JASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
JASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    SAD TO SAY
  • ジャンル:
    ソウル/R&B/ゴスペル(国内)
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-2017
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するJASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するJASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するJASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する
    JASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]を山野楽器で購入するJASMINE / SAD TO SAY [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
デビュー前はゴスペル・クワイアに参加していたという実力の持ち主で、ファースト・シングルのこの作品で、すでに成功を収めた。ブラック・ミュージックが基調で、メロディの上下が激しく、高音のヴォーカルと、これこそが2009年のJ-POPといったようなスタイル。
驚異的な歌唱力の女性シンガー・ソングライターによるデビュー・シングル。「sad to say」は恋に落ちた不安と喜びを綴ったリアルな詞やR&Bのエッセンスを取り入れたサウンド、泣きの歌声が心に響く作品だ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    10位 (2009/6/22)  ⇒  18位 (6/29)
トラックリスト
01sad to say
ジェフ・ミヤハラ制作による1stシングル。終わるはずのなかった恋が破れ去った悲しみと悔しさを“クソくらえ”と飾ることなくぶちまけた等身大の叫びが共感を与えそう。鍵盤のメロディは美麗だが、硬めに刻まれるビートが弱々しさを払拭する美メロR&Bだ。
02i'm in luv wit u (1989 remix)
03
ボン、ボンというボトムとハウス寄りの甘酸っぱさを加味した爽やかな上モノのマッチングが新鮮。“こんなあたしでも恋をするの”という乙女な一面を綴ったミディアムで、ローファイなアレンジなどを取り入れながら、サウンドでも恋愛下手さ加減を巧みに演出している。
04i'm in luv wit u (laid back remix)
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「sad to say」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • Jasmine(SMA)
    1989年5月19日生まれ。東京都出身。女性シンガー・ソングライター。13歳の頃よりゴスペルに魅せられゴスペルクワイアに入門。その後ブラック・ミュージックに傾倒し、高校を1年で中退して17歳から本格的にシンガーとして活動を開始。その驚異的な……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015