ZEEBRA / Stop Playin' A Wall [廃盤]

はてなブックマークに追加
ZEEBRA / Stop Playin' A Wall [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    STOP PLAYIN' A WALL
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(国内)
  • レーベル:
    ポニーキャニオン
  • 規格品番:
    PCCA-02379
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ZEEBRA / Stop PlayinZEEBRA / Stop PlayinZEEBRA / Stop PlayinZEEBRA / Stop Playin
    ZEEBRA / Stop PlayinZEEBRA / Stop Playin該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
スムースにグルーヴしていく快楽的トラックのなかで、セクシーな女性コーラスをふんだんに取り入れたフロウが舞う。2006年のウィンター・シーズンを彩るZEEBRAのシックなパーティ・チューン。“気持ちよければそれでいい”という本能的なリリックが素晴らしい。
Jヒップホップ界のカリスマ“ZEEBRA”の2006年12月発表のマキシ・シングル。妥協を許さない彼らしい、アグレッシヴな仕上がりとなっている。カップリングには、『2006 世界バスケ』のCMソングとして問い合わせが殺到した「Top Of The World」などを収録。
トラックリスト
01Stop Playin' A Wall
70'sソウル・ミュージックを想起させる甘くてグルーヴィなトラックに乗せて、“気持ちを開いて、パーティを続けよう。気持ちいいことしよう”というリリックがステップを踏んでいく。大人っぽくてセクシーなパーティ・チューンだ。
02雲の上のHeaven
気持ちよく空を飛びながら、いままでに体験したことのないほどの快楽のグルーヴをたっぷり浴びる……そんな気分に包み込まれるナンバー。シンセ・ストリングスを基本としたトラックやしなやかなフロウを全身で体感してほしい。
03Stop Playin' A Wall (TV track)
04Top Of The World
暴力的といえるほどの強度を誇るビートのなかで“俺以外はぜんぶクソ。スキルと才能で世界の頂点に立ってやる”と宣言する、迫力満点のナンバー。ZEEBRAのヒップホップの本質がはっきりと現れている。
(4)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Stop Playin' A Wall」 - TBS「アイ・チテル」エンディングテーマ
  • 「Stop Playin' A Wall」 - 日本テレビ「シュガーヒルストリート」エンディングテーマ
  • 「Top Of The World」 - 国際バスケットボール連盟(FIBA)「バスケットボール世界選手権」TV-CMソング
  • Zeebra
    1971年4月2日生まれ、東京都出身の日本のヒップホップMC/DJ/プロデューサー。95年デビューのヒップホップ・ユニット、キングギドラ(KGDR)でシーンに旋風を巻き起こし、日本語ラップを新たな次元へ引き上げた立役者として知られる。97年……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015