ソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜

はてなブックマークに追加
ソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SONAPOKEISM 4
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャパン
  • 規格品番:
    TKCA-73875
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜をAmazon.co.jpで購入するソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜をHMV.co.jpで購入するソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜を楽天ブックスで購入するソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜を@TOWER.JPで購入する
    ソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜を山野楽器で購入するソナーポケット / ソナポケイズム(4)〜君という花〜をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
『ソナポケイズム』第4弾は、淡い春の光を思わせるみずみずしい作品。キャッチーなハイ・トーンとビートを支えるミドル・トーンのツイン・ヴォーカルが縦横無尽に歌うスタイルは、とてもまぶしくせつない。陳腐にならず、有り体にならず、この愚直な自然体を貫くことが彼らの“音楽”なのだろう。
ガイドコメント
2013年2月6日リリースの、ソナーポケットの4thアルバム。「月火水木金土日。」「君と見る未来。」「キミ記念日」といったシングルや2012年春以降の配信曲を収録。切ないラヴ・チューンやアッパー・チューンなど、ソナポケ度満開の渾身作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    32位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    18位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2013/2/4)  ⇒  19位 (2/11)
収録曲
01月火水木金土日。〜君に贈る歌〜
いつでも側に感じる君の存在への感謝と二人の未来を誓う、“拝啓 親愛なる君へ”の歌詞から始まる手紙のような親密さを持った一曲。疾走感のあるストリングスと軽快なピアノが爽やかなロック・チューンに乗せて、あふれる熱い思いを伝える。
02キミ記念日〜生まれて来てくれてアリガトウ。〜
大切な恋人へ“生まれて来てくれてアリガトウ!”と、心底愛しい気持ちを綴ったバースデイ・ソング。流麗なストリングスの音色と4つ打ちリズムで、幸せな気持ちを盛り上げてくれる。ko-daiとeyeronの軽快なマイクリレーも楽しい。
03失恋〜君は今、幸せですか?〜
まさにタイトルどおり、別れてから相手の大切さに気づいて“君は今、幸せですか?”と心の中で問いかける失恋ソング。ピアノとストリングスの寂寥感あふれる旋律、シリアスかつ情感たっぷりに歌い上げるko-daiのヴォーカルが光るバラードだ。
04サマーデイズ!
小気味よいギター、エレクトリックなドラムでハイパーに展開する楽しいサマー・チューン。心躍る季節に盛り上がっていく二人の恋……。ライヴでタオルをぶんぶん振り回して盛り上がること間違いなしの、開放感あふれる一曲だ。
05NEW WORLD
ネットの世界に縛られ、自分を見失っている人の気持ちを解放するようなシリアスな歌詞が沁みる。いつになくワイルドな二人のヴォーカル、重厚なドラミング、メタリックなギターがスリリングに絡み合うヘヴィ・ロック・チューンだ。
06光り (eyeronソロ)
作詞作曲も手掛けたeyeronのソロ曲。ちょっと気持ちが弱くなって甘えたくなる時、励ましてもらいたい時……そんな気持ちに寄り添うような優しい歌詞がすっと心に入ってくる。ミッド・バラードながらも跳ねるようなリズムが、明るい気持ちにさせてくれる。
07Long Distance Love
遠距離ゆえの寂しさ、距離があるからこそ募る愛しさを“寂しさ×時間”と表現。Cメロのko-daiのファルセット・ヴォイスが切なさを増幅する。ファンキーなギターや跳ねるベース、エレポップなシンセが融合した、アーバンかつカラフルなポップ・ソングだ。
08君と見る未来。
なんと歌詞に“LINE”が登場。等身大のリアルさが若者に共感を呼ぶソナポケらしい、ポジティヴな恋愛ソングだ。ストリングスのエレガントさ、想いを真摯に伝えるヴォーカルは、ウェディング・ソングの新たな定番としても◎。
09応え (ko-daiソロ)
作詞作曲も手掛けたko-daiのソロ曲。“夢を掴みに行くから見とけよ”。男同士の友情、夢を追いかける恋人、いろんなシチュエーションに当てはまる熱い応援歌だ。出会いと別れのシーズンにぴったりのミディアム・バラード。
10命ある限り
失敗や悩みがあっても、みんな同じ明日に向かって生きてるんだ! と聴き手を鼓舞する、疾走感あふれるロック・チューン。強烈にポジティヴなメッセージとあっけらかんとした歌い方が心を軽くする。終盤に出てくる“強く生きるための3つのワード”は聴き逃し厳禁。
11パーティータイム!
陽気なホーン隊、スカ・ビートに合わせて跳ねるピアノ、ko-daiとeyeronの掛け合いも楽しい、頭をからっぽにして音に身を任せたくなるお祭りソング。パーティが終わった後の一抹の寂しさにも似た、Cメロの切ないメロディがいいアクセントになっている。
12
“君の笑顔の花”を咲かせるために、これから先どんなことがあってもずっと支えていくよという、あたたかな包容力にあふれたミディアム・バラード。壮大なストリングスや感動を誘うメロディ・ラインが光る。映画『ひまわりと子犬の7日間』主題歌。
13365日のラブストーリー。 (アコースティック ver.)
ソナポケの名前を一躍有名にした2011年のシングル曲のアコースティック・ヴァージョン。“いつだって君と一緒にいたい!”というストレートな想いが、ピアノ、アコギのみのシンプルな伴奏に映える。音数が少ないので、いっそうハモリがよく聴こえる。
(13)ボーナストラック
タイアップ
  • 「キミ記念日〜生まれて来てくれてアリガトウ。〜」 - よみうりランド「ジュエルミメーション 2012」キャンペーンソング
  • 「花」 - 松竹「ひまわりと子犬の7日間」主題歌
  • 「君と見る未来。」 - テレビ朝日「Break Out」エンディング・トラック
  • 「君と見る未来。」 - 毎日放送「ロケみつ ザ・ワールド」エンディング・テーマ
  • 「月火水木金土日。〜君に贈る歌〜」 - テレビ神奈川「MUSIC B.B.」エンディングテーマ
  • 「月火水木金土日。〜君に贈る歌〜」 - 千葉テレビ「MUSIC LAUNCHER」オープニングテーマ
  • 「失恋 〜君は今,幸せですか?〜」 - 九州朝日放送「ドォーモ」エンディングテーマ
  • 「失恋〜君は今,幸せですか?〜」 - テレビ朝日「Break Out」エンディング・トラック
アーティスト
  • Sonar Pocket
    2005年、愛知・名古屋で結成された音楽ユニット。愛称は“ソナポケ”。ユニット名は“Sonar(響く、共鳴する)+ Pocket(包み込む)”で聴き手の心を優しく包み込み、熱い気持ちが心に響いてほしいという願いから。当初はko-daiとey……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015