Salyu / TERMINAL [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Salyu / TERMINAL [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TERMINAL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86213
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Salyu / TERMINAL [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するSalyu / TERMINAL [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入するSalyu / TERMINAL [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するSalyu / TERMINAL [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するSalyu / TERMINAL [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
存在感あるヴォーカル。それは高圧的に聴き手を押さえつけるのではなく、自然と寄り添い温かさで包み込んでくれる希有なもの。「Tower」をはじめ半数近くの作詞を手掛けた一青窈とのコラボや自身初作詞となる「I BELIEVE」などの、深みを増した完成度の高いセカンド・アルバム。
ガイドコメント
Salyuの2ndアルバム。シングル「風に乗る船」「Tower」「name」「プラットホーム」に加え、「to U」の自身によるヴァージョンなどを収録。彼女の深くおだやかな歌声が、多くのリスナーを魅了しそうだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  6位 (1/22)  ⇒  22位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  7位 (1/22)  ⇒  17位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  5位 (1/22)  ⇒  10位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  6位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  5位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2007/1/15)  ⇒  5位 (1/22)  ⇒  9位 (1/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/1/15)  ⇒  3位 (1/22)  ⇒  7位 (1/29)
収録曲
01トビラ
爽快で開放感のあるSalyuのヴォーカルが、キャッチーに突き抜けていく。膨らみのある高音が誘うポジティヴ・ワールド! まさにタイトルどおり、未来のトビラを開いて進んで行こうとする彼女の強い意志を感じることができるナンバーだ。
02風に乗る船
プロデューサーでもある小林武史が紡ぐメロディが、爽やかに吹き抜ける風のように心地よい。Salyuのポップな面をフィーチャーした5thシングル。優しさだけではなく力強さを持ったヴォーカルが、楽曲のイメージをリアルに伝えている。
03
怒りやもどかしさを抑えつつ、平静を装ったヴォーカル・ディレクションが、逆に奥行きを感じさせるミディアム・チューン。とはいえ、時として感情が爆発する。想いを解き放つようにシャウトする部分も見せ、それがより強い印象を残している。
04プラットホーム〜Merry Go Round〜
05故に
シングル「Tower」でもコラボした一青窈の作詞による、マイナー調のせつない彩りを持ったナンバー。和のテイストを含んだメロディとサウンド・メイクが斬新。Aメロからタメのあるヴォーカルが迫ってきて、何とも言えない緊張感を与えている。
06Tower
6/8拍子の力強いリズムと感情が高ぶるサビが印象的なミディアム・ナンバー。作詞を担当した一青窈による“ね、もっと 好きなことしていいのよ”という詞が、ポジティヴなオーラを発したSalyuのヴォーカルによって、空高く響きわたっていく。
07Apple Pie
一青窈が綴る、たとえば自身の曲「sunny side up」のような、女の子チックな歌詞も、Salyuが歌うとそれほど軽くもならずにいい具合だ。オシャレなサウンドに包まれる、色彩感豊かなポップ・チューンに仕上がっている。
08I BELIEVE
Salyuが初めての作詞を手掛けたミディアム・チューン。今の気持ちをそのまま託した、きわめてリアルで等身大の言葉の数々。彼女の願いの強さとシンクロするかのように、次第に熱を帯びていくヴォーカルやアレンジもドラマティック。
09夜の海 遠い出会いに
アンビヴァレントなドラム・セッションと叙情的な歌詞が、中性的なヴォーカルと相まって、不思議な夢をみせてくれるような1曲。ハイトーンなSalyuの声が七色に変化するさまは、息を飲むような緊張感にあふれている。
10name
“名前”をモチーフにした詞を一青窈が、曲を小林武史が、それぞれ手掛けた作品。Salyuの強烈な個性があふれていて、ドラムが導くプリミティヴな空気感と心の中から宇宙の果てまで飛んでいってしまうようなスケール感が魅力だ。
11be there
Salyuのヴォーカルが圧倒的な存在感を発揮。サウンドに寄り添いながら、一青窈のラヴリーな詞と小林武史の重たいメロディをマッチングさせたサビは、もう鳥肌もの。アレンジはアダルトで落ち着いているが、後半の疾走感のある展開もいい。
12heartquake
淡々と暗い雰囲気をたたえた導入部から、サビでは激しくたたみかける。心の揺れを繊細に表現するヴォーカルは圧巻。一青窈の書いた詞を活かすドラマ性のあるアレンジで、じわりと聴き手の心に入り込んでくるナンバーだ。
13to U (Salyu ver.)
Bank Band with Salyuとしてリリースされたナンバーが、シンプルなアレンジで生まれ変わった。Salyuのヴォーカルにピアノとチェロといった構成。スケール感のある声で全編を包み込み、メッセージを真摯に伝えようとする想いの強さを感じる。
仕様
デジパック仕様
タイアップ
  • 「プラットホーム」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「夜の海 遠い出会いに」 - 東宝「BANDAGE バンデイジ」劇中挿入歌
封入特典
  • オリジナル・ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • Salyu
    1980年10月13日生まれ、神奈川県横浜市出身の日本の女性歌手。名前はフランス語の“乾杯”を意味する“Salut”に由来。2000年4月、Lily Chou-Chouとしてシングル2枚、アルバム1枚を発表。映画『リリィ・シュシュのすべて』……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015