ブライアン・セッツァー / ロカビリー・ライオット:オール・オリジナル [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
ブライアン・セッツァー / ロカビリー・ライオット:オール・オリジナル [デジパック仕様]
CD
ミニ・レビュー
ブライアンの歌&ギターにベース、ドラム、ピアノというバンド・スタイルで、気心の知れた腕利きと真正面からロカビリーに取り組んだ快作。古き良き時代の香りを漂わせながらロックンロールの醍醐味を体現するとともに、“今”を生きる音楽としての可能性をも追求。含蓄も軽快に瑞々しく息づく。
ガイドコメント
ブライアン・セッツァーの約3年ぶり、歌もののオリジナルとしては『13』以来8年ぶりとなるアルバム。グラミーをともに手にしたピーター・コリンズを再びプロデューサーに迎え、ウッドベース含む4ピースで録音した完全無欠のロックンロール・アルバムだ。
チャート
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    12位 (2014/8/4)
収録曲
01LET'S SHAKE
02ROCKABILLY BLUES
03VINYL RECORDS
04LEMME SLIDE
05NOTHING IS A SURE THING
06WHAT'S HER NAME?
07CALAMITY JANE
08THE GIRL WITH THE BLUES IN HER EYES
09STILETTO COOL
10I SHOULD'A HAD A V8
11BLUE LIGHTS, BIG CITY
12COCK-A-DOODLE DON'T
13YOU DON'T LOVE ME
(13)ボーナストラック
仕様
デジパック仕様
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ブライアン・セッツァー
    1959年4月10日、米国ニューヨーク生まれ。80年にロカビリー・トリオ、ストレイ・キャッツを率いてデビュー。83年にアルバム『ビルト・フォー・スピード』が全米2位のヒットを記録し将来を期待されるが、84年に解散。86年にソロ・デビュー。ソ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015