MO'SOME TONEBENDER / SUPER NICE

はてなブックマークに追加
MO'SOME TONEBENDER / SUPER NICE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SUPER NICE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トライアド
  • 規格品番:
    COCP-50973
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    MOMOMOMOMO
ミニ・レビュー
3ピース・ロック・バンドのアルバム。吉田拓郎風の字余り歌詞が印象的な2曲目、シンプルな曲調を演奏のグルーヴで盛り上げてゆく3曲目、ポップな5曲目−−と、曲ごとに異なった味わいを聴かせてくれる曲作りとアレンジのセンスはかなりのものだ。サイケな9曲目がベスト曲。★
ガイドコメント
MO'SOME TONEBENDERの約1年2ヵ月ぶりとなるアルバム。シングル「Tiger」や「You are Rock'n Roll」に加え、フェスやツアーで好評を博したナンバーなどを収録。ロック色全開の快作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    11位 (2007/2/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    15位 (2007/2/19)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2007/2/19)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2007/2/19)  ⇒  20位 (2/26)
収録曲
01TIGER
けたたましいサイレン音から始まり、すべてを叩き壊すかのような轟音サウンドで畳みかけるハードなナンバー。メンバー全員の掛け合いによるヴォーカルのハイテンションぶりも凄まじい。アルバム『SUPER NICE』からの先行シングル。
02JACK THE TRIPPER
「お花のまわりをくるくる回って〜」など、ファンシーな歌詞が印象的なミディアム・ナンバー。重厚ながらも軽快に聴かせるサウンドは心地良く、どこか切なさを含んだメロディアスな曲の展開にジワジワと胸を打たれる。
03マカロニ
鳴りの良いハイ・ハットで刻む16ビートと爽やかなメロディ・ラインに体が揺れるポップ・チューン。ラジオから聴こえる「SWEET R&R MUSIC」が人それぞれの人生を投影するといった歌詞から、ヴォーカル百々の優しさが伝わってくる。
04You are Rock'n Roll
アルバム『SUPER NICE』からの先行シングル曲。尖ったギター・リフと攻撃的なリズムの上でシャウトする、百々のセリフ口調のヴォーカルが強烈なインパクトを放つ。一度聴いたら忘れられない独創的なナンバーだ。
05秘密にしようよ
攻撃的なモーサムのイメージを覆す、ロマンティックなラヴ・ソング。広大な景色を眺めているような壮観なサウンドは感動的。そのどこまでも広がっていきそうな世界観に、彼らの新たな一面がうかがえる。
06オバケ
デモのまま収録された、弾き語りのアコースティック・ナンバー。「体を貸してくれ」と頼む白くて小さいオバケのことを歌ったなんともかわいらしい詞と中盤のカズーの音色が、独特なハートフルな味わいを醸し出している。
07慈・善・事・業
ソリッドなギター・サウンドと叩き割るような迫力のドラム・プレイで、アップ・テンポに畳みかけるガレージ・ナンバー。モーサムの魅力であるぶっ飛んだハイテンションをこれでもかと堪能できる、押せ押せの一曲だ。
08SUMMERスカ?
轟音ロックにスカを組み合わせた画期的なナンバー。へヴィさと軽快さのバランスは刺激的かつノリやすく、ところどころで挿まれるベース武井の「オイサ!」という日本的な掛け声が、楽曲をいっそう愉快なものにしている。
09STOP THE MUSIC
怪しげなコーラス〜ガレージ〜ミディアム・ロックと、さまざまなテイストの曲調が混ざり合い転調を繰り返す組曲風のナンバー。詞に登場する彼らの「革命的なビジョン」がサウンドで表現された、聴きごたえ十分の楽曲。
10ロジョー
ドラマーの藤田が作詞・作曲、そしてヴォーカルも務めた、やさしく包み込むようなスロー・ナンバー。アコースティックな序盤から徐々に盛り上がっていく感動的な曲構成は、叙情的な歌詞も相まって美しく胸に響く。
11We are Lucky Friends
4つ打ちのダンス・ビートにキーボードという、彼らには珍しいテクノ・サウンドを取り入れたナンバー。ポップな曲調はすんなりと体になじみ、「1.2.3.4 !」のカウントに身体を動かさずにはいられない!
タイアップ
  • 「TIGER」 - テレビ神奈川「Mutoma JAPAN」オープニングテーマ
アーティスト
  • モーサム・トーンベンダー
    1997年、福岡で結成されたロック・バンド。メンバーは百々和宏(vo,g)、武井靖典(b)、藤田勇(ds)の3名。年間100本近いライヴ活動で徐々に人気に火が付き、99年12月にミニ・アルバム『DRIVE』を発表。2001年9月にアルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015