シューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]

はてなブックマークに追加
シューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]
SA-CD
SA-CDハイブリット
  • 原題:
    SCHUMANN: 3&1
  • ジャンル:
    クラシック 〜 交響曲
  • レーベル:
    RCA Red Seal
  • 規格品番:
    SICC-10102
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    シューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]をAmazon.co.jpで購入するシューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]を@TOWER.JPで購入するシューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]をHMV.co.jpで購入するシューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]を楽天ブックスで購入するシューマン:交響曲第1番「春」&第3番「ライン」 P.ヤルヴィ / ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン [SA-CDハイブリッド]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
内声やティンパニ、弦楽器の刻みなど、パーヴォらしいオーケストレーションの細部すべてに生命を宿らせたような演奏。「ライン」の第2楽章など滔々と流れる大河風でなく、活き活きとリズムを踊らせる。「春」でも浮き立つ情感や憧憬などを振り幅広く表現している。なお、「ライン」第1楽章でオーボエ&ファゴットにホルンを重ねる処理が1ヵ所なされている。★
ガイドコメント
ヤルヴィ、ドイツ・カンマーフィルによるシューマン交響曲全集の第1弾。シューマンを「愛してる」と公言しているヤルヴィの思いをしっかりと受け止められるドイツ・カンマーフィルとの、渾身の演奏が展開する。
チャート
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    18位 (2010/11/22)  ⇒  2位 (11/29)
収録曲
シューマン:
01交響曲第3番変ホ長調op.97「ライン」
02交響曲第1番変ロ長調op.38「春」
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
演奏
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
録音
(1)2010.4 (2)2009.12
アーティストおよび作曲家
  • ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団
    ドイツ・ブレーメンに本拠を置く室内オーケストラで、世界屈指と名高い。ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団とも呼ばれる。1980年に有志によって設立され、87年にフランクフルトを本拠にプロ楽……
  • パーヴォ・ヤルヴィ
    1962年12月30日生まれ、エストニア・タリン出身の指揮者。指揮者のネーメ・ヤルヴィを父にもち、弟のクリスチャンは指揮者、妹のマーリカはフルート奏者。タリンの音楽学校で打楽器と指揮を学び、米・カーティス音楽院で研鑽を積む。レナード・バーン……
  • ロベルト・シューマン
    1810年6月8日生まれ、ザクセン王国ツヴィッカウ出身の作曲家。本名はローベルト・アレクサンダー・シューマン。出版業を営む裕福な家庭で生まれ、文学青年として育つ。指を痛めてピアニストを断念後は作曲と評論活動に専念。交響曲から合唱曲まで幅広い……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015