Hawaiian6 / RINGS

はてなブックマークに追加
Hawaiian6 / RINGS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RINGS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    IKKI NOT DEAD
  • 規格品番:
    XQDB-1001
  • 価格:
    2,092 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Hawaiian6 / RINGSをAmazon.co.jpで購入するHawaiian6 / RINGSを@TOWER.JPで購入するHawaiian6 / RINGSをHMV.co.jpで購入するHawaiian6 / RINGSを楽天ブックスで購入するHawaiian6 / RINGSをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
10年間の走り続けてきたHawaiian6の歴史を結集したミニ・アルバム。年輪、結束、輪廻(=RING)という意味をこめて、初期の頃の雰囲気を持ったナンバーから現在進行形のナンバーまで全8曲を収録。哀愁美にあふれつつも疾走感あふれるナンバーが満載。
ガイドコメント
デビュー10周年となる2007年に発表のミニ・アルバム。ライヴで披露され人気を得ている「The Pride」や彼らの原点である“昭和歌謡”を連想させるナンバーが満喫できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2007/11/5)  ⇒  12位 (11/12)  ⇒  18位 (11/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/11/5)  ⇒  12位 (11/12)  ⇒  19位 (11/19)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/11/5)  ⇒  6位 (11/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2007/11/5)  ⇒  2位 (11/12)  ⇒  4位 (11/19)  ⇒  6位 (11/26)
収録曲
01The Betrayer
高速BPMの1stヴァースからハーフ・テンポの2ndヴァースへ。勢いを持続させたまま、すかさずサビで元のBPMへと展開する。ハードながらもクラシカルなコード・アルペジオのギター・ソロが意表をつく。アルバム『RINGS』のオープニングを飾るにふさわしいナンバー。
02Freedom Train
メロディック・パワー・メタルを思い起こさせるようなソロやブレイクのイントロから、すでに様式美なサウンド。突っ込み気味のリズム、メタリックなギターといったサウンドにメロディアスなメロディが見事に融合した、パワフルなナンバー。
03Shadows Of The Sun
パワー・コードをベースにしたシンプルながらハードなギターと、マイナーなメロディがリズム隊の超高速BPMに乗る、彼らの真骨頂ともいうべきナンバー。メロディをフェイクしたギター・ソロも、哀愁を誘う。
04Diamond
興味をそそるのは、高速16ビートが繰り出されるキメキメのイントロ。彼らのコンビネーション&スキルの高さを感じさせる演奏だ。メジャーでシンプルなメロディが、まるでパワー・ポップのような人当たりの良さを感じさせる。
05Seasons
3度のハーモニーで魅せるギター・ソロのイントロから、メロコアというよりメロディック・パワー・メタルのような哀愁を感じさせる。センスの良いマイナー調の泣きのメロディは、まさに日本人好みだ。
06The Morning Bell
フィル・インというには凄まじいドラムの迫力に注目。イントロからリスナーの心をわしづかみにする“泣き”のメロディが魅力のマイナー・チューン。ブリティッシュでもアメリカンでもない、歌謡曲のような哀愁漂うメロディだ。
07Star Falls On Our Hands Tonight
2ビートといってもいいほどのハイテンポで駆け抜ける、超高速BPMによる疾走感たっぷりのスピード・チューン。2ndヴァースでのハーフ・テンポへ落とし込む緩急のついたアレンジ・センスはさすがだ。ギター・ソロのバックでも、この手法は活かされている。
08The Pride
アルバム『RINGS』のなかでアルペジオをバックにした唯一のナンバーで、サビへ向かうにつれて高揚するメロディが魅力。歪みすぎて音と音が濁らないよう、ヴォリュームを落とし気味にしてアルペジオを美しく響かせる細やかな心遣いにも注目だ。
アーティスト
  • Hawaiian6
    日本のロック・バンド。メンバーは安野勇太(YUTA / vo,g)、畑野行広(HATANO / ds)、上村直史(GURE / b,cho)の3名。1997年8月に結成し、Hi-STANDARDのコピー・バンドとして始動。その後〈STEP ……
  • 同時発売作品
    HAWAIIAN6/10years [DVD]
    XQDB-2001   3,980円(税込)   2007/11/07 発売
    HAWAIIAN6/10years [DVD]をamazon.co.jpで購入するHAWAIIAN6/10years [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するHAWAIIAN6/10years [DVD]をHMV.co.jpで購入するHAWAIIAN6/10years [DVD]を楽天ブックスで購入するHAWAIIAN6/10years [DVD]をTSUTAYAで購入する
    3ピース・バンド、HAWAIIAN6の、結成から10年間の活動をたどった映像記録集。結成当初から2007年までのライヴ映像の中から、各会場1曲という形で全26曲をメンバー自らがセレクト。ファン垂涎のア……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015