセージは、日本を代表する“ジャパレゲ・グループ”へとたどり着いた彼らだからこその説得力がある。
12カラス
麗しいヴァイオリンの音色で始まる、一風変わったレゲエ・ナンバー。同じ夢を持つ男同士の変わらない友情を綴った歌詞は、10代や20代の聴き手はもちろん、大人になった人たちの心にも響くに違いない。
13覇王樹
ホーンの音色に思わず身体も揺れる4thシングル曲。ちょっとふざけたような歌詞が持つリアリティと、繰り返される“どんなに 寂しくても”というサビに勇気づけられる、アッパーのヴァイブスが炸裂するサマー・チューン。
14See you again
アルバム『Riders High』のエンディング曲で、別れをテーマにしたレゲエ・チューン。柔らかいシンセの旋律に乗せたリズミカルなヴォーカルが、寂しさと同時に旅立ちを歓迎するポジティヴな歌詞に良く合っている。
アーティスト
  • 湘南乃風
    神奈川県湘南地域を拠点とするレゲエ・クルー。メンバーはRED RICE、若旦那、SHOCK EYE、HAN-KUNの4名。レーベル〈134 RECORDINGS〉を立ち上げ、ミックステープを携えた全国ツアーを経て、2003年にメジャー・デビ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015