布袋寅泰 / SOUL SESSIONS

はてなブックマークに追加
布袋寅泰 / SOUL SESSIONS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SOUL SESSIONS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-26167
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    布袋寅泰 / SOUL SESSIONSをAmazon.co.jpで購入する布袋寅泰 / SOUL SESSIONSをHMV.co.jpで購入する布袋寅泰 / SOUL SESSIONSを楽天ブックスで購入する布袋寅泰 / SOUL SESSIONSを@TOWER.JPで購入する
    布袋寅泰 / SOUL SESSIONSを山野楽器で購入する布袋寅泰 / SOUL SESSIONSをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
活動25周年のメモリアル盤となるVS(ヴァーサス)アルバム。うなり、弾けまくるギターが名だたる参加アーティストたちの個性と相まって、すさまじい聴きごたえに! 先行シングル(2)(6)(9)でも予感させためくるめく音世界に、全編を通じて圧倒されるはず。★
布袋寅泰の約1年半ぶりとなるオリジナル・アルバム。RIP SLYME、ブライアン・セッツァー、Charほか、布袋寅泰自身が音楽的にリスペクトする超豪華アーティストと競演。“VS(ヴァーサス)”をテーマに凄まじいセッションを繰り広げる、コンセプチュアルな作品だ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    26位 (2006/12/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    14位 (2006/12/4)
トラックリスト
01QUEEN OF THE ROCK (vs 土屋アンナ)
土屋アンナをシンガーに迎えて送る迫力満点のブギー・ロック・ナンバー。まさに“QUEEN OF THE ROCK”な土屋アンナの、はすっぱな魅力に満ちあふれた歌声に、布袋寅泰が手掛けたパワフルなトラックが絡んで刺激的だ。
02BATTLE FUNKASTIC (vs RIP SLYME)
“MTV TOYOTA MASH UP PROJECT”企画から誕生し、トヨタ「bB」CM曲となった、布袋「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」とRIP SLYME「FUNKASTIC」のマッシュ・アップ・ソング。映画『キル・ビル』のテーマと人気アッパー・チューンという異色の融合は、かなり斬新で爽快だ。
03PHOENIX (vs DAVID SANBORN)
デヴィッド・サンボーンのサックスと布袋寅泰のエレクトリック・ギターが熱く絡み合う、ファンキーなインストゥルメンタル・ナンバー。ブレイク部分では一転してアコースティックなサウンドとなり、楽曲にアクセントを与えている。
04東へ西へ (vs 井上陽水)
井上陽水の代表曲を、井上陽水本人をゲストに招いてデュエット・ソングとしてカヴァー。フォーク・ロック調だった原曲に大胆なアレンジを加え、打ち込みを多用した現代的なハード・ロック・ナンバーとして仕上げている。
05タンタルスの誤読 (vs 町田康)
これまでも布袋寅泰に歌詞を提供してきた町田康が、初めてヴォーカリストとして参加したロックンロール・チューン。四文字熟語がこれでもかと詰め込まれた歌詞には、小説家でもある町田康の個性が存分に発揮されている。
06Stereocaster (album mix) (vs Char)
日本を代表する2大ギタリスト、布袋寅泰とCharの夢の共演が実現したインストゥルメンタル・ロック・チューン。左チャンネルには布袋の、右チャンネルにはCharのギターが置かれ、迫力のギター・バトルが展開される。
07TAKE A CHANCE ON LOVE (vs BRIAN SETZER)
布袋寅泰の盟友であるブライアン・セッツァーとの念願のコラボレーションがようやく実現。ニューヨークと東京間のデータのやり取りを経て完成した、2人の息の合ったツイン・ヴォーカルが楽しめる疾走感満点のロカビリー・ソングだ。
08SINCE 1955 (vs Char)
Charが作詞作曲を手掛けた、3コードのシンプルなロックンロール・ナンバー。布袋寅泰とCharのリラックスした表情を伝える歌とギターの掛け合いの中から、2人のロックンロールに対する真摯な愛情があふれ出している。
09BACK STREETS OF TOKYO (vs BRIAN SETZER)
布袋寅泰とブライアン・セッツァーのツイン・ヴォーカルとツイン・ギターが大フィーチャーされた、ポップなロカビリー・ナンバー。日米の音楽シーンにおける永遠の不良少年の共演を祝福するかのような狂騒のパーティ・ソングだ。
10ボルサリーノ (布袋寅泰&APOLLO 440 vs 葉加瀬太郎)
UKを代表するテクノ・ユニットであるアポロ440が作り上げたダンス・トラックの上で、布袋寅泰のエレクトリック・ギターと葉加瀬太郎のヴァイオリンが激しいバトルを展開。アドレナリン全開のサウンド・タペストリーを披露している。
11MIRROR BALL〜奇蹟の光 (vs 吉田美奈子)
『MONSTER DRIVE』に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバーを、吉田美奈子をヴォーカリストとして迎え、歌ものとしてリメイク。透明な歌声が伸びやかに響きわたる、ドラマティックなバラード・ナンバーだ。
12カラス (vs 中村達也)
中村達也が叩き出すハードなドラミングに触発された布袋寅泰が、とり憑かれたかのように激しくエレクトリック・ギターをかき鳴らす。そんな2人のジャム・セッションの現場の空気が伝わってくる、迫力満点のヘヴィ・ロック・ナンバー。
仕様
初回のみCDエクストラ内容:各セッション・ドキュメント映像〜PVをダイジェストしたプレミアム・ムービー
タイアップ
  • 「BACK STREETS OF TOKYO」 - サッポロビール「スリムス」TV-CMソング
  • 「BATTLE FUNKASTIC」 - TOYOTA「bB」
  • 「BATTLE FUNKASTIC」 - TOYOTA「bB」CMソング
  • 「PHOENIX」 - 日本テレビ「DRAMA COMPLEX」テーマソング
  • 「QUEEN OF THE ROCK」 - 三貴「カメリアダイヤモンド」TV-CMソング
  • 「タンタルスの誤読」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 布袋寅泰
    1962年2月1日生まれ、群馬県高崎市出身のギタリスト/ミュージシャン。82年、BOφWYのギタリストとしてメジャー・デビュー。日本のロック・シーンに多大な影響を与えながら、88年4月に解散。同年10月に『GUITARHYTHM』でシンガー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015