ラスマス・フェイバー / ソー・ファー

はてなブックマークに追加
ラスマス・フェイバー / ソー・ファー
CD
ガイドコメント
スウェーデン出身で、メロディメイカーやプロデューサー、リミキサーなど幅広く活躍するラスマス・フェーバー。日本でも信奉者の多い彼の全シングルほか、代表曲を収めたベスト的アルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2006/5/22)  ⇒  10位 (5/29)  ⇒  16位 (6/5)  ⇒  25位 (6/12)  ⇒  25位 (6/19)  ⇒  32位 (6/26)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2006/5/22)  ⇒  14位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    7位 (2006/5/22)  ⇒  8位 (6/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2006/5/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2006/5/29)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    5位 (2006/5/22)  ⇒  5位 (5/29)  ⇒  7位 (6/5)  ⇒  10位 (6/12)  ⇒  10位 (6/19)
収録曲
01EVER AFTER
サンバ調のリズムが楽しいリズミカルなナンバー。アコースティック・ギターやホーンが色彩を豊かにし、また、子供のように透明感のある女性ヴォーカルが、瑞々しさを加えている。純粋に楽しめる作品だ。
02GET OVER HERE
ホーンによるメリハリのきいたダイナミズムなサウンドが爽快なナンバー。ファンキーなエレキ・ギターや、ジャジィなピアノなどさまざまな要素を違和感なく融合させる技には感服だ。メロの力強いヴォーカルも深いインパクトを残す。
03THE RAIN
ファンキーに味付けされたホーンやギターが愉快なブギー・ソウル・ナンバー。力強くスピード感あるシャーリーン・ヘクターのヴォーカルに引っ張られ、爽やかな夏の風を思わせる作品に仕上がった。
04DIVIDED/ UNITED
ムード満天のジャズ・ピアノが美しい。そこに軽快なビートを掛け合わせるという、一見無謀な試みを見事に成功させ、奥行きのあるドラマ性あふれる作風に仕上げている。こんな奇抜なアイディアをも具体化してしまう彼の凄みが味わえるナンバー。
05FELICIDAD
軽快なドラム・サウンドとグルーヴィなシンセサイザーが奏でる、ノリノリなナンバー。爽やかな女性ヴォーカルが楽しげなムードを作り出し、全編を覆うファンキーなギター音も味わい深い。
06NEVER FELT SO FLY
ラスマスの代表的なヒット作。ブルージィでソウルフルでありながら、オーソドックスなポップ・ナンバーでもある。メロの突き抜けていくようなヴォーカルも「巧い!」と唸らせるものがある。
07FREE
ラテン調のパーカッションが、情熱的な女性ヴォーカルと絶妙なマッチを見せるナンバー。アコースティック・ギターやピアノにも細かい工夫が施され、展開の面白さとともに抜け目のない性格がうかがえる。ニー・ディープとの共作。
08COME WITH ME
繊細なギターとビッグ・スケールのチェロとの対照的な響きが、世界観を広げる効果を生み出している。ファンキーな変則ビートやダブ的な要素を採り込んでいるのも印象的で、ラスマスのアイディアの豊富さを物語っている作品だ。
09AVAILABLE
ファンキーなベースに軽快なドラム・マシーン、それに壮大なチェロ。それらがこんなにも綺麗に融合するとは驚かされる。ハイ・トーンなリンのヴォーカルも映える、タイトル通り、ラスマス・マジックを可能にさせるナンバーだ。
10ALL FOR THE BEST
盟友・メロをヴォーカルにフィーチャーしたハウス・ミュージック。囁くようなヴォーカルは、女性ならではの優しさと慈悲性を感じさせる。軽快なビートとの対比によりそれをよりいっそう浮き彫りにさせることに成功したナンバー。
11VASILANDO
ノリノリのドラムに控えめにループするピアノが加わり、さらに熱いホーンが入っていく。次第に厚みを増す展開は予断を許さない。語りかけるようなヴォーカルは、いつまでも耳に残って余韻に浸れる魅力があり、聴く者を圧倒するパワーに満ちている。
12DOING THINGS
ヴォーカルやパーカッションがキューバ音楽を思わせる風変わりな楽曲。メンバー全員が一丸となってこちらに押し寄せてくるかのような迫力を、上手く音の中に封じ込めている。ラスマスの多才さが垣間見られる1曲だ。
13ALL THIS LOVE
以前はジャズ・ピアニストだったというだけあって、このヴォーカル・ハウス曲の中でもピアノが絶大な存在感を放っている。その繊細なピアノが、時に熱く、時に悲しげなヴォーカルの表情を浮き上がらせ、感情豊かな作品に仕上げている。
仕様
初回限定スペシャルパッケージ
封入特典
  • 解説・歌詞
アーティスト
  • ラスマス・フェイバー
    1979年5月16日生まれ、スウェーデン・ストックホルム出身のDJ/プロデューサー。スウェーデン・グラミー賞受賞の著名ジャズ・ミュージシャンの父をもち、幼少からピアノを始める。その後、友人のハウス系アーティストのレコーディング参加依頼を機に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015