MOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSS

はてなブックマークに追加
MOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SONG FOR TALES OF THE ABYSS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86193
  • 価格:
    2,200 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    MOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSSをAmazon.co.jpで購入するMOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSSを@TOWER.JPで購入するMOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSSをHMV.co.jpで購入するMOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSSを楽天ブックスで購入するMOTOO FUJIWARA / SONG FOR TALES OF THE ABYSSをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
BUMP OF CHICKENの藤原基央による、ナムコの『TALES OF THE ABYSS』のゲーム音楽。BUMP OF CHICKENの世界とはまたひと味違う、インスト音楽の世界が楽しめる。また主題歌「カルマ」は、BUMP OF CHICKENが全面参加。
ガイドコメント
BUMP OF CHICKENの藤原基央がナムコのRPG『TALES OF THE ABYSS』の主要BGMを書き下ろしたサントラ盤。主題歌「カルマ」をはじめ、ゲーム・ストーリーと密接にリンクした世界観が堪能できる。BUMPファン、ゲーム・ファンどちらも注目だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/3/20)  ⇒  12位 (3/27)  ⇒  27位 (4/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2006/3/20)  ⇒  20位 (3/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2006/3/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2006/3/20)  ⇒  4位 (2014/4/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2006/3/20)  ⇒  10位 (3/27)  ⇒  5位 (2014/5/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/3/20)  ⇒  7位 (3/27)  ⇒  10位 (4/3)
収録曲
01譜歌 (quartet)
ナムコのRPGゲーム『TALES OF THE ABYSS』で繰り返し奏でられる「譜歌」を弦楽四重奏でレコーディング。丁寧なストリングス・アレンジによって、藤原基央がメロディに込めた豊かな感情を見事に表現している。
02meaning of birth
BUMP OF CHICKENの「カルマ」の変奏曲。打ち込みによるオーケストラ・アレンジの特性を活かした、広大な地平を想い起こさせる壮大な雰囲気は、“生まれた意味”を追い求める冒険者のテーマに相応しい。
03promise
スローにアレンジした「カルマ」を打ち込みによって作り出した弦楽四重奏で演奏し、まるで教会の中で演奏されているかのような厳かな空気感を表現。藤原基央の作曲家としての新たな魅力を垣間見せてくれる楽曲だ。
04time to raise the cross
「abyss」をアレンジしたピアノのアルペジオをイントロに、吹奏楽器を前面に押し出した、東洋風な響きを持つ主旋律に突入。リズムを強調したアレンジは、ロック・バンドのメンバーならではのものといえるだろう。
05in between 1 and 0
「カルマ」のメロディ・ラインの一部を抜粋して作られた小品。オリジナルとはコード進行を変えることによって、同じメロディでもまったく違った表情を見せてくれる。歩き始めた赤ん坊のような、ゆったりとしたテンポが耳に優しい。
06a place in the sun
低音を強調したリフレインと、転調を繰り返すメロディ・ラインの絡みが重厚かつ迫力満点。「time to raise the cross」と「finish the promise」を繋ぐ重要曲だ。
07mirrors
「カルマ」のメロディをピアノと鉄琴で演奏。音の隙間を活かしたアレンジによって、旋律の中に潜む儚さや切なさを浮き彫りにしてみせている。右チャンネルで鳴らされる、心臓の鼓動のようなリズムが耳に心地良い。
08finish the promise
テクノやハウスを通過した現代的なループ・サウンドの上に、伝統的なオーケストラの音を乗せた意欲作。「time to raise the cross」「a place in the sun」と続いてきた3部作の完結編。
09譜歌 (song by Tear)
『TALES OF THE ABYSS』に登場する“Tear”こと声優のゆかなによって歌われる、荘厳かつ崇高なナンバー。歌詞はゲームの中で登場する古代語“フォニスコモンマルキス”で綴られている。
10promise (live)
弦楽器のチューニングをイントロにすることによって、レコーディング時の緊張感が伝わってくる「カルマ」の変奏曲。ケルティック・ハープの音色が隠し味。BUMP OF CHICKENの「カルマ」の前奏曲という役割も果たしている。
11カルマ (BUMP OF CHICKEN)
疾走感あふれるビートと、ギターの鋭いカッティング、そして分厚いコーラスががっちりと噛み合って生まれた、かつてないほどドラマティックなロックンロール。藤原基央の堂々としたヴォーカルには、どこか神々しさが漂う。
12abyss
『TALES OF THE ABYSS』の導入部分で使われた、“はじまり”を予感させるミステリアスなナンバー。ピアノのアルペジオにフルートが重なるシンプルなアレンジの中に込められた豊かな感情が、耳を引きつけてやまない。
13譜歌 (solo)
「譜歌」のヴァイオリンによる独奏ヴァージョン。ハーモニーを奏でる楽器がないことによって、メロディ・ラインのシンプルな美しさが際立つ仕上がりとなった。演奏者の息遣いまでもが聴こえてきそうな臨場感だ。
仕様
初回のみハードカバータイプ特殊パッケージ
封入特典
  • ハードカバータイプ特殊パッケージ(初回のみ)/本人による「譜歌」直筆スコア/本人によるセルフライナー及びBUMP OF CHICKEN Dr.升秀夫によるライナー
アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015