マルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]

はてなブックマークに追加
マルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]
CD
再発
  • アーティスト:
  • 原題:
    SONGS ABOUT JANE
  • ジャンル:
    ロック&ポップス
  • レーベル:
    J RECORDS
  • 規格品番:
    BVCP-24048
  • 価格:
    2,095 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    マルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]をAmazon.co.jpで購入するマルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]をHMV.co.jpで購入するマルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]を楽天ブックスで購入するマルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]を@TOWER.JPで購入する
    マルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]を山野楽器で購入するマルーン5 / ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
2003年発売のアルバムに、ボーナス・トラック2曲を追加し、ジャケットを新たにしたリパッケージ盤。前身のカーラズ・フラワーズのポップさにスケール感とレトロ感が増したサウンドが心地よい。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    13位 (2005/2/14)  ⇒  17位 (2/21)  ⇒  36位 (2/28)  ⇒  37位 (5/2)  ⇒  33位 (5/16)  ⇒  28位 (5/23)  ⇒  20位 (5/29)  ⇒  19位 (6/6)  ⇒  26位 (6/13)  ⇒  38位 (6/20)  ⇒  26位 (6/27)  ⇒  21位 (8/15)  ⇒  23位 (8/22)  ⇒  21位 (9/12)  ⇒  27位 (9/19)  ⇒  27位 (9/26)  ⇒  25位 (10/3)  ⇒  14位 (10/10)  ⇒  16位 (10/17)  ⇒  11位 (10/24)  ⇒  15位 (10/31)  ⇒  31位 (11/7)  ⇒  27位 (11/28)  ⇒  33位 (12/4)  ⇒  28位 (12/12)  ⇒  31位 (12/19)  ⇒  10位 (2006/1/2)  ⇒  16位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2005/2/14)  ⇒  14位 (6/6)  ⇒  19位 (6/13)  ⇒  13位 (8/15)  ⇒  20位 (8/29)  ⇒  17位 (9/5)  ⇒  20位 (9/12)  ⇒  13位 (10/10)  ⇒  11位 (2006/1/2)  ⇒  13位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2006/1/2)  ⇒  9位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2005/8/22)  ⇒  9位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2005/2/14)  ⇒  10位 (2/21)  ⇒  9位 (8/15)  ⇒  7位 (9/5)  ⇒  7位 (9/12)  ⇒  8位 (9/19)  ⇒  10位 (10/3)  ⇒  10位 (10/10)  ⇒  8位 (10/24)  ⇒  8位 (10/31)  ⇒  6位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/9)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    9位 (2005/2/14)  ⇒  7位 (2/21)  ⇒  15位 (2/28)  ⇒  13位 (5/29)  ⇒  11位 (6/6)  ⇒  15位 (6/13)  ⇒  15位 (6/27)  ⇒  11位 (8/15)  ⇒  9位 (8/22)  ⇒  11位 (9/12)  ⇒  10位 (9/19)  ⇒  14位 (9/26)  ⇒  11位 (10/3)  ⇒  5位 (10/10)  ⇒  3位 (10/17)  ⇒  2位 (10/24)  ⇒  3位 (10/31)  ⇒  9位 (11/7)  ⇒  10位 (11/14)  ⇒  10位 (11/21)  ⇒  8位 (11/28)  ⇒  6位 (12/4)  ⇒  7位 (12/12)  ⇒  8位 (12/19)  ⇒  4位 (2006/1/2)  ⇒  6位 (1/9)  ⇒  14位 (1/16)
収録曲
01HARDER TO BREATHE
ロング・ヒットを記録したアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』よりシングル・カットされたナンバー。ロック・バンドとしてエッジの効いたサウンドに、ソウル・ミュージックの影響を感じさせるコーラスがファンキーな印象を与えている。
02THIS LOVE
03SHIVER
目の前の君に“身震い=シヴァー”してしまうぐらいの挑発的なセクシーさを歌ったドキドキの一曲。アクセントのエレクトリック・シタールが妖艶なムードを演出している。アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』収録。
04SHE WILL BE LOVED
アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』からシングル・カットされた人気のラブ・ソング。片想いのむなしさを表す憂鬱な空気を抱えて始まる曲も、前向きに開かれていく歌詞に合わせて明るく開放的に展開。
05TANGLED
アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』に収録され、荘厳なバンド・アンサンブルで魅せたミディアム・チューン。ファンキーなフレーズをたたき出すそれぞれの楽器を、ゆったりとしたグルーヴでまとめ上げている。
06THE SUN
ルーツ・レゲエを思わせる土着的なサウンドと彼らの得意とするソウル風味のロックを融合させた曲。ロック・バンドのポジションから幅広い音楽性を発揮している。アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』収録。
07MUST GET OUT
アダム・レヴィーンの艶やかなヴォーカルを自由自在に響かせたミディアム・ナンバー。アコースティックをベースにしたシンプルなバンド・サウンドは、おだやかなラブ・ソングを表現するのにぴったりの爽やかさだ。
08SUNDAY MORNING
TOYOTA「ヴィッツ」のCM曲として話題となったミディアム・バラードは、ため息のでるぐらい美しい歌声が特徴的。後半に曲の雰囲気がガラッと変わるビッグ・バンド風のアレンジも、もうひとつの聴きどころ。
09SECRET
シンプルなリムズ・パートとファンキーなギターが絡むR&Bテイストのミディアム・チューン。男女の蜜月の時間を描いた歌詞を、息遣いをたっぷりに聴かせるスウィートな一曲。アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』収録。
10THROUGH WITH YOU
女性ゴスペルのコーラスを従えたブラック色の強いソウル・ミュージックを、彼らのオーガニックなバンド・サウンドで料理。すると都会的なイメージのポップスに様がわり。アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』収録。
11NOT COMING HOME
Rumbo Stadiumで行なわれたライヴ・テイク。ファンの歓声や白熱する演奏の熱気を、そのまま閉じ込めています。ギターにワウ・ペダルを思いっきり使用した、正統派のソウル/ファンク・ナンバー。
12SWEETEST GOODBYE
メロディアスなフレーズをかき鳴らすブルージィなギターが、せつなく響くミディアム・ナンバー。“人生で一番スウィートな別れの言葉”について描かれた短編フィルムのように、ストーリー性のある詞も魅力的です。
13RAGDOLL
間奏でのピアノ・ソロなど、リズムやフレーズにジャズのエッセンスを取り込み、ムードたっぷりに仕上げた曲。ロック・バンドのダイナミズムを見せながら、繊細なサウンド・メイクや雰囲気作りにこだわった作品。
14THIS LOVE
MC、そしてプロデュース業でも名を馳せるブラック・ミュージック界の巨匠カニエ・ウェストによるリミックス・ヴァージョン。パーカッシヴなピアノやオーケストレイションで、ソウルフルな声を生かした黒っぽい仕上がりに。
15THIS LOVE
数々のラジオ局でパワー・プレイされ、彼らの知名度をぐっと上げたこの曲。元はポップネスが際立つロックのアプローチだったが、アコースティック・ヴァージョンではテンポを落としてアーバン・ソウルの趣にチェンジ。
16ハーダー・トゥ・ブリーズ (Live Acoustic)
シングルにもなったファンク・ナンバーのアコースティック・ライヴ・テイク。パーカッションでリズムをとることで曲の雰囲気はラテンの調べに。ヴォーカルもライヴの熱気を帯びて、グッと情熱的になっている。
タイアップ
  • 「サンデイ・モーニング」 - TOYOTA「ヴィッツ」
  • 「シー・ウィル・ビィ・ラヴド」 - ノエビア
アーティスト
  • マルーン5
    米・ロサンゼルス出身のポップ・ロック・バンド。1994年よりアダム・レヴィーンとジェシー・カーマイケルを中心とした4人組、カーラズ・フラワーズとして活動し、5人編成となった2001年を機に現グループ名に改名。翌年のメジャー・デビュー作『ソン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015