BUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISK

はてなブックマークに追加
BUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISK
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SWEET STRANGE LIVE DISK
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    マーキュリー
  • 規格品番:
    PHCL-5099
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKをAmazon.co.jpで購入するBUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKをHMV.co.jpで購入するBUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKを楽天ブックスで購入するBUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKを@TOWER.JPで購入する
    BUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKを山野楽器で購入するBUCK-TICK / SWEET STRANGE LIVE DISKをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
BUCK−TICK初のライヴ盤。今年のツアーの最終公演である、5月8,9日の日本武道館でのライヴを収録したもの。近年ますますデジタル寄りのロックを作っている彼らの今が感じられる。同時にビデオも発売されたが、(7)(8)(12)(16)はCDのみの収録。
同タイトルのツアーでの日本武道館2Daysを収録したバクチク史上初のライヴ・アルバムにはビクター時代の歴史的楽曲もありファンにとって非常に嬉しい1枚に! 臨場感がたっぷり味わえる。
トラックリスト
01SEXY STREAM LINER
02ヒロイン
03蝶蝶
04迦陵頻伽 (Kalavinka)
05囁き
06螺旋 虫
07Tight Rope
96年発表のアルバム『COSMOS』に収録されたナンバーのセルフ・カヴァー。重厚感あるサウンドによって、男っぽさのあふれる骨太ヴァージョンに生まれ変わった。愛と死を意識した詞世界も面白い。
08CHAOS〜キラメキの中で
09MY FUCKIN' VALENTINE
スリリングな16ビートのエレクトロ・ロック。シンセサイザーを駆使した緻密なバッキングと、エフェクトをかけて歪ませたラップ風のヴォーカルが魅力。現代社会の乱れや人間のおごりをテーマにした、挑戦的な歌詞にも注目だ。
10リザードスキンの少女
11無知の涙
12見えないものを見ようとする誤解 全て誤解だ
13キミガシン..ダラ
14Schiz・o幻想
15タナトス
16キャンディ
ソリッドな8ビートのポップ・ロック・ナンバー。イントロのキャッチーなフレーズやアウト気味のノイジーなソロ、中音域をカットしたバッキング・リフなど、ギター・サウンドの魅力が堪能できる1曲だ。無機質なエンディングも面白い。
録音
98.5
  • BUCK-TICK
    群馬県出身のロック・バンド。メンバーは櫻井敦司(vo)、今井寿(g)、星野英彦(g)、樋口豊(b)、ヤガミトール(ds)の5名。前身バンド“非難GO-GO”を母体に1985年に結成、87年にメジャー・デビュー。翌年の1stシングル「JUST……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015