ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他

はてなブックマークに追加
ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他
CD
  • 原題:
    SHOSTAKOVICH: THE CELLO CONCERTOS
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    エラート / Warner Classics
  • 規格品番:
    WPCS-13241
  • 価格:
    2,600 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他をAmazon.co.jpで購入するショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他をHMV.co.jpで購入するショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他を楽天ブックスで購入するショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他を@TOWER.JPで購入する
    ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他を山野楽器で購入するショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集 カピュソン(VC) 他をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ゴーティエ・カピュソンは、単に上手いだけではなく、その音に温かさと深みがあり(冷たくなりすぎないところが彼らしい)、ショスタコーヴィチの世界を立体的に描く。作品を知り尽くしたゲルギエフ&マリインスキー劇場管のサポートによって、ソリストがいっそう際立っている。
新世代チェリストの筆頭格、ゴーティエ・カピュソンとワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管との共演によるショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番&第2番。20世紀の代表的なチェロ作品の魅力を余すところなく伝える白熱のライヴだ。
トラックリスト
●ショスタコーヴィチ:
01チェロ協奏曲第1番変ホ長調op.107
02チェロ協奏曲第2番op.126
演奏
ゴーティエ・カピュソン(VC) ヴァレリー・ゲルギエフ指揮 マリインスキー劇場管弦楽団
録音
(1)2013.12 (2)2014.6
封入特典
  • 解説
  • ゴーティエ・カピュソン
    1981年生まれ、仏・シャンベリ出身のチェリスト。ヴァイオリン奏者のルノー・カピュソンは兄。5歳よりチェロを始め、パリ音楽院でアニー・コシェ=ザキーヌにチェロ、クリストフ・エジティアーノにピアノを師事。97年に同音楽院で一等賞受賞、フィリッ……
  • ドミートリイ・ドミトリエヴィチ・ショスタコーヴィチ
    1906年生まれ。1975年没。第二次大戦後のソヴィエトを代表する作曲家であり、20世紀最大の作曲家の一人。レニングラード音楽院で学ぶ。斬新な手法を取り入れ、再三体制側からの批判にさらされる。後年は人間の内的苦悩を表現する。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015