ポール・ウェラー / スタジオ150

はてなブックマークに追加
ポール・ウェラー / スタジオ150
CD
ミニ・レビュー
このUKロックきっての一徹男が、全曲カヴァーで1枚作る日が来るとは。感慨めいた思いがさすがによぎりますが、朴訥な歌いぶり含め印象はけっして悪くない。お約束のソウル・ナンバー以上に、バカラック作(6)やニール・ヤングの(12)にむしろ胸打つものが。
ガイドコメント
V2レーベルへの移籍第1弾アルバムは、ポップ/ロック・クラシックスのカヴァー集。先行シングル「ボトル」のギル・スコット・ヘロンのほか、バート・バカラックやボブ・ディランを取り上げて、自身のルーツを辿る。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    19位 (2004/8/30)  ⇒  31位 (9/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    15位 (2004/8/30)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    8位 (2004/8/30)
収録曲
01IF I COULD ONLY BE SURE
02WISHING ON A STAR
03DON'T MAKE PROMISES
04THE BOTTLE
05BLACK IS THE COLOUR
06CLOSE TO YOU
07EARLY MORNING RAIN
08ONE WAY ROAD
09HERCULES
10THINKING OF YOU
11ALL ALONG THE WATCHTOWER
12BIRDS
13FAMILY AFFAIR
14LET IT BE ME
(13)(14)ボーナストラック
アーティスト
  • ポール・ウェラー
    1958年5月25日生まれ、英・サリー州出身のミュージシャン。ザ・ジャムの一員として77年にデビュー。82年の解散後はスタイル・カウンシルを結成。ソウル〜ジャズに傾倒したスタイリッシュなサウンドで幅広い支持を得る。90年の解散後はソロとして……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015