フォール・アウト・ボーイ / セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!

はてなブックマークに追加
フォール・アウト・ボーイ / セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!
CD
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2013/4/15)  ⇒  8位 (4/22)  ⇒  8位 (4/29)  ⇒  13位 (5/6)  ⇒  17位 (5/13)  ⇒  11位 (5/20)  ⇒  27位 (5/27)  ⇒  21位 (8/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2013/4/15)  ⇒  9位 (4/22)  ⇒  9位 (4/29)  ⇒  18位 (5/6)  ⇒  15位 (5/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2013/4/15)  ⇒  10位 (4/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2013/4/15)  ⇒  3位 (4/22)  ⇒  3位 (4/29)  ⇒  6位 (5/6)  ⇒  10位 (5/13)  ⇒  8位 (5/20)  ⇒  7位 (5/27)  ⇒  10位 (7/29)  ⇒  9位 (8/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/4/15)  ⇒  4位 (4/22)  ⇒  5位 (4/29)  ⇒  7位 (5/6)  ⇒  10位 (5/13)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2013/4/15)  ⇒  9位 (4/22)  ⇒  9位 (4/29)  ⇒  10位 (5/6)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2013/4/15)  ⇒  3位 (4/22)  ⇒  2位 (4/29)  ⇒  4位 (5/6)  ⇒  4位 (5/13)  ⇒  3位 (5/20)  ⇒  7位 (5/27)  ⇒  8位 (6/3)  ⇒  11位 (6/10)  ⇒  13位 (6/17)  ⇒  13位 (6/24)  ⇒  12位 (7/1)  ⇒  9位 (7/8)  ⇒  8位 (7/15)  ⇒  11位 (7/29)  ⇒  9位 (8/5)  ⇒  6位 (8/12)
収録曲
01THE PHOENIX
ストリングスを配した緊張感のあるアンサンブルで幕を開けるナンバー。活動休止からの復活作のオープニング・ナンバーにして、“フェニックス”のタイトル。スケールの大きなサウンドとストーリーに、新たな一歩への決意をひしひしと感じる。
02MY SONGS KNOW WHAT YOU DID IN THE DARK (LIGHT EM UP)
先行シングルとしてリリースされたミディアム・ロック・チューン。“Light em up,up,up”という不思議な響きと“I'm on fire”のシャウトによるサビが印象的で、複雑なアンサンブルはどこかトライヴァルな雰囲気も感じさせる。
03ALONE TOGETHER
ミディアム・テンポのビートと細かいメロディに詰め込むような歌詞とのミス・マッチが楽しい、高揚感にあふれたロック・ナンバー。パトリックの心地よくも力強いヴォーカル、しっかりと構築されたバンドのアンサンブルが魅力的。
04WHERE DID THE PARTY GO
4つ打ちのビートにベースとギターのユニゾンによるシンプルなリフが映えるディスコ・ロック・チューン。ちょっぴりエレクトロのテイストを取り入れたアレンジはクールめだが、思わずシンガロングしたくなる“ラララ〜”のメロディに心が躍る。
05JUST ONE YESTERDAY
UKの実力派女性SSW、フォクシーズをフィーチャリング・アーティストとして迎えたミッド・チューン。二人のヴォーカルを活かすべくアレンジは極力シンプルに、かつ深みのあるものに。中盤の儚げなフォクシーズのソロから、ラストの盛り上がりは白眉。
06THE MIGHTY FALL
デトロイトのラッパー、ビッグ・ショーンとのコラボとなったナンバー。イントロはどこか神聖な響きも感じさせるコーラスだが、そこから一気に“ワルめ”なテイストへとチェンジ。ほぼギターのリフとドラムのみをバックにしたビッグ・ショーンのラップも効いている。
07MISS MISSING YOU
終わってしまった恋を歌った切ない歌詞とは裏腹に、爽やかなサウンドで突き進むナンバー。メロディもポップで、大声で歌いたくなるようなサビのハイトーンが心地よい。淡々と進むアレンジだからこそ、恋をしていた時の記憶が甦ってくるようだ。
08DEATH VALLEY
イントロのリフから一気に心を掴まれるアッパーなロック・チューン。終始テンション高めでエモーショナルにシャウトするパトリックのヴォーカルも含め、体を突き動かされるような熱量に満ちている。ダイナミズムに富んだアレンジも見事。
09YOUNG VOLCANOES
ハンドクラップとアコースティック・ギターで幕を開けるピースフルなナンバー。生命力にあふれたリズムをバックに、サビで高らかにシャウトされる“WE ARE WILD”のフレーズは、拳を突き上げともに歌いたくなるようなポジティヴな力に満ちている。
10RAT A TAT
コートニー・ラヴを迎えたアップ・テンポのロック・チューン。要所に配された“Rat a tat tat hey!”のフレーズは超キャッチー。“不埒なブロンド女”が登場し、「ALONE TOGETHER」ともリンクする歌詞がユニークだ。
11SAVE ROCK AND ROLL
アルバムのタイトル・チューンにして、エルトン・ジョンとの共演となったミディアム・バラード。ここでいう“ロックンロール”は、音楽ではなく生き方。イエスだらけの世の中を救う、という強い思いが表われており、それを支えるエルトン・ジョンも渋い。
12MY SONGS KNOW WHAT YOU DID IN THE DARK (LIGHT EM UP)
先行シングルとしてリリースされたリード曲を、2 CHAINZがリミックス。音数はかなり少なめで、攻撃的なアレンジではあるものの、かえってパトリックによる曲の強度が際立つ。2 CHAINZによるラップも曲の世界にピッタリ。
(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • フォール・アウト・ボーイ
    2001年、米イリノイ州で結成したロック・バンド。メンバーはパトリック・スタンプ(vo,g)、ピート・ウェンツ(b)、アンディ・ハーレー(ds)、ジョー・トローマン(g)の4名。シカゴを拠点に活動開始。ラウドかつメロディックなパンク・ロック……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015