クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー / サム・ラウド・サンダー

はてなブックマークに追加
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー / サム・ラウド・サンダー
CD
ミニ・レビュー
フレーミング・リップスなどで有名なデイヴ・フリッドマンをプロデューサーに迎えた話題のセカンド。サイケ風味を増した音作りは予想どおりだが、バンドの基本的なアレンジとともにアレック・オンスワースのメロディと歌という個性が際立っているのはさすが。
ガイドコメント
ニューヨークはブルックリン出身の5人組ロック・バンド、クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーの2ndアルバム。デイヴ・フリッドマンをプロデューサーに迎えた本作では、より進化したパワフルなサウンドを聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2007/1/15)  ⇒  15位 (1/22)  ⇒  26位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2007/1/15)  ⇒  15位 (1/22)  ⇒  16位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2007/1/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2007/1/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2007/1/15)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/1/15)  ⇒  5位 (1/22)  ⇒  9位 (1/29)
収録曲
01SOME LOUD THUNDER
強烈に歪んだ音像で構築された異形のポップ・ソング。フレーミング・リップスやナンバーガールなどを手掛けたプロデューサーのデイヴ・フリッドマンの個性が存分に発揮された、プログレッシヴなサウンド・プロダクションだ。
02EMILY JEAN STOCK
3コードの旨味を活かしたシンプルなコード進行とキャッチーなメロディ・ラインの組み合わせがクセになるギター・ロック。音の隙間を縫うように奏でられる奔放なフィードバック・ギターがリスナーをトランス状態へと誘う。
03MAMA, WON'T YOU KEEP THEM CASTLES IN THE AIR AND BURNING?
アコースティック・ギターのウォール・オブ・サウンドとドリーミーなコーラス・ワークがシンクロして生み出すメランコリックなポップ・チューン。アレック・オンスワースの柔らかい歌声が、どこまでも優しく、伸びやかに響きわたる。
04LOVE SONG NO.7
ピアノの弾き語りを基調としたミディアム・ナンバー。リヴァーブ効果によって遠くで演奏されているかのように聴こえるパーカッションの音色や、不安定なコーラス・ワークなどによって楽曲の寂し気な雰囲気が強調されている。
05SATAN SAID DANCE
まさにタイトルそのままのタイトなリズム・セクションが楽曲全体を引っ張っていくダンス・ナンバー。フリーキーなフレーズを奏でるピアノとエレクトリック・ノイズの応酬が謎めいた美しさと緊張感を生み出している。
06UPON ENCOUNTERING THE CRIPPLED ELEPHANT
アコーディオンとオルガンによって奏でられる1分弱のインストゥルメンタル・ナンバー。ワルツのゆったりとしたリズムと、ストリートの空気がそのまま伝わってくるかのようなザラザラとしたサウンドの質感が魅力的だ。
07GOODBYE TO MOTHER AND THE COVE
左右のチャンネルに置かれたクリアなトーンのエレクトリック・ギターが、静かな、しかし緊張感に満ちたバトルを展開するトリップ・ロック・チューン。さざなみのように繊細で表情豊かなバンド・アンサンブルがお見事!
08ARM AND HAMMER
アコースティック・ギターの弾き語りから始まるポップなギター・ロック・チューン。肩の力の抜けたバンド・アンサンブルと強烈なコンプレッションのかかったサウンドのミスマッチが何ともいえない不思議な魅力を醸し出している。
09YANKEE GO HOME
ドラムスの地を這うような重たいサウンドが前面に押し出されたスロー・ナンバー。ブルージィなフレーズを奏でるエレクトリック・ギターに絡みつくように、アレック・オンスワースがねっとりと情熱的に歌い上げている。
10UNDERWATER (YOU AND ME)
大きめの音量でミックスされたベース・ギターが、サウンドの中心にどっしりと構えるロック・ナンバー。装飾音として鳴らされるエレクトリック・ギターの甲高いキラキラとした音色が、メロディ・ラインの流麗な美しさを際立たせている。
11FIVE EASY PIECES
ジャック・ニコルソン主演のアメリカン・ニューシネマの名作からタイトルを頂いたサイケデリック・ロック・チューン。強烈なリヴァーブのかかったメイン・ヴォーカルと牧歌的なバンド・アンサンブルの絡みが生み出す酩酊感が心地良い。
12THE SWORD SONG
音圧の高いアコギのコード・ストロークを中心に組み立てられた、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド調のギター・ポップ・ナンバー。哀愁漂うメロディ・ラインをアレック・オンスワースがけだるく歌い上げている、『サム・ラウド・サンダー』の日本盤ボーナス・トラック。
(12)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー
    米・ニューヨーク・ブルックリン出身のロック・バンド。略称は“CYHSY”。バンド名は街頭の壁の落書きに由来。2004年に結成。翌年の完全自主制作となったセルフ・タイトル・アルバムが口コミやネットで話題となった後、世界的な評価を獲得。続く20……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015