ロビー・ウィリアムス / スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング

はてなブックマークに追加
ロビー・ウィリアムス / スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング
CD
UK屈指のスーパースター、ロビー・ウィリアムス。シナトラなどスタンダード・ナンバーのカヴァー集を日本先行発売。ニコール・キッドマンとのデュエットが収録されており、話題必至だ。
トラックリスト
01I WILL TALK AND HOLLYWOOD WILL LISTEN
02MACK THE KNIFE
03SOMETHIN' STUPID
04DO NOTHIN' TILL YOU HEAR FROM ME
05IT WAS A VERY GOOD YEAR
06STRAIGHTEN UP AND FLY RIGHT
07WELL, DID YOU EVAH
08MR. BOJANGLES
09ONE FOR MY BABY
10THINGS
11AIN'T THAT A KICK IN THE HEAD
12THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM ME
13HAVE YOU MET MISS JONES?
14ME AND MY SHADOW
15BEYOND THE SEA
16THE LADY IS A TRAMP
17THAT'S LIFE
タイアップ
  • 「サムシング・ストゥ−ピッド」 - テレビ東京「裸のシェフ」エンディングテーマ
  • ロビー・ウィリアムス
    1974年2月13日生まれ、英・ストーク=オン=トレント出身のポップ・シンガー。本名はロバート・ピーター・マキシミリアン・ウィリアムス。90年よりテイク・ザットのメンバーとして活躍。95年に脱退すると、97年の「エンジェルス」の世界的ヒット……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015