Ken Yokoyama / SENTIMENTAL TRASH

はてなブックマークに追加
Ken Yokoyama / SENTIMENTAL TRASH
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SENTIMENTAL TRASH
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ピザ・オブ・デス
  • 規格品番:
    PZCA-73
  • 価格:
    2,409 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Ken Yokoyama / SENTIMENTAL TRASHをAmazon.co.jpで購入するKen Yokoyama / SENTIMENTAL TRASHを@TOWER.JPで購入するKen Yokoyama / SENTIMENTAL TRASHをHMV.co.jpで購入するKen Yokoyama / SENTIMENTAL TRASHを楽天ブックスで購入するKen Yokoyama / SENTIMENTAL TRASHをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
本質を理解し、腹を括って、より迷いなくパンク・ロックと向き合い出しているKen Yokoyama。6枚目のアルバムは、夢や男らしさを理路整然と叫ぶ姿、果敢に切り込んだポリティカル・ソングといったすべてに彼の必死な生きざまが感じられて、聴き進めるごとに胸が熱くなる。吹っ切れていて強い。★
ガイドコメント
約2年半ぶり、6枚目のアルバム。スピード感満載のシングル「I Won't Turn Off My Radio」やスカパラの谷中敦のサックスをフィーチャーした「Roll The Dice」などバラエティ豊かなサウンドを展開した一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2015/8/31)  ⇒  8位 (9/7)  ⇒  14位 (9/14)  ⇒  22位 (9/21)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2015/8/31)  ⇒  9位 (9/7)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2015/8/31)  ⇒  6位 (9/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2015/8/31)  ⇒  7位 (9/7)  ⇒  10位 (9/14)  ⇒  6位 (9/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2015/8/31)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2015/8/31)  ⇒  4位 (9/7)  ⇒  6位 (9/14)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    2位 (2015/8/31)  ⇒  5位 (9/7)  ⇒  3位 (9/14)  ⇒  7位 (9/21)
収録曲
01Dream Of You
カウベルとともに、カラっとした南国風サウンドを奏でるロック・チューン。夢のなかなら優しいあの娘、でも現実は……という切ない想いをコミカルに描いている。少年っぽさが残るハイトーンのヴォーカルもハマっている。
02Boys Don't Cry
前を向いて自分の足で進め、男だったらメソメソすんな、と突き離し気味に背中を蹴っ飛ばしてくれる応援ソング。シンプルなギター・リフでの幕開けから、ミディアム・テンポながらハネ気味のリズムで軽快に走りつつ、厳しくも温かいメッセージが染みる。
03I Don't Care
歪ませたギター・リフを中心に走り抜けるパンク・チューン。肌の色が黒でも白でも黄色でも、“Right Wing”も“Left Wing”も、かっこよければ気にしない。パンクロッカーらしい痛快なメッセージには、戦争への風刺が詰め込まれている。
04Maybe Maybe
メロコア王道のビート・パターンで駆け抜ける高速チューン。鋭いリズムや演奏と反比例するようにスウィートさに満ちたとびっきりロマンティックなメロディの乗せて歌われるのは、愛や感謝に満ちた言葉。“たぶん”と本音を隠す“保険”もキュート。
05Da Da Da
印象的な“Da Da Da, wo wo wo wo〜”という掛け合いに、拳を振りあげながら叫ぶキッズが目に浮かぶようなメロコア・チューン。細かいリズムを刻むギターを中心に、勢いを出しつつしっかり決めるバンドの切れ味も抜群。
06Roll The Dice
ゲスト参加した谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)のバリトンサックスによるリフから幕を開けるナンバー。人生に楽な道はない、賭けに出ろと煽るメッセージはリアリティに満ちているが、寓話のように昇華させる手腕が鮮やか。
07One Last Time
夢見る子頃はとっくに過ぎたけど、それでも生きていくのさ……次の世代のために役目を考えながら生きていく姿を、痛烈な皮肉も交えながら歌うキラー・チューン。ギターと歌だけの冒頭からなだれ込むバンド隊など、“名曲度”の高いアレンジがたまらない。
08Mama、Let Me Come Home
“ママ、家に帰りたいよ”という意味を持つタイトルが胸に響くファスト・チューン。高速ビート&シリアスな雰囲気をバックに、戦地の最前線に赴いた戦士の胸のうちを、直接的な言葉とともに綴る。エモーショナルな歌唱&メロディも見事。
09Yellow Trash Blues
45歳にもなって、刺青入れてギターを弾いて……“黄色いゴミのブルース”と卑下しながらも、政治家への皮肉を浴びせつつ自らの歌へのプライドを見せつける。クリーンなトーンで鳴らすギターや哀愁漂うベースラインなど、アレンジも楽しい。
10I Won't Turn Off My Radio
人気音楽番組『ミュージックステーション』での披露も話題を呼んだ3rd EPタイトル曲。高速ビート&ハイテンションな演奏とロマンティックなメロディの組み合わせは完璧な黄金比。自分という存在をラジオに重ね、存在することの意義を歌った歌詞も泣ける。
11A Beautiful Song
徳澤青弦がアレンジを手がけたストリングスも導入し、文字通り“美しい”サウンドスケープを描き出したドラマティックなミディアム・バラード。悲しく辛い別れを迎えてしまった一人の男を主人公に、独白風に進んでいくストーリーに引き込まれる。
12Pressure Drop
伝説的レゲエ・コーラス・グループ、トゥーツ&ザ・メイタルズの名曲をカヴァー。原曲に敬意を表した裏打ちのリズムを基調にしながら、より軽快さを増してアップデート。美しいコーラスワークもKen Band流にアレンジしている。
アーティスト
  • Ken Yokoyama
    1969年10月1日生まれ、東京都出身の日本のギタリスト/ミュージシャン。91年にHi-STANDARDを結成し、2000年まで活動。その後、BBQ CHICKENSやthe 原爆オナニーズとして活動するほか、2004年にはソロ・アルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015