Spitz / さざなみCD

はてなブックマークに追加
Spitz / さざなみCD
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SAZANAMI CD
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサルJ
  • 規格品番:
    UPCH-1620
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Spitz / さざなみCDをAmazon.co.jpで購入するSpitz / さざなみCDを@TOWER.JPで購入するSpitz / さざなみCDをHMV.co.jpで購入するSpitz / さざなみCDを楽天ブックスで購入するSpitz / さざなみCDをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
結成20周年を迎えた彼らの12枚目のアルバム。前作から2年9ヵ月ぶり、制作に1年5ヵ月をかけた労作。スキマスイッチの大橋卓弥や植村花菜が参加した「群青」、映画『ハチミツとクローバー』の主題歌の「魔法のコトバ」などを含む全13曲。独特の言葉使いと音は彼らにしか出せない味。
ガイドコメント
およそ2年9ヵ月ぶり、12枚目となるアルバム。共同プロデューサー&アレンジャーに亀田誠治を迎え、彼ららしいひねりを効かせたギター・ポップ・サウンドが構築されている。シングル曲「群青」「魔法のコトバ」をはじめ、胸を打つ名曲が勢ぞろい。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2007/10/8)  ⇒  4位 (10/15)  ⇒  14位 (10/22)  ⇒  17位 (10/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2007/10/8)  ⇒  1位 (10/15)  ⇒  9位 (10/22)  ⇒  15位 (10/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/10/8)  ⇒  4位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/10/8)  ⇒  2位 (10/15)  ⇒  5位 (10/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2007/10/8)  ⇒  3位 (10/15)  ⇒  7位 (10/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2007/10/8)  ⇒  1位 (10/15)  ⇒  8位 (10/22)  ⇒  9位 (10/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/10/8)  ⇒  3位 (10/15)  ⇒  8位 (10/22)  ⇒  8位 (10/29)  ⇒  16位 (11/5)
収録曲
01僕のギター
スピッツのトレード・マークともいうべき、ざっくりとしたアコースティック・ギターで始まるアルバム『さざなみCD』のオープナー。“小さなことが/大きな光になってくように”。清い祈りのようなメロディとまっすぐな言葉が、身体中に響きわたる。
02
爽やかなギター・サウンドに乗せてピュアな恋を歌う、ビター・スウィートな味わいのギター・ロック・チューン。トロピカルなギターのフレーズが印象的だ。「ロビンソン」の流れを汲む、まさにスピッツらしいナンバーといえる。
03群青
バッキング・ヴォーカルに植村花菜、大橋卓弥(スキマスイッチ)を迎え、全編3声のハーモニーでまとめたポップ・チューン。アルペジオ中心の清涼感あふれるギター・アンサンブルとともに、爽やかさを届けてくれる。
04Na・de・Na・deボーイ
“ナデナデボーイ”“巻き巻き”など、ユーモラスなマサムネ語が飛び出す、アッパーなポップ・ロック・チューン。Aメロの畳み掛けるようなダブル・ヴォーカルのファルセットが耳に残る。歌詞に出てくるハングルは“アラッソ”と発音するそう。
05ルキンフォー
柔らかいメロディにコーティングされた温かさと切なさ。まさにスピッツの王道といったミディアム・チューン。サウンド・プロデュースに亀田誠治を迎えて作り上げた爽やかなバンド・サウンドに、草野のヴォーカルが優しく寄り添っている。
06不思議
目と目で通じあえる、恋のフシギ。いや、むしろ、ブキミ? “過ぎていったモロモロはもういいよ”と走り出す恋心を歌うアップ・テンポのギター・ロック・チューン。恋のトキメキがいっぱいに詰まった、スピッツ印の甘酸っぱいラヴ・ソングだ。
07点と点
タイトルも歌詞も謎解きのようなアップ・テンポのロック・チューン。歌謡曲風のマイナー・キーのメロディも、スピッツの十八番。ツアーのサポート・メンバーであるクジヒロコが奏でるキーボードのフレーズが、GSっぽい懐かしい雰囲気を醸し出している。
08P
偶然の再会で引き戻される記憶、消せなかった想い。ストレートな言葉とメロディが胸を締めつける、リズムレスのミッド・バラード。全編に流れるフェンダー・ローズのマットな音色が郷愁を誘う。耳を澄ませば、タイトルにもある“P”の電子音が。
09魔法のコトバ
映画『ハチミツとクローバー』主題歌となった31枚目シングル。シナリオを読んで書き下ろしたという「わがまま空に投げた」など、若者の奔放さを瑞々しく描いた歌詞に、草野のセンスが光る。スピッツらしい優しいメロディが心に染み入るナンバー。
10トビウオ
イントロから爆音ギターが飛び跳ねる、灼熱のロック・ナンバー。アッパーなメロディとポジティヴな詞に背中を押されて、走り出してしまいそう。まぶしい夏の日差しと抜けるような青空が浮かんでくる、スピッツのサマー・ソング。
11ネズミの進化
ブルージィなアコースティック・ギターに陽気なパーカッションやファンキーなオルガンも加わった、ぶ厚いサウンドのミッド・ロック・チューン。ネヴァー・ギヴアップの精神をネズミの進化になぞらえた、スピッツ流の応援ソング。
12漣 (さざなみ)
さざなみのようなアルペジオが心にしみわたる、珠玉のギター・ロック・チューン。鮮やかに情景が浮かんでくる詞に切ないメロディやサビの変拍子など、すべてがスピッツ・サウンド。結成20周年を記念するアルバム『さざなみCD』にふさわしいタイトル・トラックだ。
13砂漠の花
“終わりと思ってた壁も 新しい扉だった”。結成から20年の歳月を経てなお進化を続ける、スピッツらしいミッド・ロック・バラード。早くも次作への期待と新しい変化を感じさせる力強い4人の演奏に、アコースティック・ピアノが花を添える。
タイアップ
  • 「ルキンフォー」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「ルキンフォー」 - TOYOTA「アイシス」TV-CMソング
  • 「ルキンフォー」 - レーベルモバイル「レコード会社直営♪サウンド」TV-CMソング
  • 「群青」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「魔法のコトバ」 - dwango「いろメロうたフル」TV-CMソング
  • 「魔法のコトバ」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
  • 「魔法のコトバ」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「魔法のコトバ」 - アスミック・エース「ハチミツとクローバー」主題歌
アーティスト
  • スピッツ
    日本のロック・バンド。メンバーは草野マサムネ(vo,g)、三輪テツヤ(g)、田村明浩(b)、崎山龍男(ds)の4名。1987年に結成し、91年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』でメジャー・デビュー。シングル「ロビンソン」「涙……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015