チャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.

はてなブックマークに追加
チャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.
CD
  • 原題:
    TCHAIKOVSKY: SYMPHONY NO.5|PROKOFIEV: ROMEO AND JULIET
  • ジャンル:
    クラシック 〜 交響曲
  • レーベル:
    Altus
  • 規格品番:
    ALT-192
  • 価格:
    オープン価格
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    チャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.をAmazon.co.jpで購入するチャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.を@TOWER.JPで購入するチャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.をHMV.co.jpで購入するチャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.を楽天ブックスで購入するチャイコフスキー:交響曲第5番 / プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」第2組曲より ムラヴィンスキー / レニングラード・フィルハーモニーso.をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
82年11月6日、レニングラードでのライヴ。チャイコの5番では、60年のDG盤と双璧をなす音源に違いない。強靱な意志力を感じさせる表現は、ムラヴィンスキーの指揮以外の何ものでもない。録音はやや硬質だが、寒風吹きすさぶ中で揺るぎなく立ち続ける巨木のような風情だ。
ガイドコメント
『リハーサル&コンサート第2集』からの分売。1960年の独グラモフォン盤に匹敵するチャイコフスキーと、この曲の最右翼に位置する演奏といわれているプロコフィエフだ。新マスタリングによって高音質化した。
チャート
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    5位 (2010/6/28)  ⇒  6位 (7/5)  ⇒  19位 (7/12)  ⇒  16位 (2014/4/28)
収録曲
チャイコフスキー:
01交響曲第5番ホ短調op.64
プロコフィエフ:
02「ロメオとジュリエット」組曲第2番op.64
仕様
オープン価格
演奏
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
録音
82.11
アーティストおよび作曲家
  • エフゲニー・ムラヴィンスキー
    1903年6月4日、サンクト・ペテルスブルク生まれの指揮者。1988年1月19日レニングラードにて没。ペテルスブルクの音楽院で学び、1937年、ショスタコーヴィチの交響曲第5番の初演の指揮を任される。1938年、第1回全ソ連指揮者コンクール……
  • セルゲイ・プロコフィエフ
    1891年生まれ。1953年没。20世紀のロシア/ソヴィエト連邦を代表する作曲家の一人。ピアニストとしても活躍している。幼少の頃から作曲をし、ペテルブルク音楽院でリャードフらに師事。ロシア革命で米国に亡命したが、のちに帰国。作風は独特のモダ……
  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    1840年生まれ。1893年没。ロシア出身。官吏となったあと、ペテルブルク音楽院の第1期生となる。ヨーロッパ各地に滞在し、フォン・メック夫人の援助を受け作曲に専念。指揮活動も行ない米国にも渡る。作風は西欧の伝統を受け継いだ折衷派と呼ばれるも……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015