ELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILL

はてなブックマークに追加
ELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILL
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RIOT ON THE GRILL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    dynamord
  • 規格品番:
    ZEDY-2012
  • 価格:
    2,640 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILLをAmazon.co.jpで購入するELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILLを@TOWER.JPで購入するELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILLをHMV.co.jpで購入するELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILLを楽天ブックスで購入するELLEGARDEN / RIOT ON THE GRILLをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ノリにノッているインディーズ界の雄、ELLEGARDENの4枚目のアルバム。音の波は彼らの“今”を表わすように、疾風のごとく頭からラストまで気持ち良く突き抜ける。豪快なキラー・チューン満載。旨みたっぷりのギター・ロックは万人に取っつきやすい美味。
ガイドコメント
2オリコン・インディーズ・チャート1位を獲得したヒット・シングル「Missing」を含む4thフル・アルバム。怒涛のライヴ・ツアーを経験し生み出された楽曲は、洗練されたクオリティが光るメロディックな仕上がり。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  2位 (4/25)  ⇒  4位 (5/2)  ⇒  7位 (5/9)  ⇒  13位 (5/16)  ⇒  23位 (5/23)  ⇒  29位 (5/29)  ⇒  21位 (2006/1/2)  ⇒  27位 (1/9)  ⇒  19位 (1/16)  ⇒  38位 (1/23)  ⇒  32位 (1/30)  ⇒  37位 (8/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  3位 (4/25)  ⇒  4位 (5/2)  ⇒  8位 (5/9)  ⇒  11位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  2位 (4/25)  ⇒  3位 (5/2)  ⇒  5位 (5/9)  ⇒  8位 (5/16)  ⇒  10位 (8/22)  ⇒  7位 (2006/1/16)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  1位 (4/25)  ⇒  2位 (5/2)  ⇒  5位 (5/9)  ⇒  7位 (5/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  4位 (4/25)  ⇒  5位 (5/2)  ⇒  10位 (5/9)  ⇒  9位 (2006/1/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2005/4/18)  ⇒  3位 (4/25)  ⇒  2位 (5/2)  ⇒  5位 (5/9)  ⇒  7位 (5/16)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2005/4/18)  ⇒  1位 (4/25)  ⇒  2位 (5/2)  ⇒  3位 (5/9)  ⇒  5位 (5/16)  ⇒  4位 (5/23)  ⇒  4位 (5/29)  ⇒  8位 (6/6)  ⇒  5位 (6/13)  ⇒  6位 (6/20)  ⇒  5位 (6/27)  ⇒  10位 (8/29)  ⇒  4位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/16)  ⇒  8位 (1/23)  ⇒  9位 (1/30)  ⇒  9位 (2/13)  ⇒  8位 (4/17)  ⇒  9位 (5/1)  ⇒  8位 (8/14)
収録曲
01Red Hot
コテコテのロックンロールなギター・リフとエンジン全開のドラムがせめぎあう、ロック好きには痛快極まりないナンバー。さほどロックにのめり込んでいない人たちも、耳を傾けさえすれば、ロック好きの言い分も解かるようなこのサウンドの波動を、存分に楽しめるはず。
02モンスター
疾走感という言葉がぴったりの爆音ロック・チューン。ドカドカとしたヘヴィなドラムが、一心不乱に駆け抜ける感情をそのまま表わしているようかのようだ。刹那的な人生の輝きを歌った曲は、初期衝動にも似たみずみずしい力強さにあふれている。
03Snake Fighting
ヘヴィなギター・リフとパンチの効いたドラムが強烈。叩きつけるようなサウンドは怒りにも似た凶暴性に満ちていて、どこまでも過激だ。自我を失わんとする強い意志の宣言を、“スネーク・ファイティング”になぞらえているのが滑稽。
04Marry Me
横恋慕に失敗した男のみじめなラブ・ソング。目の前で好きな女の子が結婚していくのを黙って諦めるフリをするさまが、たまらなく切ない。曲調は結婚式当日の青空のように晴れやかだが、かえってそれが、強がって振る舞った表現なのかと思うと、また切ない。
05Missing
Aメロのトリッキーなドラム・プレイが圧巻。サビで一気に感情移入できるのは、一つ一つの言葉を丁寧に歌う細美のヴォーカルがあればこそ。この力強い優しさにあふれた温かいミディアム・ナンバーは、心の底をさまよい沈み切った時に、前を向くきっかけをくれるはずだ。
06Bored Of Everything
ギター・リフをはじめとするサウンド・メイク、詞世界の舞台やテーマが“明快”という点では、洋楽のパンク・バンド好みにも充分受け容れられるナンバーだ。退屈な毎日から抜け出せない焦燥心を、コミカルに描写したリリックがおもしろい。
07TV Maniacs
直情的な怒りを表わす、セットを破壊しそうなハード・ドラミングが印象的な、爆走ロック・チューン。テレビの不可解さを“自分がしたいようにすればいい”というメッセージを内包させたロック・サウンドに昇華。強い自我が根を張る詞は、彼らのポリシーそのものだ。
08
歌が前面に出たシンプルなAメロを経た後に訪れるサビの爆発力が凄まじい。どん底に陥った時にふと見上げた空の虹。そこで宿ったかけがえのない心の変化をドラマティックな1シーンとして描いた、優しさあふれるナンバー。
09I Hate It
一心に想い続ける恋人と一緒にいられない時間が耐えられず、悶え苦しむ男。親しみや共感できる身近なテーマを、何気ないタッチで描いたリリックが出色のナンバー。感情の波を表現したような間奏でのギター・ソロが絶品。
10BBQ Riot Song
アルバム『RIOT ON THE GRILL』を鮮やかに締めくくる爆走ロック・チューン。仕事尽くめのサラリーマンがバーベキューで薪代わりに書類を燃やすという描写が、なんとも痛快。その後に海へ繰り出したくなるようなワクワク感に満ちている。
アーティスト
  • ELLEGARDEN
    日本のロック・バンド。メンバーは細美武士(vo)、生形真一(g)、高田雄一(b)、高橋宏貴(ds)の4名。1998年12月末に千葉県で結成。2001年にアルバム『ELLEGARDEN』で全国デビュー。以来、エネルギッシュなライヴパフォーマン……
  • 同時発売作品
    ELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]
    ZEDY-3004   3,520円(税込)   2005/04/20 発売
    ELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]をamazon.co.jpで購入するELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]をHMV.co.jpで購入するELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]を楽天ブックスで購入するELLEGARDEN/Bad For Education TOUR LAST BOOTLEG [DVD]をTSUTAYAで購入する
    ブートレグ・シリーズ第3弾となるライヴDVD。2004年11〜12月に全国15ヵ所で行なわれたワンマン・ライヴ・ツアーから、ファイナルとなった12月10日のSHIBUYA-AXでの圧巻のライヴを収録。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015