スキャンダル / スキャンダル ショー

はてなブックマークに追加
スキャンダル / スキャンダル ショー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SCANDAL SHOW
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-3858
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スキャンダル / スキャンダル ショーをAmazon.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショーを@TOWER.JPで購入するスキャンダル / スキャンダル ショーをHMV.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショーを楽天ブックスで購入するスキャンダル / スキャンダル ショーをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
進化系ガールズ・バンド初のベスト・アルバム。デビュー作「DOLL」から「HARUKAZE」までのシングル、カップリングやアルバム曲からメンバーが選んだ15曲にライヴ定番曲「SCANDALのテーマ」をプラス。これまでの歴史が濃縮された一枚だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2012/3/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2012/3/5)  ⇒  20位 (3/12)
収録曲
01HARUKAZE
『SCANDAL SHOW』の先行シングルとして発表されたテレビ東京系アニメ『BLEACH』のオープニング・テーマ。春風で花が舞い落ちる様子と大切な人との別れを描く。歌詞にピッタリの切なくも前向きなメロディが印象的だ。
02少女S
中森明菜のヒット・シングルを彷彿とさせるタイトルが印象に残るテレビ東京系アニメ『BLEACH』のオープニング・テーマ起用のメジャー3rdシングル。思春期ならではの揺れる恋心のように、複雑にコーラスが絡み合うサビが楽しい。
03DOLL
2008年10月に発表された記念すべきデビュー・シングルは、ハードなテイストのロックンロール・ナンバー。自らを“綺麗に飾られたDOLL”としながら“何も知らないわけじゃないのよ”と迫るキワどい内容の歌詞にドキっとさせられる。
04BEAUTeen!!
メジャー4thシングル「夢見るつばさ」のカップリングとして収録された疾走感のあるポップ・ロック・ナンバー。スカのテイストを匂わせるフレーズを挟むなど、バンドとしての引き出しの多さもしっかりと感じさせてくれる。
05太陽とキミが描くSTORY
夏っぽさ全開の爽快なイントロから、急に表情を変える繊細なコード・ワークで切ない恋模様を見事に描き出すメジャー6thシングル。“どんなに見つめたって どうせ君は気付いてくれないんでしょう?”と歌う姿にキュンとくる。
06LOVE SURVIVE
焦る恋心をそのまま音にしたような性急なギター・リフで幕を開けるメジャー11thシングル。前へ前へと進むビートに乗せて、恋はサヴァイヴァルだと力強く宣言する。TOMOMIとキュートな歌声とHARUNAのクールなヴォーカルのコントラストが楽しい。
07Pride
TBS系アニメ『STAR DRIVER 輝きのタクト』エンディング・テーマのメジャー9thシングル。夢を夢で終わらせることはできないから何度でも駆け出そうと勇気づけつつ、“欲しいのは時代の1ページ”という強い意志を感じるロック・ナンバーだ。
08スイッチ
TOMOMIのヴォーカルをメインに展開するミディアム・テンポのポップ・ナンバー。想いを伝える言葉をうまく見つけられないと嘆きつつ、ラストでは吹っ切れたように前を向く姿が初々しい。過不足のないアンサンブルが好印象。
09瞬間センチメンタル
TBS系アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のエンディング・テーマとして制作されたロック・チューン。どんな瞬間にだってひとつだけ確かなものがあるから前に進もうと宣言する歌詞を、力強いサウンドで彩る。
10ハルカ
メジャー10作目となるシングルは、京極夏彦原作のアニメーション映画『豆腐小僧』主題歌。大切な人との別れを“終わりじゃなく始まり”と前向きに表現するミディアム・アップで、シンセサイザーを効果的に配した色彩豊かなサウンドで描く。
11スキャンダルなんかブッ飛ばせ
阿木燿子・宇崎竜童のコンビが提供したメジャー8thシングル。“らしい”フレーズをたっぷりと押し出しながら、サウンドはハードめの現代的なロック。変拍子を多用したトリッキーなアプローチながらも、しっかりとものにしている。
12EVERYBODY SAY YEAH!
“EVERYBODY SAY YEAH!”のフレーズをリフレインするサビをはじめ、ひたすらにアゲアゲなディスコ・ロック・ナンバー。いつの間にか大人になってしまったけれど、楽しまなくちゃ損でしょとばかりにたっぷりと踊らせてくれる。
13カゲロウ (album mix)
インディ時代ラストとなった3rdシングル。ジャキジャキと刻むギターのカッティングを中心に据えたロック・チューンだ。君をこの手で抱きしめたいけれど、なかなか一歩を踏み出すことのできない僕を“カゲロウ”にたとえた物語を綴る。
14SAKURAグッバイ
フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』エンディング・テーマにも使用されたメジャー2ndシングル。少し窮屈になった制服、教室の壁に書いた落書き、舞い散る桜……甘酸っぱい舞台装置がこれでもかと登場する青春ソングだ。
15SCANDAL BABY
楽しいことばかりの毎日じゃないけれど、笑顔でいたい……葛藤を綴りつつ、自分を信じていくんだと歌うナンバー。比較的一本調子なビートながら、ギターのバッキングに細やかな変化をつけてテンポ感をコントロールするアレンジは見事。
16SCANDALのテーマ
(16)ボーナストラック
アーティスト
  • SCANDAL
    大阪発のガールズ・バンド。メンバーはHARUNA(vo,g)、MAMI(g)、TOMOMI(b)、RINA(ds)の4名。2006年に結成。地元でのストリートライヴやライヴハウスなどへの出演を重ね、2008年に1stシングル「DOLL」でメ……
  • 同時発売作品
    ESCL-3855   4,400円(税込)   2012/03/07 発売
    スキャンダル / スキャンダル ショー [限定]をamazon.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [限定]をHMV.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [限定]を楽天ブックスで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [限定]をTSUTAYAで購入する
    進化系ガールズ・バンド初のベスト・アルバム。デビュー作「DOLL」から「HARUKAZE」までのシングル、カップリングやアルバム曲からメンバーが選んだ15曲にライヴ定番曲「SCANDALのテーマ」をプ……
    スキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]
    ESCL-3856〜7   3,666円(税込)   2012/03/07 発売
    スキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するスキャンダル / スキャンダル ショー [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    2006年結成、2008年にデビューした4人組ガールズ・バンドの初ベスト・アルバム。トップ3にランクインした「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」や「ハルカ」などのシングル曲に加え、アルバム人気曲や初CD化……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015