w-inds. / THANKS [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
w-inds. / THANKS [限定][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THANKS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    フライト・マスター
  • 規格品番:
    PCCA-02252
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    w-inds. / THANKS [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するw-inds. / THANKS [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するw-inds. / THANKS [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するw-inds. / THANKS [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するw-inds. / THANKS [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
5作目のジャケットは黒バックに浮かぶ三人の肖像。金文字でタイトルが入り、一瞬「解散ラスト・アルバムか?」と勘ぐってしまいそうな趣。スペーシーなイントロの(1)、気合の入った(2)など全体に表現力がぐんと増した。(7)と(8)はシングル曲をアコースティックにリアレンジ。
ガイドコメント
w-inds.の5thアルバム。16thシングル「十六夜の月」、17thシングル「約束のカケラ」、18thシングル「IT'S IN THE STARS」という3曲のヒットを含むファン待望の1枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    18位 (2006/3/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2006/3/13)
収録曲
011or8
激しいイントロで、若い女性ファンの心をつかむ展開。メンバーの歌は、アイドルだと思ってナメていると痛い目に遭うほど、レヴェルの高いヴォーカルを披露する。インパクトのあるフレーズをこれでもかと押しまくる曲だ。
02Hush...!
重低音を活かしたグルーヴ感がアイドルの楽曲にふさわしくないほど、ロックンロールを感じさせる。さまざまな音楽的な要素が入り混じった曲に象徴されるように、w-inds.というプロジェクトには多くの才能が集結している。
03Still on the street
メロディだけを抜き出せば確かに聴きやすい歌謡曲なのだが、サウンドがあまりにも進化しているので、本当にアイドルの曲なのか、と耳を疑ってしまう。以前に比べて、明らかに進化した21世紀のアイドル像がここに見える。
04Midnight Venus
彼らの元々持ちあわせているさわやかさと先進的なエレクトロニクスが、見事に融合して出来上がった曲。近未来的な雰囲気も漂わせつつ、多くのリスナーに届く普遍性をも持ちあわせている佳曲だ。
05IT'S IN THE STARS
「ブルボンガム」のCM曲。横ノリのダンス・ビートへ載せ、甘い巡り合いを求めていく気持ちを描写。ゴスペル風のコーラス・ワークも魅力になっているこの歌を通し、80年代ファンク・ビートをエレクトロに表現。
06LIGHT
80年代の小室哲哉が実践していた楽曲を、再び現在によみがえらせた雰囲気を持つナンバー。どうやらこのあたりもぐるりと一回転したのか、21世紀の今、若いリスナーにとってはかえって新鮮に感じられる要素を含んでいるよう。
07十六夜の月 (unplugged)
ほぼノリノリな勢いで押してきたアルバム『THANKS』の中にあって、ガラリと雰囲気を変えた、アコースティックな感覚を前面に押し出した楽曲。しっとりと聴かせるヴォーカルの表現力は驚くほどすばらしい。
08約束のカケラ (acoustic)
アルバム『THANKS』の中では特異な、アコースティック・ギターを主体にしたヴァージョン。とはいっても、彼らが醸し出すさわやかな雰囲気はよりいっそう強調されており、若い女性の心を捉える魅力に満ちあふれている。
09影法師
ゆったりと落ち着いたバラードでこそ、歌の表現力が問われてくるのだが、彼らはその点では合格どころか、むしろ大きな武器にすらなっていることを認識できるナンバー。バックストリート・ボーイズあたりと肩を並べそうな実力すらうかがえる。
10Balance
夏の太陽の下で海に出かけていくような、どこまでもさわやかな雰囲気の楽曲を表現するのに、現在の彼らほど適役はほかに存在するだろうか。ちょっと切ない雰囲気も巧みに入れているところが憎いほどだ。
11Stomp
ちょっと不良な雰囲気を醸し出す、ロックンロールとヒップホップの融合。Dragon Ashのような雰囲気のある楽曲も、こうして見事に消化してしまう彼らの実力は底知れない。単なるアイドルでは絶対にできない高いスキルが垣間見える。
12Sup wassup!!
パンク・ロックのような雰囲気すら漂っているナンバー。それでもところどころに人懐っこいメロディが顔を出してくるので、少しホッとして聴けるはず。七変化としかいいようのない変わり身の早さに脱帽だ。
13蝉時雨
アルバム『THANKS』のラストを飾る、R&Bのリズムをベースにした、センチメンタルな楽曲。ひと夏の恋の終わりを告げるような歌詞もなかなか感傷的で胸が締め付けられるが、端整な歌声もまたその誠実さを裏付けている。
タイアップ
  • 「IT'S IN THE STARS」 - 日本テレビ「落下女」エンディングテーマ
封入特典
  • ポスター
アーティスト
  • w-inds.
    日本のダンス・ヴォーカル・ユニット。橘慶太、千葉涼平、緒方龍一の3名で結成し、名前は北(千葉と緒方が出身の北海道)と南(橘が出身の福岡)の風(wind)が一つになって世界中に届くことを願って命名。2001年にシングル「Forever Mem……
  • 同時発売作品
    w-inds. / THANKS
    PCCA-02253   3,300円(税込)   2006/03/15 発売
    w-inds. / THANKSをamazon.co.jpで購入するw-inds. / THANKSをTOWER RECORDS ONLINEで購入するw-inds. / THANKSをHMV.co.jpで購入するw-inds. / THANKSを楽天ブックスで購入するw-inds. / THANKSをTSUTAYAで購入する
    w-inds.の5thアルバム。16thシングル「十六夜の月」、17thシングル「約束のカケラ」、18thシングル「IT'S IN THE STARS」という3曲のヒットを含むファン待望の1枚。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015