locofrank / ripple

はてなブックマークに追加
locofrank / ripple
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RIPPLE
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    リミテッドレコード
  • 規格品番:
    LTDC-066
  • 価格:
    2,409 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    locofrank / rippleをAmazon.co.jpで購入するlocofrank / rippleを@TOWER.JPで購入するlocofrank / rippleをHMV.co.jpで購入するlocofrank / rippleを楽天ブックスで購入するlocofrank / rippleをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
1998年に大阪で結成された3人組。本作はセールスが4万枚を突破したというミニ・アルバム『Starting AGE』(2003年10月)に続く初のフル・アルバム。ポップ感のあるメロディアスな疾走パンク・チューンが持ち味で、コード・ストロークで変化をつける。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/5/31)  ⇒  3位 (6/7)  ⇒  4位 (6/14)  ⇒  16位 (6/21)  ⇒  24位 (6/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2004/5/31)  ⇒  9位 (6/7)  ⇒  8位 (6/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2004/5/31)  ⇒  3位 (6/7)  ⇒  5位 (6/14)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/5/31)  ⇒  2位 (6/7)  ⇒  3位 (6/14)  ⇒  6位 (6/21)  ⇒  9位 (6/28)  ⇒  10位 (7/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2004/5/31)  ⇒  5位 (6/7)  ⇒  4位 (6/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2004/5/31)  ⇒  7位 (6/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2004/5/31)  ⇒  1位 (6/7)  ⇒  2位 (6/14)  ⇒  1位 (6/21)  ⇒  3位 (6/28)  ⇒  7位 (7/12)  ⇒  9位 (7/19)  ⇒  7位 (7/26)  ⇒  8位 (8/2)  ⇒  8位 (8/9)
収録曲
01voyage
ギア・チェンジするかのように変速しつつ、多彩なメロディを繰り出していくロック・チューン。凡庸なサウンドになりがちなロックで、しっかりとメロディ・メイカーとしての卓越した才能を見せつける手腕は見事。
02Prepare for life
メランコリックなイントロから雪崩れ込む、怒涛のメロコア・チューン。キラキラと輝くアルペジオから、ファズの効いたノイジーなサウンドまで、ギターが実にバラエティ豊かな音色を紡ぎだしている。
03BE FULL
のっけから飛ばしまくる疾走ナンバー。豪快なギター・フレーズの格好良さはもちろん、抜けの良いサビのメロディが引き起こすカタルシスはかなりのもの。拳を振り上げてシンガロングしたくなる、ストレートなメロコア・チューンだ。
04no title
スピード感のあるサウンドとエモーショナルなヴォーカルが絡み合い、強烈な吸引力を生み出している一曲。冒頭のメランコリックなフレーズが、陽気なサウンドのスパイス的な役割となって、曲全体をグッと引き締めているのも印象的だ。
05roots
locofrank最速ともいえるBPMで聴かせる、爆走パンク・ナンバー。直球なアプローチではあるが、キャッチーなメロディ・ラインが凝縮されており飽きさせない。ライヴでキッズが熱狂すること間違いなしのキラー・チューン。
06Time of patience
レゲエの要素を採り込んだハッピーなミドル・チューン。肩の力の抜けたサウンドとメロディが南国の風のように駆け抜けていき、身も心も軽くさせられる。いわゆるメロコアとは一線を画し、音楽性の幅を見せつけた一曲だ。
07Mountain range
若干メタル風味のギター・カッティングを基盤に聴かせるヘヴィなロック・チューン。ゴリゴリしたサウンドとは裏腹なハイトーン・ヴォーカルが壮快な開放感を演出し、気分を高揚させる。ヘヴィでアッパーな、パンクの醍醐味を味わえる一曲だ。
08It's OVER
激しさは内包しつつも洗練されたメロディ・ラインをクローズアップした「聴かせるメロコア」ナンバー。それでいて緩急のついた構成でしっかりロックのダイナミズムを見せてくれるところが、実に器用で上手い。
09The wind in February
スカ的なリズム・アプローチから直球なパンク・サウンドへ雪崩れ込む構成が、強大なカタルシスを生み出している一曲。最初からかっ飛んだパンク・チューンも良いが、やはりオーディエンスを熱狂させるのはこういう緩急のはっきりしたナンバーだ。
10A meaningful Answer
イントロのメロウなリズム・ギターのなかで煌くアルペジオの美しさも印象的だが、ミドル・テンポで聴かせるサウンドがlocofrankのメロディ・メイカーとしての才能を際立たせている。何度聴いても涙がこぼれ落ちる珠玉の名曲だ。
11No all others
西海岸メロコア・パンクを彷彿とさせる、陽気でアッパーなナンバー。エモーショナルすぎるヴォーカルのせいで、西海岸独特の能天気さに比べると、今一歩物足りない感はあるが、それを差し引いても余りある心地よさが味わえる。
12STORY
ストレートなメロコアと思いきや、アコースティック・ギターによるカントリー風味のフレーズや美しいコーラス・ラインなど、ところどころに光るアレンジが見える。シンガロングできるフレーズも盛り込まれており、ライヴで盛り上がるのは間違いない。
仕様
CDエクストラ
アーティスト
  • locofrank
    1998年に大阪で結成された3ピース・ロック・バンド。当初は“相撲茶屋”という名で活動していたが、2003年にlocofrankに改名。2003年に1stミニ・アルバム『Starting AGE』をリリース。2006年1月に念願であった自主……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015