ショーン・キングストン / ショーン・キングストン [限定]

はてなブックマークに追加
ショーン・キングストン / ショーン・キングストン [限定]
CD
ガイドコメント
ブジュ・バントンを叔父に持つ若手レゲエ・シンガー、ショーン・キングストンのデビュー・アルバム。パトワ語のしゃべりとラップに、ソウルフルな歌声を持ち合わせた逸材で、ジョナサン“J.R.”ロテムのレーベルからのリリースという注目作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2007/8/27)  ⇒  19位 (9/3)  ⇒  20位 (9/10)  ⇒  29位 (9/17)  ⇒  34位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    11位 (2007/8/27)  ⇒  18位 (9/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/8/27)  ⇒  10位 (9/3)  ⇒  6位 (9/10)  ⇒  8位 (9/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2007/8/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2007/8/27)
収録曲
01INTRO
リアーナ、50cent、パリス・ヒルトンらを手掛ける万能プロデューサー、ジョナサン“J.R.”ロテムが全面的にバック・アップしたデビュー・アルバム『ショーン・キングストン』の幕開け。シリアスでシンフォニックなサウンドに、並々ならぬ意気込みを感じる。
02KINGSTON
きな臭いヒップホップに17歳のショーンが挑む。完成度の高い派手なサウンドだが、ショーンの一歩も引かないパフォーマンスが頼もしい。ヒップホップ伝統の地域密着&自慢のリリックだが、良い意味で威張っておらず娯楽作品として楽しめる。
03TAKE YOU THERE
歌メロとシンセのブレンドがとてもキャッチーな、80年代の香りが漂うポップ・チューン。奥行きを感じさせる歌メロは、繰り返し聴きたくなる出来だ。ショーンのジャマイカなまりが、ともすると小さくまとまってしまいそうな楽曲に新鮮な味付けをしている。
04ME LOVE
レッド・ツェッペリンのレゲエ挑戦曲「デイジャ・メイク・ハー」をサンプリングしたポップなレゲエ・チューン。サウンドの作り方は昔ながらのアプローチだが、ショーンの未開拓の音楽性が作品に新しい風を送り込んでいる。
05BEAUTIFUL GIRLS
「2007年の洋楽はこの曲」という人は多いだろう。街角で、ラジオで、クラブでボーダレスに受け入れられた曲だ。名曲「スタンド・バイ・ミー」を下敷きにしながらも、まったく新しいメロディ・アプローチを加え、原曲に劣らない仕上がりになっている。
06DRY YOUR EYES
美しいメロディのR&Bバラード。韻を踏んで進んでいくAメロに、ショーンのパフォーマーとしての懐の深さを感じる。控えめに施されたオートチューンのヴォーカル加工は大成功だろう。無垢なショーンの歌唱が胸に迫ってくる作品だ。
07GOT NO SHORTY
デイヴ・リー・ロスも拝借していたキャブ・キャロウェイの古典「I ain't got nobody」のタイトル・コールをいただいたアイディア・ソング。古いネタを拝借しながらも、新しい世界をしっかり聴かせてくれるショーンの才能に感服する。
08THERE'S NOTHIN
気持ちが沈んだときにはこの曲がオススメ。幸せな定番ゴスペル・コード進行をいただいた極上のポップ・ソングだ。美しいチカーノ娘、ポーラ・ディアンダの歌唱が鋭く心を揺さぶる、ティーンエイジャーの2人ならではの若さにあふれる曲だ。
09I CAN FEEL IT
フィル・コリンズの「夜の囁き(IN THE AIR TONIGHT)」のメイン・フレーズをいただいたアイディア作品。どうしても能天気に聴こえてしまうショーンの歌声だが、切ない原曲の雰囲気を味方にしながら、しっかりと切なく聴かせてくれる。
10DRUMMER BOY
南部ヒップホップ・サウンドがショーンの手にかかれば、底抜けに明るい作品になる。“ストリートのソルジャーよ、攻撃だ”というリリックでもどこか弛緩が見え隠れするサウンド・アプローチは、音楽の新境地かもしれない。
11YOUR SISTER
メロディの符割りといい、ヴォーカルのオートチューン処理といい、T-PAINの影響を色濃く感じるサウンドだ。2007年版“切ないR&Bの正しい作り方”が堪能できる。ミュージック・シーンを俯瞰させてくれるような奥深い作品。
12THAT AIN'T RIGHT
ピアノのリフにオケ・ヒットが歯切れ良く絡んでいく、シリアス・サウンドのポップ・チューンだ。古いブラック・コンテンポラリーの香りも漂うが、歌の世界は17歳のショーンらしい恋愛のジレンマ。艶っぽくならないところにオリジナリティを感じる。
13CHANGE
幸福感漂うポジティヴ・ソング。生っぽいピアノとドラムの絡みが心を明るくしてくれる。古いR&Bやゴスペルのサウンドをいただきながらも、それをまったく新しい音楽として自分のモノにできるショーンのパフォーマンスは特別だ。
14COLORS (2007)
ショーン、Vybz Kartel、Kardinal Offcialというジャマイカ系の3人が、南部のヒップホップ・サウンドをバックに泥臭いパフォーマンスを披露している。ラップをしないヒップホップもある、と教えてくれる曲だ。
15BEAUTIFUL GIRLS
(14)(15)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:ビューティフル・ガールズ (ビデオ)
タイアップ
  • 「Beautiful Girls」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015