シンプリー・レッド / ステイ

はてなブックマークに追加
シンプリー・レッド / ステイ
CD
ミニ・レビュー
2009年のツアー後の解散をミック・ハックネルが示唆し、グループとしてラスト作となる可能性大のアルバム(10作目)。スローからミディアム、アップまでミックのソウルフルなハスキー・ヴォイスを活かした楽曲が揃い、聴きごたえ十分。日本盤のみのボーナス曲にも満足。
ガイドコメント
イギリスが誇るロック・ヴォーカリスト、ミック・ハックネル率いるシンプリー・レッドの通算10枚目となるオリジナル・アルバム。シングル曲「So Not Over You」をはじめ、珠玉の名曲が多数収録されている。
収録曲
01THE WORLD AND YOU TONIGHT
ポップな感覚にあふれた美しいメロディを持つミディアム・ナンバー。愛する人と過ごせる幸せという内容を飾り気のない素直な言葉で綴った詞を、ミック・ハックネルが包み込むようなジェントルなヴォーカルで歌い上げている。
02SO NOT OVER YOU
去っていった恋人を忘れようと、電話番号を消去して、強い気持ちを持とうとしても、なかなか忘れ去ることができない……。そんな未練がましくも切ない男心を、柔らかなサウンドをバックに情感たっぷりと歌っている。
03STAY
飾らないありのままの姿で“どこにも行かず僕のそばにいてほしい”と懇願する男の純粋な想いを吐露したラヴ・ソング。ハックネルのソウルフルなヴォーカルと繊細な女性コーラスのコントラストが、楽曲の美しさを引き立てている。
04THEY DON'T KNOW
往年のスタックス・サウンドを思い起こさせるホーンに導かれて始まるミディアム・チューン。若い恋人たちの希望に満ちた未来を見守る視点で描かれた歌詞と、明るくポップなサウンドやソウルフルな歌唱が一体となった、心温まる一曲。
05OH! WHAT A GIRL!
タイトなリズムと印象的かつ効果的なフレーズのギターに、切れのあるホーン・セクションが弾力に富んだサウンドを奏でる。活き活きとしたハックネルの伸びやかなヴォーカルが魅力の、ソウルフルなアップ・ナンバー。
06GOOD TIMES HAVE DONE ME WRONG
シャープなフレーズを繰り出すギターが軸となり、キーボード、ホーン、ストリングスが絶妙に絡み合うミディアム・ナンバー。ハックネルのヴォーカルも快調で、どこか懐かしい雰囲気を漂わせたブリティッシュ・ソウルの王道を行く作品。
07DEBRIS
ロニー・レインの作品で、フェイセズの1971年作『馬の耳に念仏』に収録された名曲のカヴァー。UKロックの偉大な先輩への敬愛の念を込めた、丁寧で熱い歌声がツボを押さえたサウンドとあいまって胸に響く。
08LADY
元スクイーズのキーボーディストで、UKポップ/ロックの名作曲家として知られるジュールズ・ホランドとハックネルの共作曲。正調ブリティッシュ・ポップ・ソウルといえる、メロディの美しさが際立つミディアム・チューンだ。
09MONEY TV
マネーつながりという訳でもないが、初期の名曲「マネーズ・トゥー・タイト」を思い出させるミディアム・ファンク。官能的なギターをフィーチャーした躍動感あふれるサウンドをバックに、ソウルフルなヴォーカルが冴えわたる一曲。
10THE DEATH OF THE COOL
「死ぬことはカッコいい」と、どこか達観というか諦観の境地までもがうかがえるシリアスな歌詞が描かれたスロー・ナンバー。ソウルフルな中に醒めた表情がうかがえる、ハックネルのヴォーカルは、楽曲の世界観をいっそう浮き彫りにしている。
11LITTLE ENGLANDER
童謡風の美しいメロディに乗って、愛する母国イギリスとそこに暮らす子供たちの未来に思いを馳せる。柔らかな歌いぶりの中に熱い魂を込めたハックネルの歌唱と、子供たちの美しいコーラスが心に響くスロー・ナンバー。
12ALL DOWN THE LINE
ストーンズの傑作『メインストリートのならず者』に収録されたジャガー=リチャーズ作品のカヴァー。オリジナルの雰囲気を継承した南部風の粘っこいサウンドをバックに、ハックネルがワイルドなヴォーカルを聴かせてくれる。
13SOMETHING GOT ME STARTED
14OH! WHAT A GIRL!
15ALL DOWN THE LINE
16IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW
(12)(13)(14)(15)(16)ボーナストラック
録音
(13)〜(16)2006.8
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • シンプリー・レッド
    英マンチェスター出身のバンド。芸術学校に通うミック・ハックネル(vo)が、パンク系バンドのフランティック・エレベーターズ解散後に結成。バンド名はハックネルの毛色とサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドのチームカラー“赤”に由来。198……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015