土岐麻子 / TALKIN'

はてなブックマークに追加
土岐麻子 / TALKIN'
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TALKIN'
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    rhythm zone
  • 規格品番:
    RZCD-45741
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    土岐麻子 / TALKIN土岐麻子 / TALKIN土岐麻子 / TALKIN土岐麻子 / TALKIN土岐麻子 / TALKIN
ミニ・レビュー
元シンバルズ、個性的な声質を持つ、素養豊か(父親はサックス奏者の土岐英史)なシンガーのメジャー・デビュー盤。ソロ転向後、ジャジィな路線をとっていた彼女の完全ポップ盤で、今様なシュガーベイブとも言うべき手触りを持つものになっている。円満で弾んだ情緒に心踊る。
ガイドコメント
“土岐流シティ・ポップ”をコンセプトとした、メジャー・デビュー・アルバム。従来のスウィート・ジャズからソウル風のナンバーや昭和ジャズ風のものなどを、持ち前のキュートな歌声で表現している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2007/11/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    14位 (2007/11/19)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2007/11/19)  ⇒  20位 (11/26)
収録曲
01モンスターを飼い馴らせ
メジャー・レーベル移籍第1弾アルバム『TALKIN'』のオープナーは、土岐麻子のクール&スウィート・ヴォーカルだからこそ生まれた極上のシティ・ポップス。フュージョン・ソウルのグルーヴに乗って夜の道へ走り出せば、輝くイルミネーションの海が見えてくる。
02HOO-OON
作曲の西寺郷太とともにNONA REEVESのメンバーが全面参加した、珠玉のジャパニーズ・フリーソウル・チューン。土岐麻子のシルキーなヴォーカルとカラフルなリリックに、ファンキーなグルーヴがベスト・マッチしている。
03ファンタジア
郷愁を誘うエレクトリック・シタールの音色で始まる緩やかなミッド・バラード。土岐の羽毛のようなコーラスと柔らかなフリューゲル・ホーンが、しっとりとしたサウンドにファンタジックな彩りを添える。作・編曲は中島美嘉の「STARS」で知られる川口大輔。
04MY SUNNY RAINY
ジャズのテイストをふんだんにちりばめた、ミュージカル風のナンバー。編曲者のジャズ・ピアニスト、クリヤ・マコトを中心とした鉄壁のバッキングに、土岐麻子のキュートなヴォーカルが映える。小粋なメロディにぴったりハマった土岐のリリックにも注目。
05青空のかけら
斉藤由貴が86年にオリコン第1位を獲得したナンバーをファンキーにカヴァー。ラテン・フレイヴァのパーカッションとハンドクラップが、絶妙なスパイスになっている。土岐麻子の涼しげなヴォーカルの魅力が発揮された、秀逸のカヴァーだ。
06TALK SHOW
作・編曲・演奏をポストロック・バンドのtoeが担当した、アンビエント・テイストのミッド・ナンバー。ツイン・ギターを柱にしたサウンドは、水の中を泳ぐような独特の浮遊感を醸している。英語と日本語の音感や押韻を多用した土岐のリリック・センスが光る。
07眠れる森のただの女
エレクトリック・ピアノの優しい響きで始まるミッド・チューン。ゆったりしたリズムに乗せて目まぐるしく展開するメロディは、さながら深い森のよう。フリューゲル・ホーンのマットな音色と土岐麻子の透明な歌声が柔らかく溶け合い、甘いまどろみに導く。
08サーファー・ガール
荒れ狂う都会の海をくぐり抜けて、行け、サーファー・ガール。日々を戦う女の子たちへそっとエールを送る、フリー・ソウル・フレイヴァのミッド・ポップ・チューン。さざなみのように寄せては返すペダル・スティールの音色が切ない。
09WALK ON
ざっくりとしたアコースティック・ギターと微風のようなコーラス・ワークが爽やかな、ソフト・ロック・チューン。甘めのサウンドをブルース・ハープとパーカッションでピリリと引き締めている。英詞はグディングス・リナ、作曲は元Cymbalsの矢野博康。
10風とうわさ
オルゴールを模したアウト・チューン・ピアノと黄昏のようなギターが美しいララバイ。スロー・ワルツを歌う土岐麻子のヴォーカルは、泣きたくなるほどに優しい。作詞は元SUPERCARのいしわたり淳治、作曲はHALCALIなどを手掛ける田中ユウスケ。
11カモンナ・マイ・ハウス
江利チエミの代表曲「家へおいでよ」を土岐麻子ならではの解釈でカヴァー。チエミ版のモダン・ジャズと昭和歌謡の持ち味を活かしながら、ルンバ調のアレンジを取り入れたスウィンギーなグルーヴは、まさに粋のひと言だ。
アーティスト
  • 土岐麻子
    1976年生まれ、東京都出身のシンガー・ソングライター。ジャズ・サックス奏者の土岐英史を父に持つ。97年にCymbalsのヴォーカリストとしてデビュー。解散後、2004年にソロ活動を開始。2005年の初のオリジナル・アルバム『Debut』で……
  • 同時発売作品
    土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLE
    LDCD-50038   2,300円+税   2007/11/21 発売
    土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLEをamazon.co.jpで購入する土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLEをTOWER RECORDS ONLINEで購入する土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLEをHMV.co.jpで購入する土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLEを楽天ブックスで購入する土岐麻子 / TOKI ASAKO REMIXIES〜WEEKENDSHUFFLEをTSUTAYAで購入する
    70〜80年代のポップスを取り上げたカヴァー作品『WEEKENDSHUFFLE』のリミックス・アルバム。「夢で逢えたら」「土曜日の恋人」といった名曲が2000年代クラブ・ミュージックの先鋭たちによって……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015