内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SHELL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    POSEIDON Records
  • 規格品番:
    PRF-033
  • 価格:
    2,750 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]をAmazon.co.jpで購入する内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]を@TOWER.JPで購入する内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]をHMV.co.jpで購入する内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]を楽天ブックスで購入する内核の波(ないかくのわ) / 忘却の河[殻]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
エレクトリック・ベースとフルートをフィーチャーしたプログレ・ユニットが『運命の輪』(2003年8月発売)以来、久々に放つセカンド・アルバム。ドイツやウズベキスタンでも注目されたサウンドは折り紙付き。卓越したテクニックとユーモアの共存が絶妙。
ガイドコメント
前作から2年半を経て届けられた2ndアルバム。斬新なプログレ・インスト・バンドの彼らが、今作でもフルートやギターを中心に静と動を操り、ジャジィで映像的なサウンドを熱く繰り広げる。
リサーチ
収録曲
01CRISIS 051209
02ルサンチマン
03すっげー深い穴を見つけたんだ!今から飛降りるよ。存在証明なんかじゃない、この深さなら誰にも見付かる事はないだろ?生まれてしまった償いをしなきゃいけねぇんだ、生きる事と死ぬ事によって。俺はもう立派に一つの精神として立った、これ以上殺生を繰り返す理由なんて何処にも見付からねぇよ。そもそも人は今しか生きられねぇ常に生きているのは今だ。でも「今ここ」と思ったその瞬間には既に過去になっているわけで、次々に未来が押し寄せては今を認識する間もなく過去になる「生」という刹那を証明するのは不可能だろ。証明しようとする時には常に過去のモノとなり、生きていたという記憶にすぎねぇ。つー事は、生きていようと死んでいようと、そんなもんどっちだって同じじゃねーか。だったら俺は希望に向かってスペシャルダイブ!
04レーテ
05
06トートロジー
アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015