ASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラ

はてなブックマークに追加
ASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SURF BUNGAKU KAMAKURA
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1310
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラをAmazon.co.jpで購入するASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラを@TOWER.JPで購入するASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラをHMV.co.jpで購入するASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラを楽天ブックスで購入するASIAN KUNG-FU GENERATION / サーフ ブンガク カマクラをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2008年3月にアルバムをリリースしたばかりのアジカンから、早くもアルバムが届けられた。前作『ワールド・ワールド・ワールド』はメッセージ性の強いシリアスな作品だったが、今作は江の電の駅名を曲のタイトルに冠しており、キャリア中最も肩の力の抜けた内容に仕上がった。
ガイドコメント
2008年2枚目となるフル・アルバム。江ノ電の各駅を曲タイトルに冠したコンセプト・アルバムで、湘南のスタジオでレコーディングされている。リラックスしたムードの中にも高い実力がうかがえる仕上がりだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  8位 (11/10)  ⇒  22位 (11/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  6位 (11/10)  ⇒  14位 (11/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  9位 (11/10)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  8位 (11/10)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  8位 (11/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2008/11/3)  ⇒  8位 (11/10)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2008/11/3)  ⇒  5位 (11/10)  ⇒  8位 (11/17)  ⇒  18位 (11/24)
収録曲
01藤沢ルーザー
これまでのシングルのなかでは3分弱と一番短い12枚目。爽やかに駆け抜けるエモーショナルなサウンドが魅力の躍動感あふれるナンバーで、アグレッシヴなギターとベースが熱いグルーヴを作り出し、太陽が輝く夏を感じさせる。
02鵠沼サーフ
9thシングル「或る街の群青」のカップリング収録曲のイントロがカットされたアルバム・ヴァージョン。エフェクティヴなギターが目立ち、間奏では不規則になるも違和感はない。夏のサーフショップをめぐる人間模様を描いた、リズミカルなナンバーに仕上げている。
03江ノ島エスカー
11thシングル「転がる岩、君に朝が降る」のカップリング収録曲。“江ノ島エスカー”とは江ノ島にある屋外有料エスカレーターのことで、江ノ島の景色と切ない青春を歌ったもの。歪んだギターのメロディがほのかにメランコリックな雰囲気を醸し出している。
04腰越クライベイビー
激しいサウンドのイントロで始まる3拍子のミディアム・ナンバー。温かさのあるメロディにヴォーカルの後藤の裏声が乗り、切なさや懐かしさを感じさせる。悲しい記憶をなかったことにしたとしても、あとでそれを見つけるのは自分なんだよと諭している。
05七里ヶ浜スカイウォーク
イントロの軽やかなタンバリンとは対照的に淡々とした後藤の歌い出しが耳を引く一曲。前半はリズミカルに流れるメロディがだんだんなめらかになり、水面を漂っているような気分にさせる。ラストに向かうにつれて再び盛り上がっていく展開にも注目。
06稲村ヶ崎ジェーン
ヴォーカルの後藤がドラムの伊地知が叩きそうなイメージで作った、リズミカルで明るいダンサブルなナンバー。歌詞の一人称に珍しく“俺”を使っている。間奏のギター・ソロはライヴでも人気があり、アグレッシヴなベースと弾む歌声も気分を高めてくれる。
07極楽寺ハートブレイク
軽やかなリズムではあるがノスタルジックな雰囲気も併せ持つ一曲。梅雨の季節から夏へ移り変わる情景と別れの予感を対比させて描かれているようではあるが、悲しさや寂しさを感じさせない爽やかな歌詞に仕上がっている。クリアなサウンドもなじみやすい。
08長谷サンズ
エッジの効いたギターが焦りを感じさせるミディアム・ロック・ナンバー。エモーショナルなサウンドとコーラスは、君を想って不意に駆け出すような心情を思い浮かべさせる。タイトルは“馳せ参ず”のダジャレになっている。
09由比ヶ浜カイト
10thシングル「アフターダーク」のカップリング収録曲で、曲の最後の笑い声をカットしたヴァージョン。ミディアム・スローの温かくも切ないメロディが“君”を探す様子を思い浮かべさせる。アグレッシヴになる中盤の展開にも注目。
10鎌倉グッドバイ
5thアルバム『サーフ ブンガク カマクラ』の最長曲。アコギを使用したスロー・ナンバーで、温かく静かなメロディと過去を思い返した優しく切ない詞が夏の終わりを感じさせる。柔らかい風に吹かれているような感覚にさせる穏やかなオルガンが心地よく響く。
仕様
初回のみスリーヴケース付き
アーティスト
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
    日本のロック・バンド。1996年に関東学院大学の音楽サークルで結成。メンバーは後藤正文(vo,g)、喜多建介(g,vo)、山田貴洋(b,vo)、伊地知潔(ds)。愛称は“アジカン”。2002年のミ二・アルバム『崩壊アンプリファー』が話題を呼……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015