MO'SOME TONEBENDER / Rockin' Luuula

はてなブックマークに追加
MO'SOME TONEBENDER / Rockin' Luuula
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ROCKIN' LUUULA
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トライアド
  • 規格品番:
    COCP-50879
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    MOMOMOMOMO
ミニ・レビュー
ギター一閃、雷鳴ドラム、鼓動のベース。ロック・バンドの理想を体現するハードで鋭角なサウンドに、冷たく研ぎ澄ました美しいメロディを掛け合わせたとてつもない作品だ。オルタナ以降のスピリットで原始的ロックを甦らせた、指針となるべき傑作。★
ガイドコメント
熱いステージ・パフォーマンスに定評のあるMO'SOME TONEBENDER。今作は、メンバーとは同郷でもある椎名林檎(東京事変)をゲストに迎えた最強フル・アルバム。今までとはひと味もふた味も違うモーサムが楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2005/12/4)  ⇒  33位 (12/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    11位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2005/12/4)  ⇒  13位 (12/12)
収録曲
01奇跡の歌
内からあふれ出る感情がストレートに歌われるミディアム・ロック・チューン。静寂の中に響きわたる、鋭くどこか切ないギターも印象的だ。爆発的な盛り上がりをみせる後半部を迎える頃には、知らぬ間にガッチリと心を掴まれている。
02ロッキンルーラ
鋭いギター・カッティングと叩きつけられる力強いビートが作り出すハイテンションなサウンドは、まさに「完全無欠」というフレーズがふさわしい。ピアノとコーラスで参加している椎名林檎も、彼ら独特の世界観にすんなりとはまっている。
03RED GUITAR C'mon
ステレオ全開で聴きたいドライヴ感抜群のロックンロール・ナンバー。暗闇をがむしゃらに疾走するような、暴力性を持った百々の台詞とも歌ともつかない歌声が、スリリングな世界観をつくりあげている。
04ビートルバーナー
映画『ヘアスタイル』の主題歌にも起用された、初期の彼らを代表するガレージ・ナンバー。圧倒的な迫力で畳みかける爆音サウンドがなんとも心地良く、これぞモーサムといえる奇妙なメロディ・ラインは聴くほどに虜になる。
05Have you ever seen the stars? (shooting star ver.)
深くへヴィなサウンドながら吸引力の強い美しいメロディに、体が宙に浮くような感覚をおぼえるナンバー。叙情的な歌詞の一つ一つが練られた曲構成の中で輝きを放ち、タイトルどおり自然と夜空を見上げたくなる。
06マッシュポテト・ブギー
ブルース・ハープが心地良く響く、押さえ切れない感情を表わしたモーサム流ブギー・ナンバー。椎名林檎がコーラスとカズーでゲスト参加しており、楽曲に彩りを添えている。
072時間前
“届きそうで届かない”もどかしい距離と儚く過ぎる時間の虚しさを切なく歌い上げたバラード。至極シンプルにまとめられており、しっとりとストレートに心に染み込む作品となっている。
08in the air
イントロの美メロなギターと激しいドラム・ソロのコントラストが印象的なミディアム・ナンバー。もの悲しそうな百々のヴォーカルを乗せたベース・ラインが、心を優しく包み込み、深く響いてくる。
09トカゲ
冒頭からハイテンションの雄叫び&轟音ギターが炸裂する爆音ロックンロール・ナンバー。ずる賢い人間を“トカゲ”に例えた歌詞も面白く、その狂気にも似た強烈なパワーに、アドレナリンが急上昇すること間違いなし!
10ボルケーノラブ
爆発と狂気で畳みかけるハイ・スピード・ナンバー。藤田の叩き出すドラムの強烈なグルーヴと、ベース武井の不気味な笑い声、早口でまくし立てる百々のヴォーカルなど、迫力満点。そのぶっ飛んだ勢いに、つい「ボルケーノラブ!」と叫んでしまいそうだ。
11happy icecream
重厚なベース・ラインに暴れ狂うギター・サウンド。百々のいきり立ったヴォーカルも凄まじく、はち切れんばかりのエネルギーを持ったハード・チューンだ。嵐のような展開の中で、切れ味鋭いタイトなリズムをひたすら刻むドラムがなんともクール!
12ペチカ (long flight ver.)
モーサム史上“最も優しい曲”との呼び声も高いバラードのシングル別ヴァージョン。心の奥深くまで染みわたる極上のメロディとクリスマス前のささやかな心情を表わした繊細な歌詞に胸を打たれる。
仕様
初回限定パッケージ
タイアップ
  • 「ビートルバーナー」 - リクリ「ヘアスタイル」主題歌
アーティスト
  • モーサム・トーンベンダー
    1997年、福岡で結成されたロック・バンド。メンバーは百々和宏(vo,g)、武井靖典(b)、藤田勇(ds)の3名。年間100本近いライヴ活動で徐々に人気に火が付き、99年12月にミニ・アルバム『DRIVE』を発表。2001年9月にアルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015