スティーヴィー・ワンダー / キー・オブ・ライフ [2CD] [UHQCD] [限定]

はてなブックマークに追加
スティーヴィー・ワンダー / キー・オブ・ライフ [2CD] [UHQCD] [限定]
限定
ガイドコメント
70年代のミュージック・シーンを代表する大名盤。14週連続全米1位を獲得し、1976年のグラミー賞を総なめにした作品で、デューク・エリントンに捧げた「愛するデューク」や長女への愛しい気持ちを歌った「可愛いアイシャ」などを収録。
収録曲
[Disc 1]
01LOVE'S IN NEED OF LOVE TODAY
02HAVE A TALK WITH GOD
03VILLAGE GHETTO LAND
04CONTUSION
05SIR DUKE
06I WISH
07KNOCKS ME OFF MY FEET
08PASTIME PARADISE
09SUMMER SOFT
10ORDINARY PAIN
[Disc 2]
01ISN'T SHE LOVELY
02JOY INSIDE MY TEARS
03BLACK MAN
04NGICULELA-ES UNA HISTORIA - I AM SINGING
05IF IT'S MAGIC
06AS
07ANOTHER STAR
08SATURN
09EBONY EYES
10ALL DAY SUCKER
11EASY GOIN' EVENING (MY MAMA'S CALL)
仕様
UHQCD
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • スティーヴィー・ワンダー
    1950年米国ミシガン生まれ。12歳でデビューし、盲目の天才少年シンガーとして脚光を浴びる。71年にはすべての作業を自らの管理下において制作した『青春の軌跡』を発表し、モータウン・サウンドから脱却。その後も従来のソウルにとらわれない斬新なサ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015