yozuca* / stitch museum

はてなブックマークに追加
yozuca* / stitch museum
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    STITCH MUSEUM
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ランティス
  • 規格品番:
    LACA-15026
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    yozuca* / stitch museumをAmazon.co.jpで購入するyozuca* / stitch museumをHMV.co.jpで購入するyozuca* / stitch museumを楽天ブックスで購入するyozuca* / stitch museumを@TOWER.JPで購入する
    yozuca* / stitch museumを山野楽器で購入するyozuca* / stitch museumをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
『D.C.〜ダ・カーポ〜』シリーズの主題歌で知られる女性シンガー・ソングライター、yozuca*の4枚目。輪郭のハッキリした存在感のあるヴォーカル、ドラマティックな楽曲、華麗なアレンジと世界が完成されているので、聴いていて痛快。芯にある“歌謡ポップス”魂に心を揺さぶられる。
シンガー・ソングライター、yozuca*の4枚目となるアルバム。TVアニメ『プリンセスラバー!』エンディング主題歌「S.S.D!」をはじめ、タイアップ曲を多数収録。透きとおる歌声による爽やかソングがずらり。
トラックリスト
01No rule
02Do you love me?
03愛永久〜Fortune favors the brave〜
04in the Deep
05I will go
06Graduation from yesterday
07S.S.D!
08Enjoy Life
09Morning-sugar rays
10レンブラントの光
11雨上がりに咲いた虹
12陽はまた昇る (stitch museum ver)
13Rainbow 07
14スタートライン
タイアップ
  • 「Graduation from yesterday」 - CIRCUS「D.C.II Fall in Love 〜ダ・カーポII〜 フォーリンラブ」グランドオープニングテーマ
  • 「S.S.D!」 - 千葉テレビ「プリンセスラバー!」エンディングテーマ
  • 「愛永久〜Fortune favors the brave〜」 - dwango「ai sp@ce」テーマソング
  • yozuca*
    女性シンガー・ソングライター/ラジオ・パーソナリティ。熊本県出身。4歳からピアノを始め、中学時代は吹奏楽部でパーカッションを担当するなど、音楽に親しみながら育つ。高校から専門学校を経て、地元ラジオ番組のオーディションに合格、パーソナリティと……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015