ウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズ

はてなブックマークに追加
ウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SONGS ABOUT GIRLS
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(海外)
  • レーベル:
    インタースコープ / will.i.am
  • 規格品番:
    UICA-1035
  • 価格:
    2,304 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズをAmazon.co.jpで購入するウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズを@TOWER.JPで購入するウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズをHMV.co.jpで購入するウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズを楽天ブックスで購入するウィル・アイ・アム / ソングス・アバウト・ガールズをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ほとんど曲間のないダンス・オリエンテッドな作風にして、耳に焼き付くメロディックないい曲揃い。欧州ハウス系(!)の数曲にもプライベートな彼ならではの響きがあり、歌にラップにと大奮闘。制作業にも多忙なブラック・アイド・ピーズの中核が発表した待望のソロ作。
ガイドコメント
“ブラック・アイド・ピーズの頭脳”ことウィル・アイ・アムの2007年9月発表のソロ・アルバム。独特のサンプリング・センスや中毒性の高いメロディ・メイキングが遺憾なく発揮された一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2007/9/17)  ⇒  10位 (9/24)  ⇒  13位 (10/1)  ⇒  37位 (10/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2007/9/17)  ⇒  14位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/9/17)  ⇒  4位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/9/17)  ⇒  4位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2007/9/17)  ⇒  6位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/9/17)  ⇒  10位 (9/24)
収録曲
01OVER
エレクトリック・ライト・オーケストラの「イッツ・オーヴァー」を拝借した、アルバム『ソングス・アバウト・ガールズ』の冒頭曲。“愛は終わり、気分はダウン、ダウン……”という虚無感を歌う。ビートルズ作風のブリッジが入るなど、演出が細やかなミッド・チューン。
02HEARTBREAKER
ナールズ・バークレーのシーローがバック・ヴォーカルで参加したミッド・チューン。“ゴメン、傷つけるつもりじゃなかった……”と男の憔悴した様子を歌った内容。中盤までは軽快に進むも、悲しみに暮れるようなギター&ベースがいい味を醸すアウトロへの展開が秀逸。
03I GOT IT FROM MY MAMA
今はイケてる彼女でもそのママが不細工なら娘もそうなるよという、男性へのキツイ忠告ソング。イントロからこの楽曲のサウンドのノリを支えているのは、87年にマガジン60が放ったスマッシュ・ヒット「ドン・キホーテ」のループだ。
04SHE'S A STAR
ポロウ・ダ・ドンのプロデュースによるミディアム・スロー・チューン。全体的にじわじわと不穏な空気や緊張感が走るようなマイナーなメロディ・ラインだが、内容は“愛する人は俺のスターさ”というラヴ・ソング。終盤の“ブリン、ブリン”で緊張がほぐれる感じだ。
05GET YOUR MONEY
M.A.N.D.Y.vsボッカ・シェイドのフロア・ヒット「ボディ・ランゲージ」を大胆に配したファンキー・ハウス。勢いよく挟み込まれるギターとエレクトロ・ハウス特有の浮遊感の融合が斬新。内容は、ストリッパーはビジネス・ライクで金を稼ぐという話。
06THE DONQUE SONG
スヌープ・ドッグをフィーチャーしたアッパー・チューン。中毒性の高い変態的なビートを配したアンビエントなダンス・トラックだが、歌ってるのは“彼女のオシリはでっかいぜ!”というチープな内容。“ダ・ドン、ダ・ドン”というフレーズも病みつきに。
07IMPATIENT
カニエ・ウェストをフィーチャーしたエステルのヒット曲「アメリカン・ボーイ」の元ネタ。ほぼインストのような、80年代的なアプローチを施したテクノ・ビートの上で繰り返し歌われるのは、“君の愛が待ちきれないぜ”というシンプルなメッセージだ。
08ONE MORE CHANCE
フェルナンド・ギャリバイのプロデュースによるダンス・チューン。ウィル・アイ・アムがライミングから歌唱へと大車輪のごとく活躍しており、“もう一度チャンスをくれたなら今度こそ思う存分愛してみせるよ”と歌っている。
09INVISIBLE
彼女にとって俺は“透明人間”みたいなものだったのさと、恋愛の終焉を綴ったナンバー。アコギが特に印象的な、いたってシンプルに刻まれていくリズムと抑え気味のヴォーカルが、状態の深刻さと嫌悪感を物語っている。
10FANTASTIC
引用は、Z・トリップがリミックスしたジャクソン5「帰ってほしいの」(アイ・ウォント・ユー・バック)。ヴォーカルのメロディ・ラインではビートルズ「ヘルプ」を想起させるようなフレーズも。恋人関係が終わった後の心境を“ファンタスティック”と表現している。
11FLY GIRL
女性へのプロポーズ・ソング。“君だけがいれば誰も必要ないよ”というコーラスを後押ししているのは、意志の強さを感じさせるキレのいいパーカッションのリズム。“エイ! エイ!”というおどけたフレーズも出るが、それと紳士的なギャップがウィルの真骨頂か。
12DYNAMITE INTERLUDE
アルバム『ソングス・アバウト・ガールズ』収録のインタールード。マイケル・ジャクソン「スリラー」を想起させるスリリングなコーラスとギターを中心に進められる1分20秒のトラックだが、詞の内容は“こっちに来て愛し合おうぜ”というお誘いソング。
13AIN'T IT PRETTY
ファーギー「ロンドン・ブリッジ」でも知られるポロウ・ダ・ドン制作によるミッド・チューン。“彼女ってラヴリーだよね”“なんてカワイイんだ、彼女”という男視線の単なるナンパ・ソングだが、“後光が差してるよ”とまで言い切る軽薄さがウィルらしい。
14MAKE IT FUNKY
ウィル自身制作の、ブラジルのバイレ・ファンキのヴァイブスを盛り込んだアッパー・ファンク。分厚いボトムと下世話さを醸し出す照りのあるサウンドが魅力で、ゲットー感とオリエンタルが見事に融合したダンス・トラックへと昇華している。リオ・デ・ジャネイロ録音。
15S.O.S (MOTHER NATURE)
女の子のことばかりを歌った『ソングス・アバウト・ガールズ』というアルバムにあって、唯一シリアスなテーマを掲げたミディアム・トラック。愚かな争いや金に目がくらんで止まない人間の現状に際し、“天使を地球に送って救ってくれ”と神に懇願している。
16MAMA MIA
レイ・チャールズ「ホワット・アイド・セイ」をサンプリングするという意外性が効いているビート・ナンバー。“ママ・ミア、ママ・ミア”という軽いノリのフレーズに見合うように、男が“アンタは要なし、もう新しい彼女と毎晩楽しんでるから”と告げる三行半ソング。
17SPENDING MONEY
彼女のために銀行ごと金を使おうとうそぶく究極の金持ちソング。“オレは金以外何もないけど”“愛は金で買えないっていうけど彼女を手に入れたぜ”と嫌味にも聞こえるフレーズが続くが、軽快なリズムとひょうきんさを持ち合わせたトラックによって溜飲を下げている。
18DAMN DAMN DAMN
リル・ジョンのプロデュースによるクールなビート・トラック。だが、リリックは“彼女のメロンみたいな胸をつかみたい”だの“リンゴのようなオシリにかじりつきたい”だのという単なる男の欲望ソング。タイトルは“マジですげえ!”“最高だぜ”というスラング。
(16)(17)(18)ボーナストラック
タイアップ
  • 「I Got It From My Mama」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」オープニングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/「ふくろうロゴ」ステッカー
アーティスト
  • ウィル・アイ・アム
    1975年3月15日、米ロサンゼルス出身。ヒップホップ・グループ“ブラック・アイド・ピーズ”のメンバーでブレーン的存在。プロデューサーとしてもポップ・シーンの第一線で活躍している。ロサンゼルスを拠点にダンサーとして活動しはじめ、ファーサイド……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015