TOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SUPERGOOD, SUPERBAD
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャニーズ・エンタテイメント
  • 規格品番:
    JECN-0252〜3
  • 価格:
    3,876 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    TOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]をAmazon.co.jpで購入するTOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]を@TOWER.JPで購入するTOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]をHMV.co.jpで購入するTOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]を楽天ブックスで購入するTOMOHISA YAMASHITA / SUPERGOOD、SUPERBAD [2CD]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
「抱いてセニョリータ」から「はだかんぼー」までのシングルに、修二と彰「青春アミーゴ」も加えたソロ1作目。哀愁アイドル歌謡風“SUPERGOOD”とエレクトロなどアーバンな洋楽作風“SUPERBAD”の両面からアプローチ。バランス感覚では特出した“山P”の多才(多彩)さが味わえる。
ガイドコメント
NEWSとしても活躍する山下智久の1stソロ・アルバム。“歌謡曲タイプ”のDisc 1と“洋楽タイプ”のDisc 2によるCD2枚組で、大ヒット・シングル「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」「Loveless」なども収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2011/1/24)  ⇒  13位 (1/31)  ⇒  13位 (2/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2011/1/24)  ⇒  4位 (1/31)  ⇒  13位 (2/7)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2011/1/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2011/1/24)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2011/1/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2011/1/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2011/1/24)  ⇒  4位 (1/31)  ⇒  17位 (2/7)
収録曲
[Disc 1]〈SUPERGOOD〉
01抱いてセニョリータ
本人主演のTBS系ドラマ『クロサギ』主題歌となったソロ・デビュー・シングル。修二と彰「青春アミーゴ」路線ともいえる続編的な世界観の歌謡ポップ調で、年上の女性との恋がテーマ。“抱いて 抱いて……”のフックと“じれったいのよ”の決めフレーズがセクシー。
02はだかんぼー (Album ver.)
乙三.の大竹創作が手掛けた4thソロ・シングル。本当の自分をさらけ出そうというメッセージを“はだかんぼー”の一言に凝縮。後半のシャンパンコール風の“脱いで脱いで……ハイ!”の掛け声が楽しい。洒落たホーンも映えるファンキー・ジャズ調のナンバー。
03月と太陽のラプソディ
夢をつかむまで進み続ける覚悟を歌ったラテン・フレイヴァのダンサブルなファンキー・ポップ。哀愁が漂うメロディの上でつぶやく“賽は投げられた”のラスト・フレーズが印象的だ。胸騒ぎに似た官能的なアレンジも異国情緒に染まっている。
04Crazy You
計算高い女と解っていっても深みにはまって溺れていく恋心を綴ったクラブ・エレクトロ調ミッド。危険と甘美が紙一重の妖しげなシチュエーションだが、ファンキーなアレンジや爽やかな歌唱のせいか、禁断というより期待を感じる印象だ。
05サンタマリア
ラテンとエスニックが絡み合う情熱的なテイストのクラブ・ダンサー。突然逝ってしまった愛する人の命を救ってくれと聖なるマリアに懇願する、悲劇的なストーリーだ。もの憂げな声色のヴォーカルが、いっそう哀惜を誘う。
06溺愛ROBOT
胸騒ぎを呼び起こすようなセンセーショナルな展開によるダンサブルなファンキー・ポップ。思うままに君を強く抱きしめたいと、止めどなくあふれる君への愛を刺激的に描く。溺愛よりも強欲に近い激情的な愛の行方は、フェイド・アウトとともに謎に包まれていく。
07罪と罰
林部直樹のギターが情熱的なムードを盛り上げる哀愁ポップ・ナンバー。若いというだけの罪なら裁かれてもいいと、燃えるような恋への感情をたきつける。昭和アイドル歌謡風のアレンジがメランコリックなムードと禁断の恋をマッチさせ、かえって新鮮。
08口づけでアディオス
「抱いてセニョリータ」から続く、山Pには相性のいいラテン系作風のポップ・チューン。“運命ならまた会おう”というキザなフレーズを組み込んだ愛する人との決別の歌だ。KinKi Kids「硝子の少年」路線のノスタルジックな曲調がキャッチー。
09青春アミーゴ (修二と彰)
KAT-TUNの亀梨和也と主演した日本テレビ系『野ブタ。をプロデュース』主題歌起用の役名による期間限定ユニットのシングル。“SI 俺達はいつでも〜”のコーラスが耳に残る哀愁アイドル歌謡で、第78回選抜高校野球大会入場行進曲にも選ばれた。
10最後のラブ・ソング
夢のために遠くへ旅立つ彼女へ捧げる最後の“ラヴ・ソング”。初めて出会ったコンサート会場で、きっと来ない彼女を待つ男の虚しさを寂しげに歌う。清らかなメロディがかえって悲しさを伝えるミディアム・スロー・バラードだ。
11
[Disc 2]〈SUPERBAD〉
01Theme of “SUPERBAD”
中西亮輔作・編曲によるアルバム『SUPERGOOD,SUPERBAD』の“SUPERBAD”の幕開けとなるイントロダクション。壮大な物語を彷彿とさせる重厚な映画BGMといった作風で、ワード・セクストンによるナレーションも興奮を呼ぶ。
02Tokyo Sinfonietta
ヴォイス・エフェクトを駆使した歌唱が印象的なクラブ・エレクトロ。摩天楼を上空から見下ろす情景が浮かぶようなアーバンな雰囲気のなかで、大都会・東京という新しい世界で大きな望みを叶えてやるという野望を語る。
03PARTY DON'T STOP (feat.DJ DASK)
DJ DASKをフィーチャーした、“ブラック・アイド・ピーズ”マナーを踏襲したともいえるエレクトロ色の濃いパーティ・アップ。硬質で近未来的なサウンドに包まれながら、いつも以上にホットでセクシーなヴォーカルを披露している。
04One in a million
海外制作陣が曲を手掛けた3rdソロ・シングル。君は星の数ほどあるうちのたった一人の運命の人なんだという想いを、アッパーなクラブ・ダンサーに乗せて語りかける。胸に秘めた想いが一気に飛び出すようなフックでの歌唱が熱く響く。
05Yours Baby
R・ウルフ制作によるグルーヴィなファンク。ダンスフロアで目当てのレディへアプローチを決めるというパーティ・ソングで、山Pもファルセットやささやくような歌唱でセクシーに迫る。“チキチキ…”といったMJ風テイストもちらほら。
06ONE GIRL
ニーヨやクリス・ブラウンを意識したような、全編英詞によるミッド・ダンサー。君は僕に必要なたった一人のガールなんだというラヴ・ソングで、“Only one one one girl”のクールながらも甘い語り口の山Pに悩殺される確率高し。
07Loveless
Jin Nakamuraによるキラキラ系R&B路線の2ndソロ・シングル。恋人同士が他人同士になる“サヨナラ”の瞬間を切り取った別れ歌で、“最後は笑顔でsay goodbye”というものの、悲しい表情が隠せない歌唱が何とも切ない。
08ごめんね
寂しくさせてしまった君への想いを伝えるミディアム・ポップ。顔をなでる風のように軽やかに爪弾かれるギターに寄り添う、自然体の和やかな歌唱が印象的。“ほんと「ごめんね」”と伝える優しい口当たりのラヴ・ソングだ。
09Blood Diamond
不穏なサイレン音から幕を開ける、ミステリアス&セクシーなクラブ・エレクトロ。危険を冒しても手に入れたい美しき君(=ブラッド・ダイアモンド)への欲望が渦巻く男を山Pが甘くクールに好演、興奮を見せない表情がいい。シンセ・ポップ風のミッドだ。
10Sleepwalking
「恋は盲目」の名言を山P流に説いたエレクトロ・ポップ。恋愛はドラッグよりも甘い蜜の味で、誰もが催眠にかかったような夢遊病者(=スリープウォーカー)になるもの。天高く浮かぶような恍惚としたファルセットは、楽園へといざなわれるようだ。
11Touch You
12TOMO
13Friday Night
14MOLA (R-midwest REMIX)
[1](11)[2](11)(12)(13)(14)ボーナストラック
アーティスト
  • 山下智久
    1985年4月9日生まれ、千葉県船橋市出身の歌手/俳優。愛称は“山P(やまぴー)”。96年にジャニーズ事務所に入所。2003年にNEWSを結成。2005年に亀梨和也とのユニット“修二と彰”の「青春アミーゴ」がヒットし、翌年にシングル「抱いて……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015