アヴリル・ラヴィーン / ロックンロール

はてなブックマークに追加
CD
ロック・プリンセスの最高峰、アヴリルが放つ5枚目のアルバム『アヴリル・ラヴィーン』からのシングル曲。ハイ・トーンで伸びやかなヴォーカルはすでに王者の風格が。キャッチーでポップで、アヴリルのいいところがいっぱい。2013年のロックンロール・アンセム。
2011年のヒット作『グッバイ・ララバイ』以来約2年半ぶりとなる新作アルバムからのシングル第2弾。「ネヴァー・グローイング・アップ」に続く2ndシングルで、キャッチーでアグレッシヴな超ハイテンション・ポップ・ロックとなっている。
トラックリスト
01ROCK N ROLL
02ROCK N ROLL
封入特典
  • 歌詞・対訳
  • アヴリル・ラヴィーン
    1984年9月27日、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身の女性シンガー・ソングライター。2002年に『レット・ゴー』でアルバム・デビュー。「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などがヒットし、一躍“ロック・プリンセス”として絶大な人……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015