アジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファ

はてなブックマークに追加
アジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SOL-FA
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-737
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    アジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファをAmazon.co.jpで購入するアジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファを@TOWER.JPで購入するアジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファをHMV.co.jpで購入するアジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファを楽天ブックスで購入するアジアン・カンフー・ジェネレーション / ソルファをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2004年の顔と言うべき躍進を見せた4人組のセカンド・アルバム。先行シングルはどれもポップなギター・ロックの名曲だったが、本作の収録曲は全曲それらを上回るほどのクオリティ。ヴォーカル・後藤のメロディ・メイカーとしての才能とバンドの勢いに圧倒される傑作だ。★
ガイドコメント
日本の新世代ギター・ロック・シーンを牽引するバンドの2ndアルバム。止まらない勢いと、そつのない演奏力、シングル群のキャッチーさを含めたソングライティング・センスが光る。
ガイドコメント
日本の新世代ギター・ロック・シーンを牽引するバンドの2ndアルバム。止まらない勢いと、そつのない演奏力、シングル群のキャッチーさを含めたソングライティング・センスが光る。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  4位 (11/1)  ⇒  9位 (11/8)  ⇒  17位 (11/15)  ⇒  24位 (11/22)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  3位 (11/1)  ⇒  8位 (11/8)  ⇒  15位 (11/15)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  4位 (11/1)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  3位 (11/1)  ⇒  9位 (11/8)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  8位 (11/1)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  4位 (11/1)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/10/18)  ⇒  1位 (10/25)  ⇒  3位 (11/1)  ⇒  4位 (11/8)  ⇒  8位 (11/15)  ⇒  14位 (11/22)
収録曲
01振動覚
2ndアルバム『ソルファ』のオープニングを飾るにふさわしい、疾走感あふれるロック・ナンバー。まっすぐ進むなかにも、どこか陰を落とすような憂いを含む、いかにもアジカンらしい曲となっている。
02リライト
2ndアルバム『ソルファ』からのシングル曲。疾走感あふれるギターのリフで幕を開け、絶叫に近いヴォーカルが響いたかと思えば、妙に軽い香港映画のようなブリッジもありと、遊び心に富んだ余裕あふれる一曲。
03君の街まで
イントロの叙情的なギター・リフを聴くだけで、切なさともどかしさが胸にこみあげてくる。屈託なく、あまりにもあけっぴろげなセンチメンタリズムに思わず涙がこぼれる。アルバムに先駆けて発売されたシングル・ナンバー。
04マイ・ワールド
メロディアスなナンバーが目白押しのアルバムのなかでも、特に美しいメロディが印象に残る楽曲。「君と僕の縁廻る」という繊細で文学的な言葉の選択には平伏しきり。日本語ロックに固執し続ける彼らの世界観に圧倒される。
05夜の向こう
ギター・リフがひたすらカッコ良いメロディアスなトラック。後藤の「世界が滲んだあぁ?」というサビの熱唱で、リスナーは完全に昇天状態になること間違いなし。問答無用の、アジカン的泣きのメロディ。
06ラストシーン
世界中のあらゆる哀しみを拾い集めてきたかのような音を奏でるギターとベース、世界中の鬱屈とした感情をすべて吸い込んだかのような歌声。圧倒的な虚無感が全編を覆い尽くす、メランコリック・チューン。
07サイレン
2ndアルバム『ソルファ』収録曲。まるでサイレンのように唸るギターのイントロが印象に残る、力強くも切ないロック・ナンバー。“存在証明を鳴らせ”と叫びながらも、曲全体を包む無常が感じられる。
08Re:Re:
2ndアルバム『ソルファ』収録。青い気持ちを捨てられないからこその葛藤を歌った、憂いあるロック・ナンバー。同アルバム全体を通じた“繋がっていたい”というテーマがとりわけ強く表われている。
0924時
2ndアルバム『ソルファ』収録。ギターのディストーションがとりわけ印象に残る切ない青春ソング。眠らない街・東京をイメージに、否応なしに襲いかかってくる孤独感を、屈折したメロディが増幅させる。
10真夜中と真昼の夢
一本気でストレートなロックンロールではなく、今までにはなかったポップなテイストのアジカンが楽しめる一曲。日本語のリリックにこだわり続ける彼らの、もはや文学的とも言える詩世界にも注目したい。
11海岸通り
どうにも抗いきれない劣情、痛切な想いを歌い続ける彼らだが、このナンバーは明日への推進力にもなるであろうポジティヴ・チューンに仕上がっている。それはまるで、優しい風がそっと頬を撫でるがのごとく。
12ループ&ループ
2ndアルバム『ソルファ』からのシングル曲。ポップなメロディにポジティヴな歌詞を乗せ、彼らの持つ陽の部分が出た軽快なナンバー。屈折した感情はなく、あくまで前向きな歌詞が強く印象に残る。
仕様
初回のみスリーヴケース付き
タイアップ
  • 「ループ&ループ」 - スズキ「choinori」
封入特典
  • ステッカーシート(初回のみ)
アーティスト
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
    日本のロック・バンド。1996年に関東学院大学の音楽サークルで結成。メンバーは後藤正文(vo,g)、喜多建介(g,vo)、山田貴洋(b,vo)、伊地知潔(ds)。愛称は“アジカン”。2002年のミ二・アルバム『崩壊アンプリファー』が話題を呼……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015