Fire Ball / SOUNDS OF REVOLUTION

はてなブックマークに追加
Fire Ball / SOUNDS OF REVOLUTION
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SOUNDS OF REVOLUTION
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26045
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Fire Ball / SOUNDS OF REVOLUTIONをAmazon.co.jpで購入するFire Ball / SOUNDS OF REVOLUTIONを@TOWER.JPで購入するFire Ball / SOUNDS OF REVOLUTIONをHMV.co.jpで購入するFire Ball / SOUNDS OF REVOLUTIONを楽天ブックスで購入するFire Ball / SOUNDS OF REVOLUTIONをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
97年に結成された3DJ+1SINGERの4人組が放つ5枚目のアルバム。JUNGLE ROOTS、MIGHTY JAM ROCK、RHYMESTERをフィーチャーしながら、クリアなサウンドのレゲエ・チューンを繰り出していく。開放感のある野外にもホールにも似合う一枚だ。
ガイドコメント
4人組レゲエ・クルーの5thアルバム。現場向きのノリノリなナンバーからミディアム・テンポのメッセージ曲まで、バラエティに富んだ仕上がり。コア・ファンも納得のハイ・クオリティな1枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/7/10)  ⇒  13位 (7/17)  ⇒  24位 (7/24)  ⇒  34位 (7/31)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2006/7/10)  ⇒  4位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/7/10)  ⇒  9位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/7/10)  ⇒  2位 (7/17)  ⇒  7位 (7/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2006/7/10)  ⇒  9位 (7/17)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/7/10)  ⇒  7位 (7/17)  ⇒  11位 (7/24)  ⇒  12位 (7/31)  ⇒  20位 (8/14)
収録曲
01INTRO (w/JUNGLE ROOTS)
ブラックかつメロウなベース・ライン、ジャジィなギター・カッティングに導かれて淡々とメッセージを語り上げる、アダルトな雰囲気の小品。モダン・ジャズを意識したアレンジはなんともムーディだ。
02MORNING (w/JUNGLE ROOTS)
爽やかな16ビートのハイハットに、清らかに響くストリングス。ファルセットのコーラスに、豊かな和音が気持ちいいエレクトリック・ピアノ。まさに“清らかな朝”を表現する要素が揃ったミディアム・テンポのポップ・ソング。
03FIRE WAY〜待たせたな〜
三味線にも似た効果音と完全打ち込みのデジタル・トラックという不思議な組み合わせが魅力的。新旧の音楽性を融合させたうえに、勢いたっぷりのラップ&ライムが強烈に炸裂! 聴いているだけで踊り出したくなること請け合いのナンバー。
04KOOMINA
ユーモラスなメロディと男臭さ一直線のライムの対比が楽しい、ハイ・テンポなヒップホップ・ナンバー。金属的なノイズや大太鼓など、種々のサウンドをリズミックに組み合わせたバック・トラックも聴きものだ。
05DEEP REDD (w/JUMBO MAATCH、TAKAFIN、BOXER KID from MIGHTY JAM ROCK)
エスニックな中近東風メロディが印象的なナンバー。80年代の“ピコピコ・サウンド”をバックでふんだんに使用する一方で、複雑に入り組んだリズム・トラックは最先端のデジタル・サウンド。21世紀の温故知新ミュージックがここにある。
06ROOTS (w/JUNGLE ROOTS)
お手本のようなレゲエ・サウンドに真正面から取り組んだ、メロディアスなミディアム・ナンバー。バック・ミュージシャンの確かな演奏技術が、彼らの奔放なヴォーカルを引き立てている。爽やかでシャープな曲調が魅力的なナンバーだ。
07STEP (w/JUNGLE ROOTS)
リラックスする気持ちの大切さを、優しく囁くように温かく歌い上げたレゲエ・ナンバー。メロウでメロディアスなベース・ラインに体は自然と横に揺れ、彼らの美しいコーラスに心が激しく打たれること間違いなしの名曲。
08STAMINA PAPA
「働け」「勉強せい」「まずは基礎」というフレーズが、21世紀初頭の日本を悩ませる数十万人のニートへの応援歌にも聴こえる、デジタル全開のヒップホップ・ナンバー。洗練されたサウンド・メイクとユーモラスな歌詞の対比が聴きどころ。
09カンフー・ファイター (w/JUNGLE ROOTS)
女の子の「助けて?! カンフーファイター!」という叫び声に導かれて颯爽と登場するは、タイトル通りの「カンフー・ファイター」。軽快なレゲエ・サウンドに乗せて、ボコスカ戦う彼の活躍をユーモラスに聴かせる。
10HEAT ISLAND (DANCEHALL REMIX) (w/RHYMESTER)
“DANCEHALL REMIX”というだけあって、低音のベース・ラインとヘヴィなリズム・トラックを強調。メロディを極力削ることでシャープで鋭いヒップホップ・サウンドを体現し、骨太のメッセージを聴かせている。
11CODE Z (DON CORLEONE MIX)
ハンド・クラップとシンセの効果音、緻密に計算されたパーカッション類などのリズムで聴かせるヒップホップ・ナンバー。なんとなく聴いていると英語に聴こえてくる、日本語詞の紡ぎ方がなんともお見事だ。
12サウンドシステムマン
夏の夕暮れを思い出させるような、ゆったりと熱いレゲエ・ナンバー。大らかで美しいメロディと純粋素朴、力強いヴォーカルがベスト・マッチ! アコースティックな演奏とシンセのデジタル・サウンドのバランスも絶妙だ。
13FOOTSTEPS
オルガンを前面にフィーチャーし、ヘヴィなベース・ラインが絡まってくる。夏を想起させるような熱いレゲエ・サウンドとは一線を画した、どこか暗くてアダルトな雰囲気を持ったレゲエ・ミュージックが楽しめる。
14MASTA BLASTER
アルバム『SOUNDS OF REVOLUTION』収録曲の「REVOLUTION」へとつなげる、わずか14秒のイントロダクション・ナンバー。ラジオ番組のオープニングを模したDJのような言葉の応酬で、次の曲へと橋を架ける。
15REVOLUTION
アルバムのタイトル・チューンにもなった、骨太で男臭いリズミックなヒップホップ・ナンバー。腹から絞り出すような雄叫びが束となって熱いコーラスを形成し、迫力満点のサウンドを作り出している。
16BIRDMAN (STEVEN STANLEY MIX)
オルガンの伸びやかなメロディとギターが軽やかに刻む、2、4拍のレゲエ・ビート。そのうえを縦横無尽に爽やかなヴォーカルが駆け抜ける、ポップなレゲエ・ナンバー。楽しくて踊り出したくなる一方で、夏の終わりを思わせてちょっと寂しくもなる雰囲気の漂う1曲。
アーティスト
  • FIRE BALL
    CHOZEN LEE(DeeJay)、CRISS(singer)、JUN 4 SHOT(DeeJay)、TRUTHFUL(DeeJay)の4人で構成されたレゲエ・クルー。横浜を拠点にワールドクラスの活動を続けるサウンドシステム“MIGHTY……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015