SOUL'd OUT

はてなブックマークに追加
SOUL'd OUT
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SOUL' D OUT
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    SME Records
  • 規格品番:
    SECL-19
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SOULSOULSOULSOULSOUL
ミニ・レビュー
突然現れて話題をさらってシングルヒット3曲を飛ばした、新世代ヒップホップの一つの道しるべともいうべきファースト。ルーツはジャム&ルイスというトラック・メイカーの作る80'sっぽいノリと、イマふうのテクノロジーがうまく合体してる。早口ラップも快感。
ガイドコメント
「ウェカピポ」「Flyte Tyme」と、デビュー以来スマッシュ・ヒットを連発してきたSOUL'd OUTの待望の1stアルバム。オリジナルなサウンド・スタイルとパフォーマンスは圧巻だ。
ガイドコメント
「ウェカピポ」「Flyte Tyme」と、デビュー以来スマッシュ・ヒットを連発してきたSOUL'd OUTの待望の1stアルバム。オリジナルなサウンド・スタイルとパフォーマンスは圧巻だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2003/8/25)  ⇒  16位 (9/1)  ⇒  26位 (9/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2003/8/25)  ⇒  11位 (9/1)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2003/8/25)  ⇒  6位 (9/1)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2003/8/25)  ⇒  6位 (9/1)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2003/8/25)  ⇒  6位 (9/1)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2003/8/25)  ⇒  4位 (9/1)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2003/8/25)  ⇒  8位 (9/1)  ⇒  9位 (9/8)  ⇒  17位 (9/15)
収録曲
01Thunder Storm (Intrumental)
記念すべきデビュー・アルバムのオープニング・インスト・ナンバー。オーセンティックなブレイクビーツとドラマティックな響きを持つストリングスを絡めることで、「ここから、何かがはじまる!」という期待感を膨らませてくれる。
02ウェカピポ
新世代アーバン・ヒップホップを牽引する彼らのデビュー曲。ユニークなライミングの交差に、ダンクラ・テイスト満載のサウンドが心躍らせる。強く生きたいヤツはこれ聴いて“Wake Up People”(目を覚ませ!)。
03Interlude:Channel
オールドスクール的な雰囲気を持つ楽曲が、スクラッチ・ノイズ・サウンドのなかへと瞬間的にはさみ込まれるインタールード。わずか15秒で聴く者の意識を覚醒させる、強烈なインパクトを体現した、切れ味とセンスのよさが光るトラックだ。
04SOUL'd OUT is Comin'
“Who's That?!”というシャウトでスタートする、自己紹介的なナンバー。70年代のソウル・ミュージックのエッセンスを感じさせる楽曲で、シャープにキレまくるフロウ、思わず口ずさんでしまいたくなるメロディが見事に一体化している。
05Diggy Diggy Diggy
ファット&ファンキーなリズムに乗って、Diggy-MO'が弾丸ラップを放射しまくる。独特の倍音を含む声質、幅広い音域から生み出されるメロディック・フロウ、抜群の推進力を持つヴァイブレーションが体感できるナンバー。
06円卓の騎士
空間をざっくりと切り裂くスピーディかつ正確なラップが伝えるのは、“どんな状況になろうと、どんな時代に生きていようと、既成の概念に惑わされることなく、自らの道を貫け”という熱いメッセージ。真のヒップホップ・ソウルを体現したといえるナンバー。
07ア アラララァ ア アァ!
Diggy-MO'の独特の破裂的な倍音ヴォイスだけで構成された、英語によるフロウ、というよりアジテーションだ。トラックがなくても、とんでもなく力強いヴァイブスを生み出すスキルに驚かされるが、リリックをじっくり吟味するのも、一興。
08Dream Drive
青空の下、輝く太陽を浴びながら肩を組んで、未来を語り合う……。そんな青春グラフィティのようなポジティヴさが、サウンドや詞に満ちあふれるナンバー。はるかなる地平線に向かって前進するような力強さが感じられる。
09Flyte Tyme (Extended)
心地良い16ビートを刻むギター・カッティング、十分にヘヴィネスをたたえたリズム・アレンジがひとつになった2ndシングル。“WA! シュビドゥバ FEEL ME TONIGHT”というエコーがかった歌い出しが、強烈なインパクトを残すミディアム・ポップ・ナンバー。
10輪舞曲 (ロンド)
タイトル通り、クラシカルなロンドからスタート。ピアノ、アコーディオンなどを効果的に使ったサウンド・メイクのなかで、恋愛の切なさと憂いが入り混じったリリックが舞う、メランコリックな雰囲気が印象的なナンバー。
11GAME
ディストーション・ギターが炸裂し、がっちりと重いビートが全身を貫く、アグレッシヴなダンス・チューン。ロックの要素を採り入れながら、新しい手触りのヒップホップを成立させる、Shinnosukeのセンスが素晴らしい。
12H.B.B Noizzz!
Bro.Hiによるソロ・ナンバー。デビュー当時、すでに「日本のトップレベル」と評されたヒューマン・ビートボックスをたっぷりと堪能できる。肉体が生み出す生々しいグルーヴ、その凄まじさにたっぷりとやられそう。
13See You@Tha HOT SPOT
アルバム『SOUL'd OUT』収録のBro.Hiのヒューマン・ビートボックスを活かした「H.B.B. Noizzz!」からなだれ込むように披露される、オーガニックな響きを持つナンバー。「薄っぺらい連中のことはどうでもいい」と言い放つリリックもはなはだしく強烈。
14Master's Groove (Intrumental)
Shinnosukeによるソロ・ナンバー。ソウル・ミュージックの要素をたっぷりと感じさせるコード・ワーク、どこかAOR的な手触りを持つメロディ、そして、強烈なDJスクラッチが融合した、きわめて個性的なインストゥルメンタルだ。
15Interlude:Break it down
レイ・パーカーJr.の「Hot Stuff」をサンプリングしたトラックをバックに、Diggy-MO'がコール&レスポンス。デビュー時から評価の高いライヴ・パフォーマンスの空気が楽しめる、デビュー・アルバムに収録のインタールード。
16Shut out
ダンス・クラシック・テイストがレールのように敷かれているが、歌謡曲風なメロディを流し込むことによって過度の派手さを抑え、喉元をスッと通るキャッチーなサウンド・プロダクションに技巧を感じるナンバー。
17True to myself
ブラック・ミュージックのエッセンスをJ-POPへとリフォームさせた、ダンサブルなナンバー。スムースに流れていくグルーヴに身を任せているうちに、音楽的な快楽がじんわりと生まれてくるようだ。軽やかにスウィングするフロウも気持ちいい。
18戦士達 天使達〜Livin' for Today〜
金原千恵子ストリングスをフィーチャーした、壮大なスケールを持ったバラード・ナンバー。Diggy-MO'の持つクラシックの素養が伝わるメロディや未来への希望を描いた歌詞が、聴く者の胸を揺さぶってやまない。
仕様
ConnecteD
タイアップ
  • 「Dream Drive」 - テレビ朝日「さまぁ〜ずと優香の怪しいホール貸しちゃうのかよ!!」エンディングテーマ
  • 「Flyte Tyme」 - 日本テレビ「AX MUSIC−TV」AX POWER PLAY 028
  • 「Flyte Tyme」 - 日本テレビ「爆笑問題のススメ」エンディングテーマ
  • 「Flyte Tyme」 - テレビ東京「流派−R」オープニングテーマ
アーティスト
  • SOUL'd OUT
    1999年結成された3人組ユニット。2003年1月にシングル「ウェカピポ」でメジャー・デビュー。同年発表の1stアルバム『SOUL'd OUT』が異例のヒットを記録し、瞬く間に人気ユニットへ。Diggy-MO'の高速ラップとBro.Hiの驚……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015