東京事変 / スポーツ

はてなブックマークに追加
東京事変 / スポーツ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SPORTS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-26940
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    東京事変 / スポーツをAmazon.co.jpで購入する東京事変 / スポーツをHMV.co.jpで購入する東京事変 / スポーツを楽天ブックスで購入する東京事変 / スポーツを@TOWER.JPで購入する
    東京事変 / スポーツを山野楽器で購入する東京事変 / スポーツをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
“スポーツ”をテーマにポップなコンセプト・アルバムに仕上がった東京事変の4作目。各メンバーが持ち寄った楽曲を多彩ながらもバンドとしての一体感を感じさせるアレンジで、しなやかに力強く聴かせる。『オリコン』チャート1位となった「能動的三分間」ほか、シティ・ソウル風のモダンな曲が聴きもの。
ガイドコメント
約2年ぶりとなる2010年2月24日発表の4thアルバム。「能動的三分間」や配信限定の「閃光少女」をはじめとするシングル曲のほか、各メンバーが“スポーツ”をテーマに持ち寄って制作された個性豊かな楽曲を収録する。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  5位 (3/1)  ⇒  13位 (3/8)  ⇒  18位 (3/15)  ⇒  25位 (3/22)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  2位 (3/1)  ⇒  8位 (3/8)  ⇒  13位 (3/15)  ⇒  18位 (3/22)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  3位 (3/1)  ⇒  7位 (3/8)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  7位 (3/8)  ⇒  9位 (3/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  6位 (3/1)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2010/2/22)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  7位 (3/8)  ⇒  8位 (3/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2010/2/22)  ⇒  4位 (3/1)  ⇒  7位 (3/8)  ⇒  10位 (3/15)  ⇒  10位 (3/22)  ⇒  14位 (3/29)
収録曲
01生きる
チャペルの神妙な雰囲気を模した導入から闊達なロック調へ展開する伊澤一葉作曲のナンバー。憧れていた自由に苦しみ、嫌っていた空虚が胸を占める……それでも生命を宿す人間の儚さを歌う。喉を切り裂かんばかりの歌唱とブレイクを挟んでのアウトロにも注目。
02電波通信
快活なドラムとグルーヴィなベースからなだれ込むアッパー・ロック。ポコポコとした音を配した電波的な装飾や通信関連用語を多様しているが、今だけ連結(リンク)していたいと叫ぶ姿は実に肉欲的。機械的な詞と攻撃的なサウンドの表裏一体性が趣深い。
03シーズンサヨナラ
ギターの浮雲の作詞曲。あなたは私のものだったのに……という想いを過ぎゆく季節と重ねて綴る。リズミカルで推進力がありながら、どうにでもなれという感情と哀れみが入り交じったサウンドへと見事に昇華。そこはかとない切なさが魅力のアッパー・ポップだ。
04勝ち戦
明朗で次第に熱を帯びていく浸透力の高さが魅力のミディアム・チューン。ビートルズ・マナーを踏襲したようなロック・サウンドに乗せ、しびれさせるような興奮をちょうだいと英詞で綴る。グリコ「ウォータリング キスミントガム」遠心力篇CMソング。
05FOUL
人を食ったようなホーンを皮切りに高速ビートで駆け抜ける、約2分半のパンク・ロック。解っていても冒してしまう反則=FOULの世界への誘惑を、全編エフェクト・ヴォイスの浮雲と椎名林檎がたたみかける。人間の避けられない本能の叫びのような歌唱だ。
06雨天決行
楽しげな鍵盤や“パッパッパ”のソフトなコーラスなど、「雨に濡れても」風の世界観で綴るラヴリーなポップ・チューン。オールディーズ・ポップの佇まいで、雲間に差す晴れ間を見つける喜びを分かちあいたいと歌う。人生の浮き沈みを天候にたとえた曲だ。
07能動的三分間
江崎グリコ「ウォータリングキスミント」CMソングの6thシングル。椎名林檎らしさが光る深読みしたくなる歌詞を、ノリノリのファンク・ビートにのせて艶やかに歌う。サビ部分の浮雲のコーラスも秀逸だが、“三分間”ピッタリで曲が終わるのにはビックリ。
08絶体絶命
曲は椎名林檎と伊澤一葉の共作。弾む鍵盤とタンバリン音に合わせるようにキュートな歌唱をみせる前半と、ドラムとギターを軸とした中盤以降への変質が楽しい。飾りを剥いだ生々しい歌唱で、押し迫る悲しみから逃れたい気持ちを叫ぶ。
09FAIR
アルバム『スポーツ』で「FOUL」の対となる浮雲作曲によるナンバー。「FOUL」とベクトルを異にしたアダルトなファンキー・ジャム風のサウンドにもたれながら、怠惰と恍惚を行き交うヴォーカルを披露している。人生のはかなさが伝わるようだ。
10乗り気
便利を得た代わりに本能的な生命力を失ってない? と現代人を皮肉るアッパー・ポップ・ロック。気まぐれ感のあるクルクルとした歌唱で、“知った気になってるようじゃ、今日も丘サーファー……”と強烈なパンチを浴びせる。自らの力で突き破れというメッセージだ。
11スイートスポット
全編英詞によるナイス&スローなスウィート・ソウル。深く溶けるように刻まれる時間のなかで、ジワジワと距離が狭まるメイク・ラヴ・ソング風の官能的なムードがたまらない。肉欲的だからこそ生命力をより強く感じるナンバーだ。
12閃光少女
亀田誠治作曲による快活なビートを刻むポップ・ロック。過去を悔いず、未来に怯えず、大切なのは現在をどう生きるかなんだと、今この瞬間にかける少女の視点で綴る。今の感情こそが貴重だというメッセージだ。スバル「軽 STELLA R2」CMソング。
13極まる
どこか霞がかったようなUK的なムードが漂う、浮雲の詞曲による幻想的なミディアム・ロック・チューン。おとぎ話風の世界観のなかで、肉体的な事象をサラッと歌いこなすところが椎名林檎の非凡さの証。タイトルの読みは「きまる」。
仕様
初回のみ金メダル エンボス・スリーブケース仕様
タイアップ
  • 「勝ち戦」 - グリコ「ウォータリング キスミントガム」TV-CMソング
  • 「閃光少女」 - スバル「ステラ」TV-CMソング
  • 「能動的三分間」 - グリコ「ウォータリング キスミントガム」TV-CMソング
アーティスト
  • 東京事変
    椎名林檎を中心に結成された5人組のロック・バンド。2004年9月にシングル「群青日和」でデビュー。その後、椎名林檎がソロでは体現できないバンド・サウンドを追求しながら、アルバム『教育』(2004年)、『大人(アダルト)(2006年)』、『娯……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015