プライマル・スクリーム / ライオット・シティ・ブルース

はてなブックマークに追加
プライマル・スクリーム / ライオット・シティ・ブルース
CD
ミニ・レビュー
4年ぶり8枚目のアルバムは、かつてのストーンズを思わせるルーツ音楽に根差したロックンロール作。94年の『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』に近いが、歌や演奏に漲る活力や情熱、自然な感じは本作のほうが遥かに上。全ロック・ファン必聴。
ガイドコメント
約4年ぶり、通算8作目のオリジナル・アルバム。エレクトロ・サウンドからさらに進化するかのように直球型ロックンロールへと変わり、アルバム『ギヴ・アウト・バット・ドント・キヴ・アップ』時代を彷彿とさせる仕上がりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  3位 (6/5)  ⇒  6位 (6/12)  ⇒  5位 (6/19)  ⇒  12位 (6/26)  ⇒  15位 (7/3)  ⇒  21位 (7/10)  ⇒  40位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  3位 (6/5)  ⇒  6位 (6/12)  ⇒  6位 (6/19)  ⇒  11位 (6/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  3位 (6/5)  ⇒  8位 (6/12)  ⇒  9位 (6/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  3位 (6/5)  ⇒  6位 (6/12)  ⇒  8位 (6/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  2位 (6/5)  ⇒  8位 (6/12)  ⇒  6位 (6/19)  ⇒  8位 (6/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2006/5/29)  ⇒  3位 (6/5)  ⇒  7位 (6/12)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/5/29)  ⇒  1位 (6/5)  ⇒  2位 (6/12)  ⇒  1位 (6/19)  ⇒  3位 (6/26)  ⇒  3位 (7/3)  ⇒  6位 (7/10)  ⇒  9位 (7/17)
収録曲
01COUNTRY GIRL
ヒルビリーとロックンロールをミックスした、まさに普遍的なスタイルに支えられたこの曲。ノスタルジックな雰囲気こそ漂うが、決して手垢にまみれていない、アルバム『ライオット・シティ・ブルース』のオープニングに相応しい極上チューン。
02NITTY GRITTY
ブリードだの、シュガーだの、かつてのローリング・ストーンズを思い起こさせるフレーズが飛び出すナンバー。ルーズにグルーヴするサウンドともども、思わずニヤリとしてしまう、ストーンズへのオマージュに満ちた1曲。
03SUICIDE SALLY & JOHNNY GUITAR
疾走感に満ちたパンキッシュなロックンロール・ナンバーで、間奏のギター・ソロが最高にゴキゲン。ブッ飛んだ歌詞も含め、セックス、ドラッグ&ロックンロールを体現したようなハイ・テンションなナンバー。
04WHEN THE BOMB DROPS
エコー&ザ・バニーメンのウィル・サージェントをゲスト・ギタリストに招いた曲。蛇がとぐろを巻くように妖しく絡みつくウィルのギターが聴き手の官能中枢を刺激して、否が応でも高揚させてくれる。
05LITTLE DEATH
60年代のサイケデリック・ロックを現代風に甦らせたプライマル流トリップ・チューン。エコー&ザ・バニーメンのギタリスト、ウィル・サージェントがツボを押さえた素晴らしいギター・ワークを披露している。
06THE 99TH FLOOR
肩肘を張らず、リラックスした風情で軽快にロックして、決めるところはビシッと決める。頭で考えるより先に肉体が反応するボディ・ミュージック、それがロックンロールなのだと再認識させるトラック。
07WE'RE GONNA BOOGIE
バック・トゥ・ベーシックな、シンプルかつ泥臭いブギ・ナンバー。60〜70年代をリアル・タイムで過ごした世代には懐かしさを、無機質な電子音に慣れている世代には新鮮さを与えるはず。
08DOLLS (SWEET ROCK AND ROLL)
ローリング・ストーンズとフー、さらにT・レックスを掛け合わせた感じのストレートなロックンロール・チューン。シンプルなリフを紡ぎつつ叩き出される活力にあふれたグルーヴが、陶酔感をもたらす。
09HELL'S COMIN' DOWN
ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズのヴァイオリニスト、ウォレン・エリスがフィドルで参加。爽やかなフィドルの音色とアーシーなリズムが一体となった、躍動感にあふれた晴れやかなカントリー・ロック。
10SOMETIMES I FEEL SO LONELY
宴の後に訪れる寂莫とした感覚を想起させずにはいられない、切なさとほろ苦さを湛えた美しすぎるスロー・ナンバー。「少年たちよ、罪は贖(あがな)われるであろう」という歌詞と女声コーラスが印象的な秀曲。
11STONE YA TO THE BONE
切れ味鋭いハーモニカをフィーチャーした、かつてのドクター・フィールグッドを彷彿とさせるシンプルなロックンロール・ナンバー。2分半強という時間に、ロックのダイナミズムが凝縮されている。
12TO LIVE IS TO FLY
厳かなピアノと飛翔するようなギターの音色が哀愁漂うメロディに深い陰影を描き出す、タウンズ・ヴァン・ザントのカヴァー。ストリングスも採り入れ、儚げな雰囲気に荘厳なスケール感を加味している。
(11)(12)ボーナストラック
封入特典
  • 本人直筆メッセージ・歌詞・対訳・ライナー
アーティスト
  • プライマル・スクリーム
    スコットランド・グラスゴー出身のロック・バンド。ボビー・ギレスピー(ジーザス&メリー・チェイン)を中心に1984年に結成。翌85年にデビュー。当初は60年代ロック作風を鳴らすも、91年の『スクリーマデリカ』でハウスを大胆に導入した新機軸のサ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015