エンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD]

はてなブックマークに追加
エンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TAKE TO THE SKIES
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    Hostess Entertainment Unlimited. / Ambush Reality
  • 規格品番:
    HSE-31131
  • 価格:
    2,530 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    エンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD] をAmazon.co.jpで購入するエンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD] を@TOWER.JPで購入するエンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD] をHMV.co.jpで購入するエンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD] を楽天ブックスで購入するエンター・シカリ / テイク・トゥ・ザ・スカイズ [CD+DVD] をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
レイヴとメタルを融合させた英国の4人組、エンター・シカリの1stアルバム。プロデューサーにジョン・ミッチェルを迎え、鬼気迫るライヴに象徴される危ういサウンドを撒きちらしている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2007/3/12)  ⇒  13位 (3/19)  ⇒  32位 (3/26)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2007/3/12)  ⇒  10位 (3/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2007/3/12)  ⇒  9位 (3/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2007/3/12)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    3位 (2007/3/12)  ⇒  4位 (3/19)  ⇒  11位 (3/26)
収録曲
[Disc 1]
01インターミッション (SE)
02ENTER SHIKARI
レイヴ調の重厚なシンセサイザーが縦横無尽に音空間を駆け巡る中で、地獄の責め苦が吐露されるヘヴィ・ロック・チューン。まるでゴスペルのように荘厳なコーラス・ワークが、楽曲のゴシック的な雰囲気をさらに盛り上げている。
03MOTHERSHIP
アルバム『テイク・トゥ・ザ・スカイズ』の「Enter Shikari」から間髪入れずに放たれるハードコア・チューン。日常生活の中で積もり積もっていく絶望感を、ラフトン・レイノルズがエモーショナルにシャウト。バス・ドラムを強調した極太のビートが刺激的。
04ANYTHING CAN HAPPEN IN THE NEXT HALF HOUR...
気付かないうちに離れ離れになっていく恋人たちのすれ違いを描いた、英国バンドらしい皮肉のセンスが存分に発揮されたラヴ・ソング。まるでサンプリングしたループ・サウンドのような、エレクトリック・ギターのリフレインがグルーヴィ。
05インターミッション (SE)
06LABYRINTH
自分の力を信じて困難に立ち向かっていくことの大切さを歌い上げた、疾走感あふれるメロディアスなロックンロール・チューン。躍動感満点の生演奏から突如として無機的な打ち込みサウンドへと転調するアウトロがスリリングだ。
07NO SSSWEAT
爆走する2ビートと裏拍を強調した8ビートが交互に繰り返される、変則的なパンク・チューン。伸びやかな美声からデス声シャウトまで、自由自在に変化してみせるラフトン・レイノルズのヴォーカル・レンジの広さが堪能できる一品だ。
08TODAY WON'T GO DOWN IN HISTORY
エレクトリック・ギターの繊細なアルペジオに乗せて、頂に立つ者の深い孤独が切々と歌われるドラマティックなバラード。シンセサイザーがストリングスの代替品として使用され、楽曲を劇的に盛り上げている。
09インターミッション (SE)
10RETURN TO ENERGISER
「誰かの真似なんてしないで、あくまでも自分らしく生きるんだ!」……そんな前向きな意志が深く刻み込まれたメッセージ・ソング。ラフトン・レイノルズが壮絶なシャウトを決めてみせるエモーショナルなヘヴィ・メタル・サウンドだ。
11インターミッション (SE)
12SORRY, YOU'RE NOT A WINNER
強靭なリズム隊を機動力に、ジャングル調のリズミカルな打ち込みサウンドからディストーション・ギターが鳴り響くハード・ロックへ。奇想天外な転調を繰り返しながら突き進む、エンター・シカリ流プログレッシヴ・ロック・チューン。
13インターミッション (SE)
14JONNY SNIPER
疾走感のあるまっすぐなメロディ・ラインが印象的なポップ・パンク・チューン。ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」を思わせる、ダサくなる寸前の分厚いキーボード・サウンドがかえって新鮮だ。
15ADIEU
別れた恋人への変わらぬ愛と未練をラフトン・レイノルズが情熱的に歌い上げた、アイリッシュ・トラッド調のアコースティック・バラード。シンセサイザーが奏でる儚くも美しい音色は、まるでティン・ホイッスルのようだ。
16OK, TIME FOR PLAN B
どんなに辛い現実や困難が目の前に立ちふさがろうとも、決して諦めることのないタフな生命力が脈打つパワフルなロックンロール。打ち込みドラムの高速フィルが、ストレートな8ビートに適度なアクセントを与えている。
17インターミッション (SE)
[Disc 2]〈DVD〉〈Live At The Astoria〉
01Labyrinth
02The Feast
03Sorry、You're Not A Winner
04backstage footage and photo slideshow
録音
[2] (1)〜(3)2006.11
封入特典
  • 歌詞・対訳・ライナーノーツ/オリジナルステッカー
アーティスト
  • エンター・シカリ
    英・セントオールバンズ出身のハードコア・バンド。メンバーはラウ(vo,syn)、ローリー(g)、クリス(b)、ロブ(ds)の4名。名前はヒンディー語で“Enter the Hunter”(自分の欲しいものを手に入れろ)の意。2003年に結成……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015