デレク・トラックス・バンド / ロードソングス [2CD]

はてなブックマークに追加
デレク・トラックス・バンド / ロードソングス [2CD]
CD
ミニ・レビュー
2009年4月のシカゴ公演を収録した2枚組、全14曲収録のライヴ作。2009年のアルバム『オールレディ・フリー』の7曲ほか、デレク&ドミノスのカヴァーから名曲メドレーを挟んでエリック・クラプトンの「エニーデイ」で締め括る終盤3曲でのサザン・ロック節全開のエモーショナルなスライド+ギター・ソロは絶品。
ガイドコメント
ジョン・メイヤー、ジョン・フルシアンテとともに現代の三大ギタリストに数えられるデレク・トラックス率いるバンドのアルバム。1年のほとんどをツアーで過ごすという彼ららしく、2009年シカゴで行なわれた迫力のライヴを2枚組で収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    34位 (2010/6/21)  ⇒  32位 (6/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    9位 (2010/6/21)  ⇒  10位 (6/28)
収録曲
[Disc 1]
01I'LL FIND MY WAY
02DOWN IN THE FLOOD
03SAILING ON
04GET WHAT YOU DESERVE
05DAYS IS ALMOST GONE
06ALREADY FREE
07AFRO BLUE
[Disc 2]
01I KNOW
02DOWN DON'T BOTHER ME
03DON'T MISS ME
04RASTAMAN CHANT
05KEY TO THE HIGHWAY
06GET OUT MY LIFE WOMAN|WHO KNOWS
07ANYDAY
録音
2009.4
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デレク・トラックス・バンド
    米国のロック・ギタリスト。オールマン・ブラザーズ・バンドのドラマー、ブッチ・トラックスの甥であり、バンドにもメンバーとして在籍する。9歳でギターを手にし、10代前半からセッション活動を開始。1997年に自身の率いるデレック・トラックス・バン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015