オジー・オズボーン / スクリーム

はてなブックマークに追加
オジー・オズボーン / スクリーム
CD
ミニ・レビュー
キャリア40年、HR/HM一筋に生きる魔界のプリンス(老中?)オジー・オズボーンの3年ぶりとなるソロ第10作。ファースト・シングルとなるキャッチーな「レット・ミー・ヒア・ユー・スクリーム」、ヘヴィでパワフルな「レット・イット・ダイ」「フィアレス」と、バンド・メンバーを一新し、老いてなお盛んという表現ががぴったりの攻めのロックを聴かせる。オジー健在なり。
ガイドコメント
前作『ブラックレイン』より約3年ぶり、オリジナルとしては10枚目となる、2010年6月リリースのオジー・オズボーンのアルバム。米人気犯罪ドラマ内で使用された「Let Me Hear You Scream」ほかを収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    10位 (2010/6/21)  ⇒  34位 (6/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2010/6/21)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2010/6/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2010/6/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2010/6/21)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2010/6/21)  ⇒  11位 (6/28)
収録曲
01LET IT DIE
02LET ME HEAR YOU SCREAM
03SOUL SUCKER
04LIFE WON'T WAIT
05DIGGIN' ME DOWN
06CRUCIFY
07FEARLESS
08TIME
09I WANT IT MORE
10LATIMER'S MERCY
11I LOVE YOU ALL
12JUMP THE MOON
(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • オジー・オズボーン
    1948年12月3日生まれ。英国バーミンガム出身。1970年代から長きにわたってメタル/ヘヴィ・ロック界の“帝王”として幅広い世代から敬意を集めているカリスマ的シンガー。1970年代にはブラック・サバスの一員として一世を風靡した後、78年に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015