ジェット / シャカ・ロック

はてなブックマークに追加
ジェット / シャカ・ロック
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SHAKA ROCK
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    EMI
  • 規格品番:
    TOCP-66903
  • 価格:
    2,190 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ジェット / シャカ・ロックをAmazon.co.jpで購入するジェット / シャカ・ロックを@TOWER.JPで購入するジェット / シャカ・ロックをHMV.co.jpで購入するジェット / シャカ・ロックを楽天ブックスで購入するジェット / シャカ・ロックをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
今やオーストラリアを代表する彼らがレーベル移籍、心機一転で放つサード・アルバムは、ロックの真髄を見せつけるソリッドな快作に仕上がった。先達の残したロックの美味しいところを凝縮した音づくりがとにかく痛快! シングルの「シーズ・ア・ジーニアス」ほか、全編で醍醐味をたっぷり味わえる。
ガイドコメント
EMI移籍第1弾にして、通算3枚目となるアルバム。ほぼセルフ・プロデュースによる“原点=シンプルで、メロディアスで、魂を揺さぶるロックンロール”に戻った、最高に突き抜けた作品となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2009/8/17)  ⇒  6位 (8/24)  ⇒  10位 (8/31)  ⇒  34位 (9/7)  ⇒  34位 (9/14)  ⇒  24位 (9/21)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2009/8/17)  ⇒  7位 (8/24)  ⇒  11位 (8/31)  ⇒  15位 (9/21)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2009/8/17)  ⇒  6位 (8/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2009/8/17)  ⇒  5位 (8/24)  ⇒  7位 (8/31)  ⇒  9位 (9/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2009/8/17)  ⇒  5位 (8/24)  ⇒  8位 (8/31)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2009/8/17)  ⇒  6位 (8/24)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/8/17)  ⇒  2位 (8/24)  ⇒  2位 (8/31)  ⇒  9位 (9/14)  ⇒  8位 (9/21)  ⇒  15位 (10/12)
収録曲
01K.I.A. (KILLED IN ACTION)
レーベル移籍後初リリースとなる3rdアルバム『シャカ・ロック』のオープニング・ナンバー。荒さと正確さを兼ね備えたエフェクティヴなギターは、新たな境地への挑発的な態度を表わすようだ。“A-ha a-ha〜”というコーラスが印象的だ。
02BEAT ON REPEAT
彼ら曰く、この上ないほどオーストラリアっぽいという曲で、同じことを繰り返すだけの自分たちの生活や社会を笑い飛ばした内容。こじゃれたリズムではあるが、ほのかにアンニュイな雰囲気が漂うサウンドにも皮肉が表われているようだ。
03SHE'S A GENIUS
Right-on.「BACK NUMBER NEW SHINY CENIM」CMソングとなった、彼らの新たな代表曲ともいえる一曲。強靭なギター・リフが高揚感をもたらす、ドライヴ感全開の痛快なジェット節が炸裂したロックンロール・ナンバーだ。
04BLACK HEARTS (ON FIRE)
ハード・ロックの要素を取り入れた重厚なサウンドが胸を躍らせるナンバー。魅惑的な欲と権力に溺れ、自我を失っていく人間の様子が描かれる。激しくも芯のある歌声は、愚かさを認めることで生きていると実感する人間の性を表わしているよう。
05SEVENTEEN
17歳の繊細な心情と若さゆえの勢いをストレートに綴る。刻むように細かく鳴らされるピアノが印象的な耳なじみのよいメロディで青春の切なさと美しさを表現した、ジェット風パワー・ポップだ。
06LA DI DA
ガレージ風サウンドが力強く鳴らされる一曲。哀愁漂う情熱的なアコギ、不穏なファズ・ギター、焦燥感をあおるようなピアノ、それぞれのもつ緊張感が刺激的な音世界を生み出している。迷走しながら必死に生きるさまを綴った詞がそのまま音に表われているよう。
07GOODBYE HOLLYWOOD
自分の居場所が見つかったから潔くハリウッドを出て行こうと歌う物語性のあるナンバー。レーベルの移籍を経た彼らの心境を表すかのように、迷わず前進しろという前向きな想いが込められている。まっすぐでクリアな演奏に希望が感じられる一曲。
08WALK
社会への皮肉を歌ったロック・ナンバーだ。ニックの繊細な歌声と、静かなピアノが奏でる清涼感のあるイントロに対して、間奏では反発心や自信がにじみ出たアグレッシヴな演奏を披露。“Yah yah yah〜”と繰り返されるコーラスが特徴的だ。
09TIMES LIKE THIS
お前のロックンロールが必要なんだと大志を抱かせるナンバー。シンプルでリズミカルなサウンドは耳なじみのよいパワー・ポップだ。重たくなりすぎないベースと軽やかなヴォーカルが爽快感を与える。
10LET ME OUT
ノスタルジックな雰囲気を醸し出しながらもパワー・ポップ風のクリアなサウンドが心地よい一曲で、叙情的なピアノとギターは疲れた心に優しく響くよう。“ここから出してくれ”と懇願するニックの歌声が悲しくもあり美しくもある。
11START THE SHOW
“start the show”というごきげんな掛け声で始まるハード・ロック・ナンバー。ずっしりとしたベースが魅力のヘヴィなサウンドではあるが、リズミカルなアレンジで重さを感じさせないのがジェットらしい。ニックの陽気なシャウトも聴くことができる。
12SHE HOLDS A GRUDGE
キャメロンがリード・ヴォーカルをとるバラード。本当に大切だと気づいた彼女に対してごめんと謝る素直な様子が情けなくも優しい。ノスタルジックなスライド・ギターが作る柔らかい雰囲気に、ニックのコーラスが温もりを増している。
13DON'T BREAK ME DOWN
アコギとクラップが爽やかなナンバーで、ゆったりとしたサウンドと繊細で透明感のあるコーラスが心に沁みる。切なげに歌い出すも、ラストに感情が抑えられなくなったように“don't break me down”と熱くなる歌声が印象的。
14EVERYTHING WILL BE ALRIGHT
耳なじみのよいアコギと浮遊感のあるコーラスが混ざることで、夢を見ているかのような気分にさせる癒しの一曲。ディレイのかかった幻想的なギターが、元々のアコースティックな世界観を壊すことはなく見事に調和している。
(13)(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「SHE'S A GENIUS」 - Right-on「BACK NUMBER NEW SHINY DENIM」TV-CMソング
  • 「シーズ・ア・ジーニアス」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • ステッカー(初回のみ)/歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • ジェット(AUS)
    豪・メルボルン出身のロックンロール・バンド。メンバーはニック・セスター(g,vo)、キャメロン・マンシー(g,vo)、マーク・ウィルソン(b)、クリス・セスター(ds,vo)の4名。2001年に結成。翌年、英NME誌に取り上げられると、20……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015